11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    「ただちに男」の地元大宮で脱原発デモ 2012年2月4日 

    ジョージも参加しました。人数少なくて、埼玉県民の意識を知りました。

    「ただちに男」の地元大宮で脱原発デモ 
    2012年2月4日 20:49 田中龍作ジャーナル
    http://tanakaryusaku.jp/2012/02/0003618

    大宮デモ1

    大宮デモ2

    官房長官在任時に「メルトダウンはしていない」「ただちに健康に影響はない」…安全デマを振り撒き、夥しい数の福島県民を被曝させた枝野幸男・現経産相。そのお膝元である大宮で市民が4日、「脱原発デモ」を繰り広げた。

     ハンドルネーム、マーシーさん(男性・30代=所沢在住・会社員)がツイッターで呼びかけた。参加者100人余りの大半は埼玉県からだが、東京都や神奈川県から足を運んだ人たちもいた。

     大宮から電車で1時間ほど離れた鶴ヶ島市から参加した主婦(50代)は福島県いわき市出身だ。弟家族と認知症の母(85歳)は、いわき市に住む。弟は「ここはチェルノブイリだ」と吐き捨てるように言う。親戚もいわき市に住むが、「もう原発は要らない」と口々に話す。

     地元大宮在住の主婦(60代)は「未来の子供を守りたくて」参加した。「娘は『この終わった日本で子供を産みたくない』と悲観する。息子も同じことを言う。私は一生孫を抱けないんです」。

     「子供を大事にしない国に将来はない」と筆者は言い続けてきたが、日本の実情はもっと酷い。女性が子供を作ることをためらっているのである。

     大宮の主婦は青春時代の7年間を広島で過ごした。友人に被曝2世がいる。「鎮痛剤を投与しながらの暮らしなのに被曝手帳をもらえない」という。夫は福島県出身だ。「福島の人たちは広島の被曝者と同じ目に遭う。苦しみながら長生きするんです」。女性を嘆かせる国の前途は暗い。

     政府と記者クラブメディアは内部被曝を過少評価しているが、実態から目を背けているとしか思えない。

     『子供を安心して産みたい』のプラカードを持つ女性(20代・写真)は、フィアンセと共に参加した。「果たして本当に子供を産んでよいものか?いっそのこと日本から脱出した方がよいのではないだろうか」。女性は切々と語った。

     デモ隊が街を練り歩いていた頃、人々を不安のどん底に叩き落とした官房長官(事故当時)は、地元大宮の支持者を集めて講演会を開いていた。会場となったホテルのそばを通り過ぎる時、シュプレヒコールの声は一段と大きくなった―

     「放射能から子供を守れ」「子供をすぐに避難させろ」…

     人々の声は枝野大臣にどのように響いたのだろうか。

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 社会問題

    ジャンル: ニュース

    報道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1381-5d3c7e90
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。