11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    野田政権はアメリカの召使いだ 亀井静香 

    野田政権はアメリカの召使いだ 亀井静香
    7月 24th, 2012 by 月刊日本編集部
    http://gekkan-nippon.com/?p=4143

    人類は文明の反逆を受けている

    ―― 原発再稼働に反対する首相官邸前デモには多くの人々が集まり、大きなうねりとなっている。

    亀井 私も見ていたが、官邸前には雲霞の如く人が集まってきた。しかも、それは子供連れの奥さんなど、政治的な主張を掲げたりしていない一般市民ばかりだった。

     こんなことを言うと神懸かりと思われるかもしれないが、神の手が動いている。それがこのうねりをもたらしたのだ。もはやこの流れを抑えることなどできはしない。

     日本は長らく金儲けばかりに勤しんできた。他人が苦しもうが、環境が破壊されようが、それを顧みることはなかった。原発の建設などその最たるものだ。人心の荒廃は留まることを知らず、日本人の魂は失われてしまった。

     そうした中で起こったのが福島の原発事故だった。なぜ他の国ではなく日本で起こったのか。それは日本に先達的な使命が課せられたからだ。原発依存から脱却し世界を導け、という神の声なのだ。

     苦しんでいるのは日本だけではない。中東やヨーロッパ、アメリカ、中国の奥地でも、日本と同様の民衆運動が起こっている。政治、経済、文化、ありとあらゆる面にほころびが生じている。人類は文明の反逆を受けているのだ。

     幕末期の日本では、「ええじゃないか運動」と呼ばれる運動が起こった。民衆が「ええじゃないか」と言いながら集団で熱狂的に踊る、というものだ。これは、当時の日本が直面していた危機に対して、民衆が無意識的に反応したものだ。

     今回の脱原発デモもそれに比することができるだろう。現在の日本も大きな危機に直面しているのだ。

     ところが民主党政権はこの危機を感知することができていない。野田総理はこのデモについて「大きな音だ」と言ったそうだが、デモが起こらないと言われてきた日本で、なぜこれほどまでのデモが起こり、国民が怒りの声を挙げているか、彼には理解できないのだ。

    野田政権はアメリカの召使いと化した

    ―― 福島原発事故について、アメリカは徹底的した調査を行い、そのデータを本国に持ち帰った。

    亀井 それは何も今回の事故に限った話ではない。アメリカは広島に原子爆弾を投下した直後、原子爆弾による傷害の実態を調査・記録するための施設を、広島の比治山に作った。そこでアメリカは被爆した市民を徹底的に調べたのだ。私の姉がそこに勤めていたのでよく知っている。

    ―― そもそもアメリカのGE(ゼネラル・エレクトリック)が開発した原子炉には、格納容器全体の容積が小さいといった欠陥があった。原子炉設計者が原子炉の安全性について懸念を示し、それを理由に同社を退社したという事実もある。

    亀井 原発だけではない。日本の経済の仕組み、政治のあり様、全てがアメリカ式であり、その全てに欠陥がある。

     3年前の政権交代は、こうした状況から脱却するために行われたものだった。日本にはびこるアメリカ的価値観から脱却し、日米関係を見直す。アメリカに対して言うべきことを言い、要求すべきことを要求する。

     これは感情的な反米主義とは違う。日米関係が対等であることが、日米両国にとってプラスになる。日米が真の意味で手を取り合うためにも、日本は対米自立を成し遂げる必要があるのだ。

     そのため、我々は郵政民営化を凍結した。わが国の伝統に馴染まない市場原理主義との決別を目指した。そして、鳩山総理の主導の下、普天間問題を解決しようとした。

     しかし、それに対して強烈な反発が巻き起こった。そして菅政権になると、民主党は先祖返りしてしまい、自公時代の従米路線へと戻ってしまった。野田政権もまた、なりふり構わずアメリカの要請に従っている。まるでアメリカの召使いだ。

    以下全文は本誌8月号をご覧ください。


    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1442-f08d73ba
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。