11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    医学の無責任。この子供たちの何人かがガンになり、適切な治療を受けないのであれば、子供たちは死んでしまう 

    確証:福島の子供の36%に異常な甲状腺増殖が見られる。医師たちは暗闇の中にいる
    CONFIRMED: 36 Percent Of Fukushima Kids Have Abnormal Thyroid Growths And Doctors Are In The Dark
    Michael Kelley | Jul. 19, 2012, 3:58 PM BUSINESS INSIDER

    2、3日前、福島の子供の36パーセントが、放射線被曝によるものと考えられる異常な甲状腺の増殖が見られることを報告した。これは福島県民健康管理調査に基づいたものである。

    結局のところ、この調査報告(福島県「県民健康管理調」による福島の0歳~18歳までの36,114人の子供に対する甲状腺エコー検査の結果報告)が何を意味しているのかについて訊ねるために、オーストラリアの小児科医であるヘレン・カルディコット医師に接触を図ることになった。

    カルディコット医師は、この報告が有効であることを確認した上で、この知見の驚くべき性質について、これは妥当であると補強した。

    1.子供において、嚢胞や甲状腺結節(塊・シコリ)が発見されることは非常に珍しい。

    2.これは、大変多くの子供に見られる異常である。

    3.1年以内に、これほどの異常が見られるのは、普通では考えられない。したがって、一度に高い量の放射線を受けたと考えるほかはない。

    4.日本の政府関係者が言っていることから、これらの病変が何であるかを知ることは不可能だ。


    甲状腺に結節(シコリ)ができることは、ままあることだが、子供の場合は一般的ではなく、それらのいくつかのケースではガンになる可能性があるため、医師たちは、この甲状腺の異常増殖について危惧している。

    なぜ、こうした結果が広く報告されていないのか訊ねたところ、カルディコット医師は、

    「日本の政府関係者が、この超音波エコー検査の結果を小児甲状腺の中心的な専門家たちと共有しないどころか、思考停止状態のメディアに知らせていないからだ」と述べた。

    彼女は、メディアが、なぜ放射能の降下物がなかったように報道するのか、理解に苦しむと言っている。

    カルディコット医師は、福島の子供たちに、このような高い割合で甲状腺の異常増殖が見られることは稀なことで、通常は、医学的な見地から放射線由来であることが分かるのは、5年後から7年後のことであると説明してくれた。

    また、国際的な医学会も、この問題に取り組むべきであると主張している。

    「このデータは、いつでも利用できるようにすべきです。そして国際的な専門の医師団の助力を求めるべきです。超音波エコー検査で発見された病変は、すべて細胞診にかけられなければならないのに、それがされていません。また、細胞診が実施されないのであれば、それは最終的には、医学の無責任ということになります。この子供たちの何人かがガンになり、適切な治療を受けないのであれば、子供たちは死んでしまうからです」

    私たちは、アメリカ甲状腺協会の次期会長であり、コロラド大学医学科の内分泌チーフであるブライアン・ホーゲン医師に会って話をした。

    彼は、私たちが連絡を取るまでは、その報告について聞いたことがないと言っていた。

    ホーゲン医師は、原発事故後すぐに、これほど多くの子供に多くの結節と嚢胞が見られることは驚くべきことである。また、この事実が広く知らされていない、というカルディコット医師の見解に同意した。

    彼は、今の超音波エコー検査技術は、どんどん高感度になっているので、2センチより小さい嚢胞(いわゆる流体嚢)なら、細胞診を行う必要はないが、5ミリより大きな結節(シコリ、塊)であれば細胞診を受ける必要があると付け加えた。

    チェルノブイリ事故後、放射線物理学者たちは、被曝した線量を計測し、被曝した子供のうち、どれくらいの子供たちが甲状腺に結節(シコリ)をつくったか、また、その後、ガンになったのか調べることによって、子供への放射線リスクを計算した、とホーゲン医師は話してくれた。

    「チェルノブイリの子供たちの場合には、固い結節が多く見つかったが、福島の子供たちの場合には、多くの嚢胞が見られるという点で、チェルノブイリとは少し違う」とホーゲン医師。

