11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    日本政府と原発メーカー(東芝、日立、三菱重工)は世界の恥 

    日本は、国内で原子力政策について討論の最中なのに、原子炉の輸出については是認し薦めている
    Japan endorses reactor exports even as it debates nuclear policy at home
    By Chico Harlan  2011年11月16日


    国内の欲求の赴くまま、日本の核技術企業は、福島第一原発事故直後にもかかわらず、外国の政府が、彼らに対する信頼と(原発技術に対する)安全性を信頼してくれることを期待して、ますます海外の市場に目を向けています。

    国内から批判が沸き起こっているにもかかわらず、野田佳彦首相は、日本の核技術企業が、ベトナム、ヨルダン、そしてリトアニアのような国々と取り引きを結ぼうとしていることに合わせて、ここまで原発コングロマリットの支援要請に応えているのです。

    野田は先月(2011年10月)、ベトナムのグエン・タン・ズン首相と会いました。

    エネルギーにハングリーなベトナムは、日本から二基の原子炉を輸入することを決めていますが、その二基の原発建設費用の支払いに、低金利のローンが使えるように申し出たのです。

    こうした核の輸出を支持するものの、原子力の信頼性に対する疑問が浮かび上がる中で、海岸沿いに建造された54基もの原子炉が日本列島を取り囲んでいることに、日本は矛盾を感じているのです。

    大多数の日本人は、原子力がもはや安全ではないと言っています。

    しかし、日本の政府は、福島第一原発災害から学ぶところがあるので、少なくとも、日本の核技術は、これからも世界でもっとも安全だと言い張っているのです。

    日本政府のスタンスは、特に東芝、日立、三菱重工業のような重厚長大型産業の強力な役割を、さらに強化することです。

    こうした企業の持つ技術は、スパッタリング経済(原発のお陰で活気付いている周辺分野)にも何十億ドルもの金を注ぐ結果となっています。

    日本政府が、福島第一原発事故の公式な調査(建前では、原発の新しい安全指針につなげるための調査)をまだ終えていないにも関わらず、こうした核コングロマリット企業群は、(政府の調査結果が出る前に)すでに自分たちで新しい安全性基準を作っており、それを強調することによって、一刻も早く取引を完結させたいと思っているのです。

    福島第一原発の原子炉建造に関与したのは東芝と日立だけでしたが、この数ヶ月は、(三菱重工業を含めて)この三社が日本の技術における安全性の世界規格として動いてきたのです。

    日立の役員たちは、福島第一原発事故のせいで、いくつかの取引を失ったと言います。
    また、東電がパートナーとして組んだ東芝は、トルコの原発建設の入札から手を引きました。

    しかし、こうした核技術企業は、「後退」は、せいぜい一時的なものだと考えているのです。

    3月11日の震災が起きる前まで、東芝は、2030年までに海外に38基の原子炉を建設する計画を描いていました。

    福島の核危機が起こって後、日立原子力システムの最高経営責任者、羽生正治は、
    「目標を達成するのは、少し遅れるかもしれませんが、会社としては、その目標を低めに変更したりすることはない」と語っています。

    日本の企業は、(福島の核危機の後も)世界の多くが、まだ原子力を欲していることをあらためて知りました。

    ドイツは、2022年までに原子力発電所を段階的になくすことを決定しており、イタリアは、新規原発の建設に反対する意思を表明しましたが、アジアと中東諸国では、まだ大きな核プロジェクトの計画が進行中です。

    唯一、中国だけが、25基ほどの原子炉を建設中です。

    「福島原発事故が、我々の交渉を脅かすことにはならないでしょう。
    エネルギーの安全保障、および二酸化炭素排出という点では、原発には、まだまだ大きな要求があると思っています」と、羽生正治は言っています。

    日立は、福島原発事故が起きてから数週間以内に、ペンディングとなっていた取引が“生きている”ことを知らせるために、世界中に幹部を派遣しました。

    日立は、特にリトアニアをターゲットにしています。

    リトアニアは旧ソ連時代の原発を2009年に閉鎖しました。
    それ以来、電力を輸入に頼っており、電気料金は跳ね上がっています。

    リトアニア政府は、現代の標準レベル以上の福島第一原発の旧式なモデルよりもっとパワフルな1300メガワットの原子炉を求めていました。


    Japan endorses reactor exports even as it debates nuclear policy at home
    By Chico Harlan, Published: November 16, 2011

    TOKYO — Long dependent on domestic appetite, Japan’s nuclear technology companies are increasingly looking to overseas markets, hopeful that foreign governments trust their reliability and safety claims in the aftermath of the Fukushima Daiichi accident.

    Despite public criticism, new Prime Minister Yoshihiko Noda has so far answered the conglomerates’ call for support as they try to strike deals with countries such as Vietnam, Jordan and Lithuania. Noda met last month with Vietnamese leader Nguyen Tan Dung to reaffirm a $13 billion deal in which Japan will build two plants for the energy-hungry nation — even extending low-interest loans for the purchase.

    In questioning its own reliance on nuclear power while endorsing its nuclear export efforts, Japan, with 54 seaside reactors ringing the country, finds itself pulled by contradictory claims. A majority of Japanese say nuclear power is no longer safe. But the government says the nation’s technology remains the world’s safest — or at least it will be, as the country studies the Fukushima disaster, in which three meltdowns forced the displacement of about 100,000 residents last spring.

