11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    瓦礫は放射能で汚染されている 実測データー 環境省は放射能知見なしと公言 

    瓦礫の放射能汚染データーが環境省より公表されました。

    一つのサンプルで全てを語ることがまずもって危険ですが、それでもかなりの汚染がみられます。

    例えば陸前高田の繊維類 1480Bq/kg 、石巻(牡鹿半島)1140Bq/kg、岩沼 1330Bq/kg などです。

    しかし環境省は瓦礫全体に占める割合が低いとして、独自の計算方法で混ぜて薄めて、値は低いから大丈夫と安全を強調しています。

    陸前高田は104Bq/kg 、石巻(牡鹿半島)171Bq/kg、岩沼 240Bq/kg だそうです。

    机上の計算方法などいくらでも操作出来ます。

    更に環境省は「バグフィルターにより99.9%以上のセシウム137 が除去されることが確認されている」、「放射性物質が汚泥から検出されている焼却施設(汚泥処理施設)において、 排ガスの放射能濃度を測定したところ不検出という結果が得られている」などとまやかしの試験結果を論理の根拠に安全のアピールをしています。

    そして放射能が濃縮された焼却灰の埋め立て可能な放射性廃棄物の基準が8000Bq/kgです。

    埋めるとセシウム(水溶性)は土中に溶け出し、土壌を、地下水を、河川を、海を汚染します。

    焼却して煙突から拡散する放射性物質の中には、原子炉爆発によって環境に放出された、ストロンチウム、プルトニウム、ウラン(国は未公表)も当然含まれます。(図参照)http://www.meti.go.jp/press/2011/06/20110606008/20110606008-2.pdf
    20110606008-3.jpg

    しかし環境省はそれを「なかったこと」にしています。

    そもそも環境省は「放射能の知見はない」などと恐るべきことを口にしています。

    その同じ口から「安全」が語られる。

    これ程馬鹿な話はありません。
    環境省放射能知見なし_convert_20120401121038

    瓦礫焼却は安全とはほど遠いものなのです。

    瓦礫は燃やしてはなりません。


    瓦礫houshanou-noudo1
    瓦礫houshanou-noudo2
    瓦礫houshanou-noudo3
    瓦礫houshanou-noudo4

    震災瓦礫は放射能で汚染されています

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    がれき、反対。
    おたがい、がんばりましょう。

    URL | いぬのぽんた #-

    2012/04/04 04:55 * 編集 *

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1269-273f6d8f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。