    ニューヨーク科学アカデミーは、1986年のチェルノブイリ原子炉災害によって放出された放射能に被曝したせいで、世界中で100万人近くの人々が亡くなっていったと考えている。

    福島の放射能リスクや福島とチェルノブイリを比較した特別なデータは読んだことも聞いたこともない、とホーゲン医師。

    「仮に核災害がアメリカで起きた場合、アメリカ甲状腺協会は、この情報を流して、いくつかの場所では何が起こっているのか人々に知ってもらい、そのデータを厳しく評価してもらうようにするだろう。情報が広く利用できるようにならなければ、批評したり評価したりすることはできないだろう」とホーゲン医師は語った。

    from http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1508.html



    CONFIRMED: 36 Percent Of Fukushima Kids Have Abnormal Thyroid Growths And Doctors Are In The Dark
    Michael Kelley | Jul. 19, 2012, 3:58 PM BUSINESS INSIDER

    A few days ago we reported that 36 percent of Fukushima children have abnormal thyroid growths likely from radiation exposure, based on the "Fukushima Prefecture Health Management Survey."

    We got in touch with Australian pediatrician Dr. Helen Caldicott, who has spoken about the growths, to ask her about the implications of the study.

    After confirming the validity of the report, Caldicott reinforced the alarming nature of the findings:
    1. "It is extremely rare to find cysts and thyroid nodules in children."
    2. "This is an extremely large number of abnormalities to find in children."
    3. "You would not expect abnormalities to appear so early — within the first year or so — therefore one can assume that they must have received a high dose of [radiation]."
    4. "It is impossible to know, from what [officials in Japan] are saying, what these lesions are."

    Doctors worry about these abnormal growths because even though thyroid nodules are relatively common, they are not as common in children and some of them could become cancerous.

    When asked why these results haven't been widely reported, Calidcott noted that Japanese officials are not sharing ultrasound results with foremost experts of thyroid nodules in children and accused the media of "practicing psychic numbing," saying that she doesn't understand why media outlets are choosing to ignore the nuclear fallout.

    Caldicott explained that the high rate of abnormal growths in Fukushima children is very unusual — it usually takes five to 70 years to see what the medical implications of radiation are — and insisted that the international medical community become involved.

    "The data should be made available. And they should be consulting with international experts ASAP. And the lesions on the ultrasounds should all be biopsied and they're not being biopsied. And if they're not being biopsied then that's ultimate medical irresponsibility. Because if some of these children have cancer and they're not treated they're going to die."

    We also spoke with Dr. Bryan Haugen, president-elect of the American Thyroid Association and head of endocrinology at the University of Colorado School of Medicine, who hadn't heard of the report before we contacted him.

    Haugen agreed with the Caldicott's assessment that it is surprising for kids to "have this many nodules and cysts seen, especially this soon after the accident," and the fact that "this something that is not more widely known."

    He added that ultrasound technology is much more sensitive today so cysts (i.e. small sacs of fluid) smaller than 2 centimeters don't need to be biopsied but solid nodules (i.e. clumps of cells) larger than 5 millimeters should be biopsied.

    After Chernobyl, Haugen notes, radiation physicists calculated the radiation risk to children by measuring exposure and then finding out how many kids had nodules and how many had cancer. Chernobyl children were found to have a lot of solid nodules, but the Fukushima results reveal a lot more cysts so "it's a bit different."

    The New York Academy of Sciences estimates that nearly one million people around the world have died from exposure to radiation released by the 1986 nuclear disaster at the Chernobyl reactor.

    Haugen said that he hasn't read or heard about specific data on the Fukushima radiation risk or about comparisons between Fukushima and Chernobyl.

    If a nuclear disaster occurred in the U.S., Dr. Haugen said the American Thyroid Association would "want to get this information out ... in a few different venues to let people know whats going on ... [and] appropriately critique the data. If it's not widely available, it's hard to review and critique."

    http://www.businessinsider.com/fukushima-children-have-abnormal-thyroid-growths-2012-7#ixzz217FKkN3C

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1420-724aa17e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。