11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    国を信じきっている老男と世の中に感心のない老女。そして評論家全としているのが正しい男であると信じる洗脳された戦争経験者である老男が、いかに現実、真実を知らずに愛する妻を殺すのかが強烈に描かれたのが「風が吹くとき」とは知らなかった。 

    国を信じきっている老男と世の中に感心のない老女。そして評論家全としているのが正しい男であると信じる洗脳された戦争経験者である老男が、いかに現実、真実を知らずに愛する妻を殺すのかが強烈に描かれたのが「風が吹くとき」とは知らなかった。

    これはイギリスで起きた核戦争のお話(フィクション)だが、急性被曝を低線量被曝に置き換えると、今の日本に当てはまるだろう。被曝症状もリアルだが、決定的に似ているのは、この現状認識能力の無さと根拠の無い楽観主義。放射能に対する決定的な知識の欠如と無関心だ。この老人達が教えてくれる愚かな有様は、今の日本の場合老人だけでなく、子どもを持つ親の世代から若者にまで及ぶ。

    見るに耐えない有様に絶望に陥るストーリーであり、日本の今の現実である。

    吐き気を覚えながら私は見た。




    風が吹くとき-When the Wind Blows

    原作・脚本: レイモンド・ブリッグズ
    監督: ジミー・T・ムラカミ
    音楽: ロジャー・ウォーターズ
    主題歌: デヴィッド・ボウイ

    1986年にアニメーション映画化、日本では1987年に公開された。日本語版は監修を大島渚、主人公の声を森繁久彌と加藤治子が吹き替えている。音楽をピンク・フロイド のロジャー・ウォーターズ、主題歌をデヴィッド・ボウイが担当している。













    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1419-e51c6d64
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。