11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    「揚水発電」をカウントすれば原発なしでも夏の電力間に合う 

    「揚水発電」をカウントすれば原発なしでも夏の電力間に合う

    2011年04月18日07時00分
    提供:NEWSポストセブン

    菅直人・首相は震災発生から1か月と1日後の記者会見(4月12日)で、こう力を込めた。

    「原子力事故が起きて以来、政府の責任者である私が知ったことで、都合が悪いから隠すようにといったことは一切ありません」――震災以降、批判を恐れて滅多に会見しようとしなかった「国を操る人」の言葉は、真っ赤な嘘だった。

    本誌『週刊ポスト』はそのことを示す1枚の極秘資料を入手した。しかし、それが示す事実は国民には公開されていない。

    資料には、『東京電力の設備出力及び地震による復旧・定期検査等からの立ち上がりの動向』と表題が記されている。東京電力のすべての原子力、火力発電所や水力発電の出力、被災状況、7月末までにどの発電所の何号機が復旧するかの見通しが一覧表にまとめられたものだ。資源エネルギー庁が官邸や政務三役、与党幹部などへの電力制限の説明資料として作成したもので、右肩に「厳秘」と入っている。

    資料からは、大地震前後の東電の発電能力の変化が一目でわかる。震災前には5200万kWの供給力があったが、地震と津波で原発3か所をはじめ、7か所の火力発電所が全基停止し、3月14日時点では供給力は3100万kWに下がった。首都圏で計画停電が実施され、電車の大幅減便で通勤難民があふれたあの時である。

    電力需要がピークを迎える7月末に向けて、定期点検のために休止していた東扇島や姉崎などの火力発電所はすでに運転を再開し、震災の被害により停止していた鹿島や常陸那珂の火力発電所も復旧して立ち上がる見通しだが、それでも供給力は4650万kWにとどまると記されている。

    記録的猛暑だった昨年の電力消費量のピークは7月23日の5999万kW。東電の需給見通しによると、今年のピーク時電力はそれより低い「5500万kW程度」と予測されるものの、供給力が850万kWも不足する計算になる。政府や東電が「このままでは真夏の大停電が起こる」と喧伝するのは、この数字を根拠にしている。

    ところが、資料を詳細に分析すると、7月の供給力には盛り込まれていない“隠された電力”がある。「揚水発電」の出力が計算されていないのだ。

    「揚水発電」は、夜間の余剰電力を利用して下貯水池から上貯水池にポンプで水を汲み上げ、日中の電力消費の多い時間帯に水力発電をする仕組み。発電時間は上貯水池の水が空になるまでの数時間だが、首都圏の夏の最大電力は午後2時を中心とした5~6時間である。揚水発電の役割は、まさにピーク時の電力を補うための非常用電源といえる。今のような停電危機にこそ有効に活用すべき設備なのである。

    東電は日航機墜落事故現場で知られる御巣鷹山の地下500mをくり抜いた世界最大の揚水発電「神流川発電所」(現在は1号機47万kWが完成)をはじめ、多くの大型揚水発電所を持ち、資料によると出力は全部で1050万kWに上る。東電は「揚水発電を発電量に織り込めるかどうかは精査中です」(広報部)というが、エネ庁がこの揚水発電を使わないことにしているのは不可解すぎる。

    ちなみに、通常、揚水発電は原発の夜間電力を使って水を汲み上げていると説明されているため、原発の多くが停止してしまえば使えないと誤解されている面があるが、それは違う。電気事業連合会も「原発でなくても、夜間の余剰電力があれば揚水は稼働できます」(広報部)と認めている。

    そこで、東電の7月末の4650万kWに加え、揚水発電の1050万kWをフル稼働させると計算すると、7月末に使える東電の供給力は5700万kWになる。これならばピーク需要を賄うことが可能なのだ。

    他にも、7月末までの稼働予定に入っていない鹿島共同火力発電所1号機(17.5万kW)、常磐共同火力発電所9号機(30万kW)などの復旧が進んでおり、供給力がもっと増える可能性も出てきている。

    また、長期停止中の横須賀火力発電所も、8基中4基は稼働させる予定だが、残りの4基も早期に再開できるという指摘がある。

    5500万kWというピーク時電力も毎日続くわけではない。1年のうち数日であり、東電の夏場の平日の平均最大電力は4800万kW(需給見通し)とされている。揚水発電を合わせた供給力なら900万kWも余裕がある。
    資源エネルギー庁電気・ガス事業部の電力基盤整備課の担当者は、資料の存在を認めたうえで、「このデータは開示しているものではない。どこで入手したのか」と逆質問してきた。

