11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    【地図でよくわかる】東日本の農作物と肉類は食用に適さない 

    土壌汚染のSafe Limitが2,500Bq/kgとするこの地図の作り方にさえ問題があると考えます。

    本当のSafe Limit(安全ライン)はこの地図でいうと紫と薄茶色のエリア(25Bq/kg以下)ではないでしょうか。


    福島の放射能が日本の農畜産業に及ぼす懸念
    Fukushima fallout fears over Japan farms
    By Jennifer Carpenter
    Science reporter, BBC News 15 November 2011
    http://kobajun.chips.jp/?p=1314


    土壌汚染f0e1716fdc6da54567285f5b788895f6

    新たな調査研究により、東北地方の一部の放射線量が農業生産にとって安全なレベルを超えている、と見られることが明らかとなりました。

    この調査は2011年に発生した原子力発電所事故による日本全域における汚染について、初めてその結果を提供することになります。

    研究機関は食料生産への影響は避けられそうにない、と示唆します。

    この調査結果は、米国科学アカデミー(PNAS)ジャーナルの会報で報告されます。

    福島第一原発の事故の発生により、放射性物質は日本の全土とその近海に降り注ぎました。

    農地への汚染の懸念は、日本の農作物と肉類が食用に適するかどうかの調査を促すことになりました。

    これまでの調査研究では、収穫された農産物の汚染は、食用に関して問題ないレベルにとどまっている、というものでした。

    ▽ 汚染された収穫

    今回、研究者の国際的チームは、これまでの判断が見直されるべきである、と示唆します。

    アメリカ合衆国メリーランド州にある大学連合空間調査協会( Universities Space Research Association )のテッペイ・ヤスナリ氏と彼の同僚は、土壌と草に含まれる放射性物質のセシウム137について47都道府県から一県だけを除外し調査した結果に、メルトダウン以降の気象の変化のシュミレーションを組み合わせ、汚染レベルの推定値を算出しました。

    セシウム137は数十年の間環境に留まり続けますが、原子炉の冷却システムが機能しなくなり、その結果発生した水蒸気爆発によりまき散らされた、セシウム以外の放射性物質についてはより一層大きな懸念があります。
    研究チームは福島県東部の耕作地では、放射性物質の量が政府の安全基準を上回っていることを突き止めました。

    ▽ ベクレルとシーベルト

    *1ベクレル(Bq)(フランスの物理学者アンリ・ベクレルの名をとって名づけられた)は、放射能の測定基準です。

    *1個の原子核が崩壊過程で1秒間に放射する放射性物質の量が1ベクレルです。1,000ベクレルは1,000個の原子核が1秒間に放出する放射性物質量です。

    *シーベルト(Sv)は、人によって吸収される、スウェーデンの医学的な物理学者ルドルフ・シーベルトの名をとって名づけられた、放射線量の単位です。

    日本の食品衛生法の下では、1キログラムあたり5,000ベクレルの放射性物質量が、土壌に含まれるセシウムの安全限度とされています(セシウム137は放出されるセシウムの中の約半分を占めています)。

    研究機関は、近隣の地区の放射性物質の値が安全基準におさまっていても、福島第一原発近くの土壌には安全とされる制限値の8倍の放射性物質が含まれていた、と見積もっています。

    調査結果は日本のほとんどの地区で、平均1キログラムあたり25ベクレルと、安全とされる制限値を下回っていることを明らかにしました。

    論文の執筆者は、西日本各地は放射性物質の排出に対し、高峻な山脈が防護壁の役割を果たし、汚染を免れたと説明できる、としています 。

    研究は、最も汚染がひどい地区では食料生産が「深刻な打撃を受ける」可能性がある、としています。

    そして福島県に隣接する、岩手、宮城、山形、新潟、栃木、茨城、千葉は影響を免れないだろう、としています。

    米国科学アカデミーの席上、研究機関は「隣接するいくつかの県については、場所によっては我々の調査と測定値が食い違う場合があります。それぞれの地方ごとのセシウム137の蓄積量の測定はについては、場所による大きなばらつきが発生している可能性があります。」と説明しました。

    研究機関は日本政府に対し、これから行う除染計画をたてる前に、日本全土にわたって徹底な汚染状況の調査を行うよう、強く求めています。

    2度目の調査では(米国科学アカデミーの同じ会報で発表される)福島第一原発の半径70km以内から100を超えるサンプルを収集し、福島全県とその近隣から高い濃度のセシウム137を検出しています。

