11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    チェルノブイリ150km地区 25年後の今も体内被曝者出ている 

    チェルノブイリ150km地区 25年後の今も体内被曝者出ている
    2011年12月04日07時00分 NEWSポストセブン

    ベストセラー『がんばらない』の著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏は、チェルノブイリの子供たちへの医療支援などにも取り組んでいる。その鎌田氏が、チェルノブイリ原発事故25年後の現実について報告する。
    * * *
    11月上旬、チェルノブイリ原子力発電所から150キロ離れたベラルーシ共和国ゴメリ州ベトカ地区にある、地区病院の女性院長を日本に緊急招へいした。彼女の名は、ジミナ・ナジェージダさん(49歳=愛称「ナージャ先生」)。ジミナは冬、ナジェージダは希望という意味がある。

    ベトカ地区では、健康診断とホールボディカウンターによる体内被ばく量を測定し、体内被ばく者が出ると徹底的に食事の管理をしている。

    トマトやキュウリは流水で洗う。キャベツは外葉を取る。カブやニンジンは茎の根もとを切り取る。じゃがいもは洗って皮をむく。セシウムは水に溶けるので、ゆでたりピクルスのような酢漬けにして、食べ物のセシウムを外に出すような食事を、ナージャ先生は住民に指導している。

    さらに利尿作用のあるハーブ茶を飲ませたり、ペクチンが豊富なリンゴやクランベリー、スモモ、カシスなどを摂取するように呼びかけている。

    さらに、1日に1000件もの検査ができるように、食べ物の放射線測定器をいくつも置いて、自分の家の庭や畑でできた野菜も測れるようにしている。

    これだけの態勢を取っているのに、なぜ新しい体内被ばく者がでるのですか、と僕はたずねた。ナージャ先生は「野生のイノシシやシカのハンターたちが原因なのです」と答えた。

    ロシアでは、ハンターは許可制。正規のハンターは、獲ってきた肉もきちんと測定して食べているが、無許可でハンティングしている人が、測定せずに隠れて食べて被ばくするのだという。

    「私たちの国では、そういう人がいて困るけれど、日本人はルールを守るので、早くホールボディカウンターを各市町村に置いて測定し、食物の放射線量を測っていけば、日本ではもっといいコントロールができるはずです」とナージャ先生は言う。

    ※週刊ポスト2011年12月9日号

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1058-99c44e93
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。