11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    福島での影響が現れたのは、チェルノブイリ事故のときと比較して、ずっと早い 

    福島の子供の36%に、放射線被曝による甲状腺異常
    36 Percent Of Fukushima Children Have Abnormal Growths From Radiation Exposure
    Michael Kelley | Jul. 16, 2012, 1:28 PM BUSINESS INSIDER

    ENENewsが報じているように、福島原発事故から1年後、福島県から検査を受けさせられた38000人を超える子供たちのうち、36%の子供の甲状腺に、異常増殖、嚢胞(のうほう)もしくは結節(シコリ)があることが分かった。

    このショッキングな数字は、FRCSR(Fukushima Radioactive Contamination Symptoms Research:福島放射能汚染症状状調査)によって公表された「第6回福島県「県民健康管理調査」検討委員会の甲状腺検査の節に記されているものである。これは、Fukushima Voiceによって翻訳されている。

    医学博士で日本甲状腺学会の理事長である山下俊一氏は、今年2012年1月に、「甲状腺異常の扱いのためのガイドライン」といっしょに一通の文書を甲状腺学会のメンバー医師たちに当てて送っている。

    山下俊一は、2001年に、「長崎の子供たちの場合、甲状腺に結節(シコリ、塊)ができたケースはゼロだったが、0.8%の子供には嚢胞が認められたことを共同執筆による論文で明らかにしている。

    また、チェルノブイリ原発事故後、5年目から10年の間にかけて行われた調査によると、甲状腺に結節(シコリ)ができた子供は全体の1.74だった。

    Fukushima Voiceの書き出しにあるように、福島での影響が現れたのは、チェルノブイリ事故のときと比較して、ずっと早いということが言える。

    2011年3月、巨大地震によって津波が引き起こされ、福島の第一原発の原子炉のメルトダウンによって放射性物質が放出され、1986年のチェルノブイリ事故以来の大規模な核災害につながっていった。

    オーストラリアの小児科医ヘレン・コルディコット医師が、
    「(福島原発事故後)1年も経たないうちに、子供たちの甲状腺に結節や嚢胞ができたり、甲状腺の初期異常が見られるというのは、どうみても正常ではない。これは、福島の子供たちが、非常に高い線量の放射能を浴びたという意味だ」と述べていることが記事の冒頭に記されている。

    また、ENENewsは、福島第一原発から60マイル(約96km)の場所で暮らしている家族の3人の子供の甲状腺に多数の嚢胞が見つかった特殊なケースについて報告している。

    from http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1514.html



    36 Percent Of Fukushima Children Have Abnormal Growths From Radiation Exposure
    Michael Kelley | Jul. 16, 2012, 1:28 PM BUSINESS INSIDER

    Of more than 38,000 children tested from the Fukushima Prefecture in Japan, 36 percent have abnormal growths – cysts or nodules – on their thyroids a year after the Fukushima nuclear disaster, as reported by ENENews.

    The shocking numbers come from the thyroid examination section of the "Sixth Report of Fukushima Prefecture Health Management Survey," published by Fukushima Radioactive Contamination Symptoms Research (FRCSR) and translated by the blog Fukushima Voice.

    Shunichi Yamashita, M.D., president of the Japan Thyroid Association, sent a letter to members in January with guidelines for treating thyroid abnormalities. In 2001 Yamashita co-authored a study that found normal children in Nagasaki to have 0 percent nodules and 0.8 percent cysts.

    The introduction of the letter, written by Fukushima Voice, states that the results in Fukushima show a "much faster progression compared to Chernobyl" as research done around Chernobyl showed the rate of thyroid nodules in children 5 to 10 years after the accident to be 1.74 percent.

    In March 2011 a massive earthquake triggered a tsunami that led to series of nuclear meltdowns and releases of radioactive materials at the Fukushima Nuclear Power Plant, leading to the largest nuclear disaster since Chernobyl in 1986.

    The introduction of the letter notes that Australian pediatrician Helen Caldicott said that is"not at all normal for children to have thyroid nodules or cysts and that early appearance of thyroid abnormalities, less than one year, meant the Fukushima children received a very high dose of radiation.

    ENENews also reported a specific case in which three children in a family who lived 60 miles from the Fukushima nuclear plant were found to have multiple cysts on their thyroids.

    http://www.businessinsider.com/a-stunning-36-percent-of-fukushima-children-have-abnormal-growths-from-radiation-exposure-2012-7#ixzz215k0kc2V

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1421-d97c2c81
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。