11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    福島原発爆発の時、日本政府がやったことは殺人と変わらない by オーストラリア国営放送(ABC) 

    福島原発爆発の時、日本政府がやったことは殺人と変わらない by オーストラリア国営放送(ABC)
    http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/5776092.html

    Japan 'betrayed citizens' over radiation danger
    日本政府は放射線被ばくの危機に際して、自国民を故意に裏切った

    福島原発に近いために見捨てられた日本のある地域の町長は、政府の行為は殺人と同様だとAMに告げた。(AM=ABC の番組)

    放射性物質拡散予想図の担当をしていた日本の文部科学省の職員は、米軍に伝えるのと同時に、危険性を国民に知らせるべきだったかもしれない、とAMに対して認めた。

    フクシマのメルトダウンの数時間後、今までに見たことのない汚染物質が日本の風景を覆い始めた。

    漏れ始めた原発から数kmだけ離れた浪江町の人々が避難のために集まった。

    東京から何も情報が来ない状況で、町長の馬場 有氏は原発から北に離れた場所に町の人々を誘導することを決断した。

    彼はその時に何も知らなかったが、避難をした方向というのがまさに放射性物質が広がった方向だった。

    「私たちは何も情報がなかったので、知らずに放射能汚染レベルが高い地域へと避難をしてしまった。だから私は人々の健康をとても心配している」とAMに語った。

    「私は心に痛みを感じるとともに、政府の非道な行為に憤慨をしている」

    アメリカ人が知らされていたのにも関わらず、浪江町の人々とすべての日本国民は、確実な見解を政府から知らされなかった。

    福島原発を津波が襲ったちょうど3日後、日本の文部科学省はコンピューターによる放射性物質拡散予測を米軍に手渡していた。

    文部科学省の渡辺格氏は、政府がこのような措置を取ったのは、原子力災害におけるアメリカからの支援を確実なものにするためだとしている。

    しかしながら彼は同じデータを国民にも共有するべきだったと認めている。

    「政府の事故調査委員会によると、放射性物質拡散予測情報は国民にも開示することができたはずだ」と彼は言った。

    文部科学省は原子力災害調査特別委員会にデータを人々に開示するように伝えるべきだった。でも私たちはそのことを考えなかった。今は認識をしている。」

    「殺人行為」

    現在は家を失ってしまった馬場氏は、今までになかった放射性物質の軽減の目的において、日本の関係官庁が情報を開示せずに浪江町を見捨てたことを非難している。

    「よい言葉ではないけど、自分は今でもこれは殺人行為だと思っている」
    と彼は言った。

    「人々の尊厳と命に関わることだったという時に、彼らは何を考えていたのか?彼らが私たちの存在について考えていたとはとても思えない」

    日本の文部科学省が、放射性物質拡散から幅広い指標の実証することにおいて、福島原発から漏れた放射性物質量についての正確な情報を集めることに苦労したのは事実ではある。

    渡辺氏はデータがどうであれ、開示可能であるものは国民に開示をするべきだったと認めている。

    「もしそのデータが国民に知られていたら人々は高汚染地域を避けることもできたという批判も私たちは認識している。なので私たちはそのシステムをより効率的に利用するために、このことから学ぶつもりだ」と彼は言った。

    浪江町の2万人の人々はおそらく多くの人数とはみなされていないのだろう―家を失くし彼らの子どもたちにおける健康にたくさんの恐怖を味わっているというのに。

    人々を保護し警告を発するために作られたシステムは、明らかにその役割を果たすことができなかった。

    Japan 'betrayed citizens' over radiation danger
    AM By North Asia correspondent Mark Willacy
    Updated January 20, 2012 06:30:47


    Japan has been accused of betraying its own people by giving the American military information about the spread of radiation from Fukushima more than a week before it told the Japanese public.

    The mayor of a Japanese community abandoned because of its proximity to the Fukushima nuclear plant has told AM the government's actions are akin to murder.

    An official from Japan's science ministry, which was in charge of mapping the spread of radiation, has acknowledged to AM that perhaps the public should have been told about the dangers at the same time the US military was informed.

    In the hours after the meltdowns at Fukushima, unseen plumes of radiation began to roll over the Japanese landscape.

    Just a few kilometres from the oozing remains of the nuclear plant the people of Namie village gathered to evacuate.

    With no information coming from Tokyo, mayor Tamotsu Baba decided to lead the people of his community further north away from the plant.

    He did not know it at the time, but that was the very direction the plumes of radiation were also blowing.

    Because we had no information, we were unwittingly evacuating to an area where the radiation level was high.

    "I feel pain in my heart but also rage over the poor actions of the government."

    While the people of Namie and the Japanese public as a whole were not getting any clear idea from their government about the possible spread of radiation, the Americans were.

    Just three days after the tsunami crushed the Fukushima nuclear plant, Japan's science ministry handed over computer predictions about the radiation dispersal to the US military.

    Itaru Watanabe from the science ministry says the government did this to secure US support in dealing with the nuclear crisis.

    The science ministry should have told the nuclear disaster task force to pass on the data to the people. But we didn't think of that.

    Itaru Watanabe from Japan's science ministry
    But he admits that maybe that same data should have been shared with the public too.

    "According to the government panel investigating the disaster, the information about the potential spread of radiation could have been given to the public," he said.

    "The science ministry should have told the nuclear disaster task force to pass on the data to the people. But we didn't think of that. We acknowledge that now."

    'Act of murder'

    Mr Baba, who is now homeless, accuses the Japanese authorities of abandoning his village by withholding information and leaving his community at the mercy of unseen radiation.

    "It's not nice language, but I still think it was an act of murder," he said.

    "What were they thinking when it came to people's dignity and lives? I doubt that they even thought about our existence."

    It's not nice language, but I still think it was an act of murder. What were they thinking when it came to people's dignity and lives?

    Namie mayor Tamotsu Baba
    It is true Japan's science ministry struggled to glean accurate information about the amount of radiation spewing from the Fukushima plant, with some data about its spread proving wide of the mark.

    Mr Watanabe acknowledges whatever data was available should have been passed on to the public.

    "We acknowledge the criticism that if the data was publicly known that people could have avoided areas of high contamination. So we will study what's happened to see how we can use the system more effectively," he said.

    For the 20,000 people of Namie that probably does not mean much - they have lost their homes and many fear for the health of their children.

    A system that was designed to protect and warn them has clearly failed.

    First posted January 19, 2012 09:52:57

    http://www.abc.net.au/news/2012-01-19/japan-delayed-radiation-details/3782110?section=world

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    Re: タイトルなし

    どうぞお使い下さい。

    URL | ジョージ #-

    2012/06/03 22:25 * 編集 *

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1343-468b25b6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。