    ――揚水発電を供給すれば、ピーク時の需要もまかなえるのではないか。

    「使用を考えていないわけではない。が、揚水の出力1050万kWというのは最大値で、貯水池の水量の変化などによって、ピーク時に最大出力が使えるかは状況によって変わる。電力が足りない日が1日もあってはいけないと対応しているので、確実な電力だけしか供給力に計算していない」

    官僚答弁の典型だ。だが、資料にはさらに目を疑う数字もある。東電の総供給能力は7800万kW。そのうち原子力は1820万kWだ。つまり、原発をすべて停止しても最大5980万kWの供給力があることになる。
    現在、東電の原発は柏崎刈羽の1号機と5~7号機が稼働(出力は4基で491.2万kW)しているが、停止中の火力が復旧すれば、柏崎刈羽の全炉を停止しても、「停電」はしないですむことを示すデータだ。

    ※週刊ポスト2011年4月29日号

    原発 放射能 水道 食品汚染

    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    水道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    埼玉県営水道における放射性物質検出結果について 記録 

    リンクでは流れてしまうので、埼玉の水道水の汚染を記録します。

    埼玉県営水道における放射性物質検出結果について
    印刷用ページを表示する 掲載日:2011年4月4日更新
    埼玉県営水道の検査結果については下記のとおりです。 この数値は、国の指標を下回っていますので、現時点では健康への心配はありません。

    今後も検査結果は確定後速やかに掲載していきます。

    また、水道水についての一般的な説明については生活衛生課水道担当のページをご覧ください。

    埼玉県の水道水の安全性について(生活衛生課水道担当)

    原発事故に伴う健康相談については、保健所等で行っております。

    原発事故に伴う健康相談について (保健医療政策課)
    最新の測定結果(4月3日採水):測定単位Bq(ベクレル)/kg(キログラム)

    ※国の指標 放射性ヨウ素 飲料水:300Bq/kg(乳児の飲料水は100Bq/kg)

    放射性セシウム 飲料水:200Bq/kg

    放射性ヨウ素

    放射性セシウム

    ヨウ素131

    セシウム134

    セシウム137

    大久保浄水場

    4.8

    0.58

    0.51

    庄和浄水場

    4.1

    不検出

    不検出

    行田浄水場

    3.0

    不検出

    0.84

    新三郷浄水場

    3.8

    不検出

    不検出

    吉見浄水場

    3.5

    不検出

    0.78

    これまでの検査結果は下記のリンクを参照してください。

    1.大久保浄水場

    2.庄和浄水場

    3.行田浄水場

    4.新三郷浄水場

    5.吉見浄水場

    1.大久保浄水場の水道水(さいたま市)の測定結果:測定単位Bq(ベクレル)/kg(キログラム)

    ※国の指標 放射性ヨウ素 飲料水:300Bq/kg(乳児の飲料水は100Bq/kg)

    放射性セシウム 飲料水:200Bq/kg

    採水日 放射性ヨウ素 放射性セシウム
    ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
    3月18日
    0.62

    不検出 不検出
    3月19日
    0.93

    不検出 不検出
    3月20日
    2.0

    不検出 不検出
    3月21日
    3.4

    不検出 不検出
    3月22日
    9.2

    不検出 不検出
    3月23日
    12

    0.17

    0.15

    3月24日 18 0.39
    0.43

    3月25日 24 0.55 0.45
    3月26日 37 0.41 0.38
    3月27日

    36 0.56 0.47
    3月28日

    33 0.39 0.40
    3月29日

    5.3

    0.15

    0.20

    3月30日

    4.3

    0.28

    0.18

    3月31日 3.7 0.43 0.33
    4月1日 3.9 0.24 0.17
    4月2日 4.9 0.24 0.25
    2.庄和浄水場の水道水(越谷市)の測定結果:測定単位Bq(ベクレル)/kg(キログラム)

    採水日 放射性ヨウ素 放射性セシウム
    ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
    3月23日 35 0.30 0.29
    3月24日 53 不検出 0.38
    3月25日 33 不検出 不検出
    3月26日 14 不検出 0.33
    3月27日 8.0 不検出 不検出
    3月28日 5.1 不検出 不検出
    3月29日
    3.7

    不検出 不検出
    3月30日

    3.1

    不検出

    不検出

    3月31日 2.9
    不検出

    不検出

    4月1日 2.4 1.3 1.5
    4月2日 7.4
    不検出

    不検出

    3.行田浄水場の水道水(伊奈町)の測定結果:測定単位Bq(ベクレル)/kg(キログラム)

    採水日 放射性ヨウ素 放射性セシウム
    ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
    3月23日 23 不検出 不検出
    3月24日 39 不検出 不検出
    3月25日

    33 不検出 不検出
    3月26日 21 不検出 不検出
    3月27日 11 不検出 不検出
    3月28日 5.9 不検出 不検出
    3月29日
    4.2

