04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    農水省の通達は小売業者の心の闇を  

    5月14日、15日、19日にあった、生鮮食品の「国産」表示は何だったのでしょうか。

    5月20日にスーパーを回った時にはその表示は無くなっていました。かなり小さくですが、県名の原産地が表示されていたと報告を受けました。

    昨夜はとんでもない事態が起こってしまったと、本当に思いました。

    全てのスーパーで、産地表示がされず、国産と言われてしまっては、もう子供を守ることはできないと思いました。

    事実関係を調べなければと20日動きました。私は農林水産省総合食料局に電話をしました。

    「野菜等の販売時における産地名の掲示等について 、 御配慮をお願いいたします 」という文言は、産地をより詳しく、県名だけではなく町名まで書くことによって消費しやすくすることを意図したと聞かされました。

    福島原発事故以来、政府の発表にことごとく不信感を抱いていた私は、通達の行間を読み過ぎ、産地表示を控えるようにという通達だと思ってしまったのです。

    だから一部スーパーで「国産」表示が出てしまったのだと思ってしまい、ブログ記事を書いてしまいました。

    そして私の気持ちの根底には、今、東京の人が、あまりにも放射能に無関心であり、空気もちりも食べ物にも一切気をつけること無く、これまで同様に暮らし、放射性物質を体内に取り込み続けて大丈夫(^^)/ と言っていること、そして沢山の子供達がその中に含まれていることがたまらなく許せなかったのです。

    お騒がせしたことは、本当に申し訳ありませんでした。


    そして最後にブログを見て頂いた方々に申し上げたい。

    政府の定めた暫定放射線量基準は非常に高く、そのような食品を口にし続けると健康を害してしまいます。

    それだけはご承知の上で皆さん食べ物を選んで頂きたいと思います。

    福島の牛、豚、鳥を全国に満遍なくばらまいて、日本中が等しく被曝するように仕向けて成功させてしまったのは農水省です。これはご存知のように事実です。

    私には等しく全国に放射能をばらまく農水省の考え方が理解できません。許せません。

    我々が怒るべきなのは変わりません。

    放射能入り食品を無理矢理食べさせられる国家は世界中で日本しかありません。

    許されることではないのです。黙っていてはいけません。




    農水省/食品小売団体に野菜の産地表示の配慮を要請
    (商品 / 2011年04月07日)流通ニュース

    農林水産省は4月5日、原子力災害対策本部において、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う出荷制限・摂取制限の設定・解除の指示について市町村単位等県を分割した区域ごとに行うことが可能とされたことを受け、食品小売業関係団体に対し、野菜等の販売時における産地名の掲示等について配慮するよう要請した。

    要請文

    原発 放射能 水道 食品汚染
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    食品汚染  /  tb: 0  /  cm: 79  /  △top
    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。