11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    国民よ怒れ!〜東電ステークホルダーたちを救済し消費者・国民にだけ責任を取らせる民主党政権の暗愚な東電救済スキーム 

    国民よ怒れ!〜東電ステークホルダーたちを救済し消費者・国民にだけ責任を取らせる民主党政権の暗愚な東電救済スキーム
    木走正水(きばしりまさみず)2011年09月15日 15:02 BLOGOS
    http://blogos.com/article/5701/?axis=&p=1

    朝日記事によれば「東京電力が来春から15%程度の電気料金の値上げを検討している」とのことであり、その理由は「福島第一・第二原子力発電所は事故などの影響で今後も停止が見込まれ、代わりに火力発電を増やすこと」だそうです。

    また読売記事によれば、政府税調は「復興財源に充てる税目について議論し、「所得税、法人税と連動する地方税」が最有力となった」模様で、所得税では「10%の定率増税を5年間」「5%の定率増税を10年間」の2案を検討、法人税に関しては「減税・増税の双方を実施した上で、3年間に限って差し引きの減税分を上回らない範囲で法人税を臨時増税し、計2・4兆円程度を復興財源に充てる考えだ。企業全体でみれば、減税が3年間先送りになるものの、当面の負担は増えないことになる」とあります。

    まず15%程度の電気料金の値上げの件ですが、原発を稼動できない分、火力発電を増やすので燃料費がかさむとの理屈は理解します。

    どの道これだけの規模の放射能汚染事故です、膨大な賠償金や汚染土壌の除染費を考えればいずれ利用者負担は避けれないでしょう。

    また復興増税に関しても未曾有の規模の大震災であり国難と表現してもいいでしょう、東北地方の復興のための増税も世論調査によれば過半数の国民が理解を示しています、期間限定で所得税を定率増税をするのも、逆進性の強い消費税増税よりは現実的な案でありましょう。

    しかしちょっと待っていただきたい。

    大震災からの被災地復興と原発事故による放射能汚染問題への対応は明確に区別すべきです。

    広く平等に利用者や国民が負担するとするこれらの記事には、恐ろしいモラルハザードが隠されています。

    「広く平等」に責任を取ることで免れてようとしている当事者たちの重い責任の問題です。

    原発事故による放射能汚染で生じている被害に対する賠償費用や原状回復に掛かる費用は、ひとえに当事者である東京電力が責任を取ることは当然であるにもかかわらず、民主党政権は「国」の責任で東電をつぶれぬように守り必要に応じて国費を投入するというとんでもない暗愚の東電救済スキームを作ってしまいました。

    「国」の責任、国費の投入、これすなわち血税による国民への責任転嫁に他なりません。

    一般に企業が問題を起こした場合、その企業の利害関係者、いわゆるステークホルダーの責任が問われます。

    経営陣、投資家(株主)、債権者、従業員(社員)、顧客(消費者)、取引先、広義には、地域社会、社会、政府・行政・国民が含まれます。

    現時点で電力値上げという形で東京電力の顧客(消費者)、増税という形で政府・行政・国民の負担が「平等」という美名のもとで決められようとしていますが、消費者・国民より当然より重く負担すべきはずの肝心の経営陣、投資家(株主)、債権者、従業員(社員)たちの責任はどこへいったのでしょうか。

    今回の電気料金値上げで東京電力は半減した社員の賞与を元の水準に戻すことを検討しているとの情報もあります。

    また清水正孝前社長は引責辞任のかたちにはなってはいますが、約5億円の退職金を受け取ったとされているうえあらゆる問題は放置のままです、責任放棄のただの敵前逃亡でしかありません。

    経営陣、投資家(株主)、債権者、従業員(社員)は、当然ながら国民よりも重い責任を有しているはずです。

    東京電力は破綻するべきです。

    投資家が所有する東電の株券は紙切れになりましょう、債権者である金融機関は債権放棄となります、これら東電で利益を得てきたステークホルダーたちがリスクを負うのは当然なのです。

    破綻処理をして資産を整理縮小、人件費も圧縮、1円まで搾り出しその金額は賠償費用に当てさせればいいのです。

    経営陣、従業員も応分の負担を負うべきです。

    その上で、それでも足らない分をはじめて消費者・国民が広く負担するべきです。

    そんなことをしたら日本経済が混乱する、電力の安定供給ができなくなるといった意見が経団連などからありますが、JAL破綻の前例があります、経済は混乱しませんし、飛行機の運用も何も支障はでませんでした。

    今問われているのは、原発事故を起こし広範囲の放射能汚染により国土に取り返しのつかないキズを付け、海洋汚染を含め国内外からの膨大な賠償請求が予想されるこの重大な問題を起こした企業の、その責任を消費者・国民以外のスーテクホルダーが誰一人責任を負わず逃げおおそうとしていることです。


    また原発事故で放射能を撒き散らした企業をその責任追及もなさずただ国が延命するという行為は内外に間違ったシグナルを送っていることを政府は気づくべきです。

    「放射能を漏らしてもつぶれない」「責任を問われない」ということがあってはなりません。

    そして復興増税による財源確保はよしとしても、その中で純粋な地震・津波からの復興支援策と、放射能事故由来の土壌洗浄等費用は明確に仕分けする必要があります。

    放射能事故由来の費用に関してはあくまでも第一に東京電力負担という原則を曲げてはいけません。

    その費用に税を投入する前に、責任をしっかり取らせる必要があります。

    あらためて、電気料金値上げや税投入の前に、東京電力は破綻するべきです。

    東京電力の経営陣、投資家(株主)、債権者、これら重要なステークホルダーの責任追及無しに、消費者や国民が平等に負担する、このようなモラルの無い不平等を認めてはいけません。

    民主党政府によるこの東電救済スキームは愚かで間違っています。この不平等に国民は怒るべきです。


    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    報道  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1307-b2b850b6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめteみた.【国民よ怒れ!〜東電ステークホルダーたちを救済し消費者・国民にだけ責任を取らせる民主党政権の暗愚な東電】

    国民よ怒れ!〜東電ステークホルダーたちを救済し消費者・国民にだけ責任を取らせる民主党政権の暗愚な程度の電気料金の値上げを検討している」とのことであり、その理由は「福島第...

    まとめwoネタ速suru

    2012/04/22 11:16

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。