11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    セシウム137の蓄積と排出 

    セシウム137の蓄積と排出
    August 30, 2011 放射線衛生研究 yocaki

    ICRP代謝モデル。バンダジェフスキー研究ではセシウム137は体液を過ぎたのち蓄積する親和臓器として「心臓、脾臓、腎臓、骨格筋」が挙げられており、全身における濃度の10~20倍になります。ホールボディカウンタで10Bq/kgと出たら、これらの器官での濃度は100~200Bq/kgになります。

    tumblr_lqrf5lqdE91qjw4qd.gif

    セシウム137の生物学的半減期(排出などにより放射性物質の効力が半分になる期間)は約110日です。ある時100ベクレルの137Csを摂取したとすれば110日後の体内量は50ベクレルに、220日後には25ベクレルに減っていきます。

    反対に、摂取し続ければ排出が進まないことになります。

    それと消化管吸収率は100%なので摂取すると体内にそのまま取り込まれることになります。

    どの程度のセシウムの体内量を許容できるか意見が分かれますが、バンダジェフスキー研究の心臓への影響を考慮するなら、10Bq/kg以上は心臓に悪影響があり、できるなら5Bq/kg以下に抑えたほうがいいことになります。

    http://yocaki.tumblr.com/page/3

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 社会問題

    ジャンル: ニュース

    食品汚染  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1195-a389f250
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。