11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    ガレキ受け入れが東北復興の為になるって思ってませんか? 

    ガレキ受け入れが東北復興の為になるって思ってませんか?
    内美まどか @madoka8madoka
    琉球弧・汚染を止める会

    garekis1.jpg
    garekis2.jpg
    garekis3.jpg
    garekis4.jpg
    garekis5.jpg
    garekis6.jpg
    garekis7.jpg
    garekis8.jpg
    garekis9.jpg
    garekis10.jpg
    garekis11.jpg

    高画質版

    http://deigoinsatu.toypark.in/gareki/garekis.pdf

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    がれきを焼却しただけでは復興にはならない

    わかりやすいまんがいいですね。
    防潮堤、防潮林、防風林のマウントにする案良いですね。
    絵もきれいでわかりやすいです。

    この絵に色を付けて、拡散したらどでうしょうか?

    それに、アイデアを募集してみてそれを絵にしたら良いですね。
    この防潮堤マウントやその中または海側に、風力発電、太陽光発電、潮力発電、波力発電・・等の設備を置く。
    汚染物質が出ないように厳重に管理して、確認できれば、中に、水耕栽培、LEDによる促成栽培。温室栽培。魚の養殖。などを設置できる。
    電力は、上記電力で賄える。

    がれきを焼却しただけで、復興の手伝いをしてると思ってる人が多いようですからね。
    がれきを焼却しただけで、復興にはならないです。
    がれきを焼却しただけで、復興の手伝いをしてると思ったら大間違いですからね。

    URL | NT #-

    2012/04/07 20:47 * 編集 *

    質問

    はじめまして。
    裏のお金の流れがあるなんて初めて知りました。分かりやすく面白かったです。

    一つ質問です。
    今回のがれき量が阪神大震災の時とほぼ同量とのことですが、被災県の焼却炉の処理能力では「ウン十年分」と報道で言われています。これが本当なら、(大部分燃やすとして)やはり被災県だけでの処理は現実的でないと思うのですがいかがでしょう?

    URL | kotane #SFo5/nok

    2012/04/08 01:18 * 編集 *

    kotaneさん

    阪神淡路大震災では、2000万トンで、仮焼却炉を34基作って、1780t/日処理しました。域外処理は不可燃物あわせて145トンだそうです。


    以下を見れば、1年で、90%以上が終わってますね。とにかく、決定、取り組み、行動が早い。
    場所的な条件は、311地震の現地と同じで、土地の広さから見れば、圧倒的に、311地震の現地の方が有利です。

    http://www.bousai.go.jp/jishin/chubou/toshibu_jishin/3/2.pdf
    ◆ガレキの処理状況
    兵庫県 1,430万トン 神戸市分804万トン
    ・1/17 阪神・淡路大震災発生
    ●1/18 震災ガレキ受け入れ開始
    ●1/28 個人住宅等のガレキ処理について政府方針の決定
    【市が解体,処理。国は費用の1/2を補助(解体費用含)。自衛隊の積極的協力】
    ●1/28 市の方針 記者発表
    【解体撤去を市の事業で行う。公共性、緊急性の高いものから実施。
    各区で1月29日から受付ける。解体撤去の標準単価を知らせる】
    ●1/29 各区で倒壊家屋等の解体申込み受付開始
    ●90%以上の解体を1年で処理
    ●最終処理も平成10年3月末で完了
    【円滑に処理できた理由】
    倒壊家屋等の解体処理について、災害廃棄物処理事業として進められたこと
    大きな自前の処分場を有し,広域処分場(フェニックス)を有していたこと
    大規模造成地を仮置き場として利用できたこと
    ガレキの運送に海上輸送を使えたこと
    コンクリート系廃棄物について海面埋立用材として再利用できたこと

    311地震でも、仙台市だけは政令指定都市ですから、仮焼却場を去年の内に作って、どんどん処理してますよ。
    http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/deac32cb879a8160a56a06f3fed02092

    URL | NT #-

    2012/04/10 02:03 * 編集 *

    ご回答ありがとうございます。
    ただ、神戸・兵庫で1780t/日という迅速な処理ができたのは焼却炉がもともと充実していた(or/& 震災後に焼却炉を作るお金があった)からじゃないかと思えます。
    もともと人口少なく 且つ 見るからに財政基盤が弱そうな東北沿岸で、今後同様の処理能力を持つことは可能なのでしょうか? それとも、仙台市の財力・処理能力だけで東北沿岸の大部分の処理を担えるということでしょうか?

    たびたび質問ですみません。

    URL | kotane #-

    2012/04/17 22:19 * 編集 *

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1267-e8e06f62
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。