    不検出 不検出
    3月30日

    2.9

    不検出

    不検出

    3月31日 2.5
    不検出

    不検出

    4月1日 2.6
    不検出

    不検出

    4月2日 3.7 不検出 不検出
    4.新三郷浄水場の水道水(三郷市)の測定結果:測定単位Bq(ベクレル)/kg(キログラム)

    採水日 放射性ヨウ素 放射性セシウム
    ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
    3月24日 72 不検出 不検出
    3月25日

    40 不検出 不検出
    3月26日 44
    不検出

    不検出
    3月27日 24 不検出 不検出
    3月28日 10 0.85 1.4
    3月29日
    5.8

    1.1

    0.92

    3月30日

    4.5

    0.80

    0.80

    3月31日 3.6 0.66 0.74
    4月1日 3.1 不検出 0.64
    4月2日 2.5 不検出 不検出
    5.吉見浄水場の水道水(吉見町)の測定結果:測定単位Bq(ベクレル)/kg(キログラム)

    採水日 放射性ヨウ素 放射性セシウム
    ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
    3月24日 48 不検出 不検出
    3月25日

    21 不検出 不検出
    3月26日 不検出 不検出 不検出
    3月27日 不検出 不検出 不検出
    3月28日 5.1 不検出 不検出
    3月29日
    3.9

    不検出 不検出
    3月30日

    3.8

    不検出

    不検出

    3月31日

    3.1
    不検出

    不検出

    4月1日 3.4 不検出 不検出
    4月2日 3.2 不検出 0.82
     ※原発事故以前は上記の放射性物質は検出されていませんでした。

    なお、県営水道の全ての浄水場で、粉末活性炭による処理を3月23日から実施しています。


    このページに関するお問い合わせ先
    企業局 水道管理課
    水質担当
    Tel:048-830-7094

    企業局 水道管理課 代表 Tel:048-830-7077 Fax:048-834-5071

    原発 放射能 水道

    テーマ: 社会問題

    ジャンル: ニュース

    水道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    都内の水道水中の放射能調査結果 記録 

    リンクでは流れてしまうので、東京の水道水の汚染を記録します。



    TOP > 都内の環境放射線測定結果 > 都内の水道水中の放射能調査結果

    ◆ 都内の水道水中の放射能調査結果
    Radioactive material level in tap water in Tokyo / day

     当センターの計測は、敷地内の水道直結管の蛇口から採取した水道水を分析しています。
     東京都水道局の浄水場の測定結果は、東京都の公式ホームページで随時発表しています。
    採水及び測定場所:東京都健康安全研究センター(東京都新宿区百人町)
    採水日
    Sampling date ヨウ素131 (131I)Bq/kg セシウム134(134Cs) Bq/kg セシウム137(137Cs)Bq/kg
    2011/04/03 2.93 0.21 0.28
    2011/04/02 1.96 不検出 (ND) 0.45
    2011/04/01 2.06 不検出 (ND) 0.45
    2011/03/31 3.39 0.35 0.52
    2011/03/30 5.09 0.25 0.63
    2011/03/29 5.63 不検出 (ND) 0.51
    2011/03/28 9.82 0.25 0.56
    2011/03/27 19.7 0.47 0.72
    2011/03/26 37.2 0.78 1.01
    2011/03/25 31.8 0.92 1.22
    2011/03/24 25.6 1.01 1.43
    2011/03/23 25.8 0.62 0.87
    2011/03/22 18.7 0.34 0.31
    2011/03/21 5.25 0.23 0.22
    2011/03/20 2.93 不検出 (ND) 不検出 (ND)
    2011/03/19 2.85 0.15 0.21
    2011/03/18 1.47 不検出 (ND) 不検出 (ND)
    (参考)原子力安全委員会が定めた飲食物摂取制限に関する指標* 300 200
    ○ 水道の蛇口から毎日採取し、ゲルマニウム半導体核種分析装置を用いて分析しています。
    ○ 降雨の場合は、数値が上がることがあります。
    ○ 原子力安全委員会が「原子力施設等の防災対策について」※で、飲食物の摂取制限に関する指標(飲料水)を示しています。指標は、放射性ヨウ素-131(131I)が300Bq/kg以上、放射性セシウム(Cs)が200Bq/kg以上です。

     *  出典:原子力施設等の防災対策について、原子力安全委員会
       (昭和55年6月、平成22年最終改訂)
        http://www.nsc.go.jp/shinsashishin/pdf/history/59-15.pdf (2.5MB)

    A monitoring place : Tokyo Metropolitan Institute of Public Health, Hyakunincho, Shinjuku-ku, Tokyo
    Collected from the tap water supplied by the Tokyo Water Works every day, and analyzed using germanium semiconductor detector(Ge Detector).

    * Nuclear Safety Commission has indicated drinking water standards for radioactive iodine (I-131) and cesium(Cs).

