11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    日本政府が異議を唱えたIAEA提案の食物汚染地域の定義は、重大事故を起こした原発から300キロ圏内の地域だった 

    日本政府はIAEAの食物汚染地域の定義に異議を唱えていた
    Japan objected to IAEA defining contamination zone for food
    March 17, 2012 大岩ゆり The Asahi Shinbun

    2005年、国際原子力機関(IAEA)が原子力非常時に食物の摂取規制を行う地域を定義することを提案した時、日本政府は異議を唱えた。

    その結果、ウィーンに拠点を置く国際的な原子力の監視人[である国際原子力機関]はそのような地域を定義することはなく、6年後に福島第1原発事故が起きてから、厚生労働省があわてて規制を導入する、という有様になった。

    朝日新聞の請求に応じて公開された公文書によると、原子力災害に備え、農作物の出荷禁止その他の策を講じて放射能汚染された食物の摂取を規制する地域を指定しようとするIAEAの提案に、日本政府は異議を申し立てた。

    IAEAは2005年2月、、重大事故の場合、1ギガワット級の原子力発電所の300キロ圏内で食物摂取規制を行うべきである、とする安全基準の草案を作成した。

    文書によると、日本政府の原子力安全保安院、原子力安全委員会、文部科学省が2005年5月にIAEAの提案を検討した。

    検討会の出席者は、日本政府の名で、IAEA提案の区域の具体的な距離の数字を削除するよう求めることを決定した。

    出席者は、「食物規制区域を定義する前に、悪い評判[風評]やその他の要因を考慮する」必要性を理由として挙げた。また、報告書によると、彼らの意見は、「チェルノブイリのような大きな影響がある事故を想定するのは適当かどうかを考慮する」必要がある、というものだった。

    ブラジル政府も同様の抗議を行った。結局、[原発からの]距離の明示は削除された。

    昨年3月の東日本大震災が福島第1原発を麻痺させるまで、日本政府が設定していた[原子力]災害対策ガイドラインは、政府の災害対策本部が食物摂取の規制を行う方策の「考慮を開始する」、というものだけだった。当時の政府関係者は、事故の発生から食物摂取規制を実施するまで、「十分の時間がある」、としていた。

    福島事故後、厚生労働省は慌てて暫定安全基準を設定したが、これは充分ではなかったかもしれない。

    「今回の事故の後、暫定安全基準を超える放射性セシウムが福島原発から300キロ以上離れた静岡県のお茶の葉から検出されました」、と言うのは原子力安全委員会管理環境課の都築秀明課長。[だと思いますが、確定ではありません...。] 「今思えば、300キロ圏は大きすぎるということはなかった。チェルノブイリの経験で、人体に害の出るレベル以下の放射性物質が植物や家畜などに濃縮されうる、ということを私たちは知っていました。」

    原子力安全委員会は現在災害対応ガイドラインの見直しを行っており、食物、飲料の摂取規制を行う放射性物質のレベルの具体的な数字を定義する予定である。

    http://ex-skf-jp.blogspot.jp/2012/03/iaea.html

    Japan objected to IAEA defining contamination zone for food
    March 17, 2012
    By YURI OIWA / Staff Writer

    When the International Atomic Energy Agency in 2005 proposed defining a zone where food intake regulations were to be enacted in the event of a nuclear emergency, Tokyo objected.

    And the Vienna-based international nuclear watchdog never did define such a zone, leaving it up to the health ministry to hastily introduce regulations six years later following the accident at the Fukushima No. 1 nuclear power plant.

    Official documents disclosed at the request of The Asahi Shimbun said that the Japanese government filed an objection when the IAEA proposed to designate, ahead of a potential nuclear disaster, an area where shipment bans on farm products and other measures would be implemented to regulate the intake of radioactive contaminated food.

    The IAEA in February 2005 drew up a draft safety standard, which said that food intake regulations should be prepared within a 300-kilometer radius of a 1-gigawatt class nuclear power plant in case of a major accident.

    According to the documents, members of Japan's Nuclear and Industrial Safety Agency, the Nuclear Safety Commission (NSC) of Japan and the science and technology ministry in May 2005 discussed the proposal.

    Participants decided to request, in the name of the Japanese government, that the concrete distance figure for the proposed zone be deleted.

    The attendees cited the need to "consider negative publicity and other factors before defining a food regulation zone." They also said it was necessary to "consider whether it is appropriate to presume an accident with as big an impact as the one at Chernobyl," a report said.

    The Brazilian government also made a similar protest. The distance specification was deleted in the end.

    Until the Great East Japan Earthquake crippled the Fukushima No. 1 nuclear plant last March, the only disaster response guideline Tokyo had in place was for the disaster response headquarters to "begin considering" measures to regulate food intake. There would be "enough time" from the onset of an accident to the implementation of regulations on the intake of food, the authorities said at the time.

    Following the Fukushima disaster, the health ministry hastily came up with provisional safety regulations that may not have been far-reaching enough.

    "Following the latest accident, radioactive cesium exceeded the safety standard in tea leaves from Shizuoka Prefecture, more than 300 km from the Fukushima plant," said Hideaki Tsuzuku, the director of the Radiation Protection and Accident Management Division at the NSC. "Retrospectively, 300 km was not too large. We knew, from the Chernobyl experience, that radioactive substances below levels that are harmful to human bodies can be condensed in plants and domestic animals."

    The NSC, currently reviewing the disaster response guideline, plans to define numerical standards for radioactive substance levels at which food and beverage intake regulations should be enacted.

    http://ajw.asahi.com/article/behind_news/politics/AJ201203170006

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1472-0f955530
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめ【日本政府が異議を唱え】

    日本政府はIAEAの食物汚染地域の定義に異議を唱えていたJapan objected to IAEA defining contamination z

    まっとめBLOG速報

    2012/11/19 19:21

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。