    The government’s stance also reinforces the powerful role of industrial heavyweights, particularly Toshiba, Hitachi and Mitsubishi Heavy Industries, whose technology can add billions to a sputtering economy. Though Japan has yet to conclude its official investigation into the Fukushima accident — a probe that will lead to new safety guidelines — those conglomerates are racing to finalize deals by highlighting the safety changes they’ve already made.

    Only Toshiba and Hitachi had a hand in building the Fukushima reactors, but for all three manufacturers, the recent months have served as a gauge for global confidence in Japanese technology. Hitachi executives say they lost several deals in the wake of Fukushima. And Toshiba — along with its partner, the Tokyo Electric Power Co. — pulled out of the bidding for a deal in Turkey.

    But the nuclear technology companies think that the setback will be modest, at most. Before the March 11 disaster, Hitachi had outlined a plan to construct 38 overseas plants by 2030. Because of the nuclear crisis, Hitachi nuclear power systems chief executive Masaharu Hanyu said, “we are now thinking that target might be a little bit delayed.” But the company has not formally lowered its target.

    The Japanese companies have found that much of the world still wants nuclear power. Although Germany has decided to phase out its nuclear plants by 2022, and Italy recently voted against the construction of new reactors, Asian and Middle Eastern countries still have plans for major nuclear projects. China alone has about 25 reactors under construction.

    “I really don’t think Fukushima poses a threat to our negotiations,” Hanyu said. “In terms of energy security and mitigating carbon emissions, there is still major demand.”

    Within weeks of the crisis at Fukushima, Hitachi sent its executives across the globe to issue reassurances about pending deals. Hitachi in particular targeted Lithuania, which closed its last Soviet-style nuclear reactor in 2009. Since then, the country has been forced to import most of its power, and electricity prices have risen. Its government wanted a new 1,300-megawatt reactor, more powerful than the older model at Fukushima Daiichi but on par with modern standards.

    Hanyu flew to Lithuania in June. He and other company officials talked about new safety measures, including changes in the backup power system. One month later, the Lithuanian government signed an agreement with Hitachi, which had partnered with U.S.-based General Electric.

    “The Lithuanian negotiations were really important to us,” Hanyu said. “We wanted them to know that we are indeed learning from Fukushima Daiichi. If they had been wary, they would not have picked us.”

    Domestically, Japan hasn’t decided whether it will cancel all plans for new nuclear power plants or merely curb its ambitions. Before the Fukushima accident, Japan planned to build 14 new reactors by 2030, with nuclear power accounting for half of the country’s electricity. But public sentiment has turned against nuclear power, and the previous prime minister, Naoto Kan, who left office more than two months ago, favored a phaseout of reactors. He also showed little support for nuclear export efforts.

    Noda’s support for nuclear exports comes, in part, from a desire to maintain influence; nuclear nations have more authority in global nonproliferation talks. Exporting also gives the companies a major reason to maintain their technology, rather than letting it become outdated.

    “We have to keep up with having modern blueprints for nuclear plants,” said Shigero Masamori, general manager of nuclear energy systems for Mitsubishi Heavy Industries.

    Mitsubishi is seeking to build reactors in Jordan, Sweden and Finland. It also has an agreement to construct an advanced pressurized water reactor at the North Anna plant in Virginia, located about 12 miles from the epicenter of the 5.8-magnitude earthquake that struck Aug. 23. The permit for the new Unit 3 reactor requires an earthquake resistance four times the standard for existing units. The construction license is under review by the U.S. Nuclear Regulatory Commission.

    Masamori said no changes will be needed in Mitsubishi’s blueprint for the U.S. reactor. “When we applied for the design certification,” he said, “we assumed an earthquake far larger than that one.”

    Special correspondent Ayako Mie contributed to this report.

    http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/japan-pushes-for-reactor-exports-even-as-it-debates-nuclear-policy-at-home/2011/11/13/gIQAfgKfQN_story.html

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    報道  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    初めまして突然お邪魔いたします。

    大阪で主人と建築業を営んでおります谷口と申します。

    去年震災以降、被災地南相馬支援をさせて頂いておりましたが
    現在主人実家鹿児島の母が脳梗塞で倒れたため
    介護のため単身で鹿児島に来ており、今は何もできぬまま、
    せめてブログ発信をしているのですが、、、。

    実はここ、鹿児島で川内原発廃炉の是非を問う、
    県知事選、事実上の県民選挙が7月8日にあるのです。
    詳しくは大変恐縮ですがこちらをご一読お願いできるでしょうか、、、?

    http://taniguchi11.blog.fc2.com/
    「脱サラ亭主のデコボコ独立開業記 その177」

    どうか想いを同じくされる全国の方たちに知って頂きたいのです、、、。
    山口でも同じく県知事選がある、と聞きました。

    誠に勝手なお願いなのですが、呼びかけのご協力を
    お願いできないでしょうか、、、?

    突然大変失礼いたしました。
    どうぞ宜しくお願い申し上げます。


    URL | やっちゃん #-

    2012/06/23 12:00 * 編集 *

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1383-5cfd96db
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。