    The maximum contaminant limits in tap water:
    radioactive iodine (I-131): 300Bq/L (300,000mBq/kg)
    radioactive cesium(Cs): 200Bq/L (200,000mBq/kg)

    Source: "Guide: Emergency Preparedness for Nuclear Facilities", Nuclear Safety Commission, June, 1980- final revised in 2010

    東京都健康安全研究センター
    郵便番号169-0073 東京都新宿区百人町3丁目24番1号
    電話:03-3363-3231(代) Fax:03-3368-4060
    E-mail : www@tokyo-eiken.go.jp

    原発 放射能 水道

    テーマ: 社会問題

    ジャンル: ニュース

    水道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    水道水中の放射性物質 国際基準の根拠 

    私の書いた3月27日水道水の記事の根拠を公開します。

    それはWHOより3月24日に貰ったこのメールです。

    以下原文抜粋*********************************************

    お問い合わせありがとうございました。

    WHOの飲料水のガイドライン値(1リッター当たり10ベクレル)は、人が一生その水を飲み続けるという仮定でかなり控えめに設定されています。今回のような緊急事態において適用される数値ではありません。緊急事態においては既定国際ガイダンスとしてIAEAのBasic Safety Standards for Emergencyに従うことになります。IAEAのOperation intervention Levels (OILs)によると緊急時においての飲料水に含まれるヨウ素の基準値は1リットル当たり3,000ベクレルとなっています。

    これとは別に、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告(Recommendations)を基に、日本の食物摂取パターンを考慮した上で日本政府(原子力安全委員会)が緊急時用に設定した暫定基準値が1リットル当たり300ベクレルです。上掲のIAEAの基準値と比べるとその10分の1となっており、かなり厳格な値と言えます。従って、もし代替の水がない場合にその水を飲むことを禁止する必要はないということになります。

    WHO
    ***************************************************

    ここでわかるのは、一生飲んでもいい本当の基準は10ベクレル/キログラムであり、300ベクレル/キログラムではないこと。

    IAEAの定めた、緊急時の措置としては3000ベクレル/キログラムが適用されて構わないので、日本が採用した基準である300ベクレル/キログラムという数字は厳しすぎるということをICRPが発言して、それが日本でも報道されたことはある意味正しいのです。

    しかしその3000ベクレル/キログラムが「緊急時の措置」であり、何年も飲み続けていいという数字ではないことが報道されていません。

    ここが非常に危ないところです。

    総被爆量というのは、量と時間を「かけ算」しなければならないことを忘れないで下さい。

    今のような緩やかな被爆では、「ただちに」健康を害することはありません。

    みんな平気で歩いています。

    しかし、このまま何ヶ月も放射能が垂れ流しになり、どんどん何の防御もなく、皮膚から、呼吸した空気を通して肺から、飲んだ水から、食べた野菜などから放射能が少しずつ蓄積されたらどうでしょうか。

    ヨウ素131の半減期は8日だから大丈夫。。

    そんなことはありません。

    毎日新しいヨウ素131を吸い込み、飲んでいます。たった今も。

    そうすれば自ずとわかるはずです。

    蓄積されていけば、被爆の量も増えることが。

    原発 放射能 水道

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    水道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    神奈川県 水道水中放射性物質 

    神奈川県の水道水中放射性物質です。
    不検出が続いていましたが、ついに高濃度のヨウ素131が検出されました。

    WHOの定める飲料水中に含まれる放射性物質の基準値である10ベクレル/キログラムを大幅に越えています。
    子供は勿論、大人も飲んではいけません。

    政府(原子力保安院)の定めた「暫定」基準値300ベクレル/キログラムは長年健康を保てる数字ではありません。
    確かに緊急事態においては既定国際ガイダンスとして、IAEAのBasic Safety Standards for Emergencyに従うことになりますし、IAEAのOperation intervention Levels (OILs)によると、緊急時においての飲料水に含まれるヨウ素131の基準値は3,000ベクレル/キログラムです。

    しかし、この緊急事態の定義が違います。何ヶ月も放射線が漏れ続けることを想定せず、脱水症状で今死ぬのか、汚染された水を飲んで数年後に死ぬのかという究極の判断を迫られたときの数字です。

    だからこそ日本政府(原子力保安院)はすぐに事態が好転しないことを知っていて300ベクレル/キログラムにしたのでしょうが、それを許してはいけません。

    「ただちに健康に影響がない」というのは当たり前で、このレベルの放射能の健康被害は数年から数十年後に現れます。
    ガンという病として。

    「ただちに」という言葉に騙されてはいけません。
    原発を、東電をつぶされては困る人たちが今のマスコミを牛耳っています。

    神奈川県 水道水中放射性物質

    原発 放射能 水道
    水道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。