11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    琉球セメントの瓦礫受け入れは極めて無責任 瓦礫焼却によって名護市を中心に沖縄本島が放射能汚染され、放射性コンクリートが出回ることに 

    瓦礫の焼却は大変に危険です。震災瓦礫は放射能に汚染されています。

    その危険性はこちらこちらの記事で既に説明しましたが、沖縄にまた新たな問題です。

    焼却をするだけでなく汚染セメントを作ってしまおうという民間企業が現れました。

    琉球セメントです。

    東北の瓦礫を受け入れ焼却し、焼却灰をセメント原料にすることを表明してしまいました。

    「郷土の資源で郷土をつくる」という経営理念を忘れてしまったようです。

    セメント原料を作る為に瓦礫を焼却し、その焼却灰を原料に使う危険性はこちらの記事で書きましたがもう一度おさらいしておきます。

    放射性物質には種類が沢山あり、今回の事故では31種類以上の放射性物質が大気中に放出されてしまったことがわかっており、その中で半減期の長い、ウラン、プルトニウム、ストロンチウム(いずれもアルファ線種)、セシウム(ベーター線種)などが特に危険です。

    問題は、今政府はセシウムにしか注目しておらず、しかもセシウムはベーター線種なので、ガンマ線のみを計測するガイガーカウンター、シンチレーションサーベイメータなどでは検出されないのです。勿論その他アルファ線種の放射性物質も計測されません。

    ここで瓦礫は放射線の数値は十分低く安全という根底が崩れます。

    本当に瓦礫の安全を確認するには、瓦礫を「超純度ゲルマニウム半導体レーザー測定器」にかけ、分析することが必要であり、百歩譲っても「ベクレル測定器」を使って全量検査をしなければ意味がありません。

    琉球セメントが瓦礫を受け入れ焼却して、放射能が含まれていた場合どうなるか。

    焼却段階でガス化または粒子として放射性物質が大気中にばらまかれます。バグフィルターは放射性物質を捕獲出来る性能を持っていません。名護市を中心に沖縄本島が放射能汚染されます。

    実際に既に山形が汚染されました。

    そして焼却灰にも放射性物質は残ります。それをセメント原料にしますので、当然セメントも汚染されます。

    そのセメントを彼らは普通に売り出し、建物などが汚染される。住民が被曝し続ける。こういうことです。

    そして琉球セメントが最悪なのが、瓦礫受け入れ焼却を決定した要因に「大手セメント会社の受け入れの流れ」という盲目的他社追従を挙げていること、受け入れ条件の中に放射能の有無に全く触れていないこと、つまり住民、県民の健康を考慮していないのです。

    瓦礫の放射能測定を琉球セメントとしてきっちり行うこと、政府の基準ではなく、限りなくゼロに近くなければ焼却しないという方針を打ち出し実行しなければ、琉球セメント、企業としてのコンプライアンスに抵触します。

    琉球セメントが自ら定めた【企業倫理】
    ◆社会の信頼が得られる有用で安全な製品を開発、提供する。
    ◆人類共通の課題である地球環境の保全へ自主的に取組む。


    もう忘れてしまったのでしょうか。

    琉球セメントは企業責任を守らねばなりません。




    震災がれき「地域同意が条件」 琉球セメント受け入れ意向
    2012年3月17日 琉球新報

    琉球セメント(浦添市、西村聰社長)は16日、東日本大震災で発生したがれきを工場がある名護市と地域住民の同意を条件に受け入れることを明らかにした。受け入れ量についてはセメントの需要などを見ながら決めたいとした。県内民間企業が受け入れの意向を表明するのは初めて。

     琉球新報の取材に伊仲剛常務が答えた。伊仲常務は「大手セメント3社ががれきを受け入れており、(受け入れの)流れがある。セメント協会からも要請があり、地域の同意があれば受け入れる」と語った。

     同社は受け入れの前提条件として、政府が屋部工場がある名護市安和の地域住民や名護市民の同意を取り付けることや、がれき処理に関わる設備整備について補助すること、廃棄物の塩分除去などを挙げた。受け入れが決まれば、設備整備など7~8カ月間の準備期間を経て、受け入れを開始するとした。

     16日、国民新党の下地幹郎幹事長や環境省職員らが同社を訪問し、西村社長に対し、宮城県と岩手県のがれきの受け入れを要請した。これに対し、西村社長は条件付きで受け入れることを明らかにした。

     同社は県内企業から産業廃棄物などを受け入れ、燃料やセメントの原材料として活用し、リサイクルしている。名護市の一般廃棄物の焼却灰、沖縄電力の石炭灰、木くずなど年間12万トンの廃棄物を受け入れている。


    琉球セメント株式会社
    代表     098-870-1080
    セメント販売 098-870-1072


    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1255-43b6a5aa
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。