    ランカスターにある環境・水理学センターの放射線生態学者ニック・ベレズフォードは、セシウムがいったん土壌の中に取り込まれると、土の中のミネラル類と混じり合い、植物に取り込まれることになる、と説明します。

    しかしながら、そのプロセスは土の質によって左右されます。

    「セシウムは有機土壌には、長く留まることになります。イングランドとウェールズの高地地域で未だに、チェルノブイリの影響による作付け制限などが行われているのは、このためなのです。」

    ベレズフォードはこのようにBBCに語りました。

    「良く耕し、適度に肥料を与えることで、農民は作物が危険な放射性物質を取り込む量を、減らすことができます。そして、家畜のえさに(放射性物質を)吸着する薬剤を入れれば、動物が腸管から放射性物質を取り込むことを、阻害することができます。」

    最後に彼がこう付け加えました。


    Fukushima fallout fears over Japan farms
    By Jennifer Carpenter
    Science reporter, BBC News 15 November 2011

    New research has found that radioactive material in parts of north-eastern Japan exceeds levels considered safe for farming.

    The findings provide the first comprehensive estimates of contamination across Japan following the nuclear accident in 2011.

    Food production is likely to be affected, the researchers say.

    The results are reported in the Proceedings of National Academy of Sciences (PNAS) journal.

    In the wake of the accident at Japan's Fukushima nuclear power plant, radioactive isotopes were blown over Japan and its coastal waters.

    Fears that agricultural land would be contaminated prompted research into whether Japanese vegetables and meat were safe to eat.

    An early study suggested that harvests contained levels of radiation well under the safety limit for human consumption.

    Contaminated crops
    Now, an international team of researchers suggests this result deserves a second look.

    To estimate contamination levels, Teppei Yasunari, from the Universities Space Research Association in the US state of Maryland, and his colleagues, took measurements of the radioactive element caesium-137 in soil and grass from all but one of Japan's 47 regions and combined these results with simulations based on weather patterns following the meltdown.

    Caesium-137 lingers in the environment for decades, and so is more of a concern than other radioactive elements released in the cloud of steam when the reactors' cooling systems failed, leading to explosions.

    The team found that the area of eastern Fukushima had levels of the radioactive element that exceeded official government limits for arable land.

    Continue reading the main story
    Becquerels and Sieverts

    A becquerel (Bq), named after French physicist Henri Becquerel, is a measure of radioactivity
    A quantity of radioactive material has an activity of 1Bq if one nucleus decays per second - and 1kBq if 1,000 nuclei decay per second
    A sievert (Sv) is a measure of radiation absorbed by a person, named after Swedish medical physicist Rolf Sievert
    A milli-sievert (mSv) is 1,000th of a Sievert
    Under Japanese Food Sanitation Law, 5,000 becquerel per kg (Bq/kg) of caesium is considered the safe limit in soil (caesium-137 makes up about half of total radioactive caesium, and therefore its safe limit is 2,500 Bq/kg).

    The researchers estimate that caesium-137 levels close to the nuclear plant were eight times the safety limit, while neighbouring regions were just under this cut off; the rest of Japan was well below (averaging about 25 Bq/kg) the safety limit.

    Relatively low contamination levels in western Japan could be explained by mountain ranges sheltering those regions from the dispersal of radioactive material, the authors said.

    Food production in the most contaminated regions, the researchers write, is likely to be "severely impaired", and that Fukishima's neighbouring regions, such as, Iwate, Miyagi, Yamagata, Niigata, Tochigi, Ibaraki, and Chiba are likely to also be affected.

    "Some neighbouring prefectures... are partially close to the limit under our upper bound estimate and, therefore, local-scale exceedance is likely given the strong spatial variability of [caesium-137] deposition," the researchers explained in PNAS.

    They urge the Japanese government to carry out a more thorough assessment of radioactive contamination across Japan before considering future decontamination plans.

    A second study, published in the same edition of PNAS, collected over a hundred soil samples from within 70km of the Fukishima plant, and found similarly high caesium-137 levels across the Fukishima prefecture, and its neighbouring regions.

    Radioecologist Nick Beresford from Centre of Ecology and Hydrology in Lancaster explained that once in soil, caesium will become bound to mineral components, which limits its uptake into plants.

    However, this process depends on the soil type. "Caesium stays mobile for longer in organic soils, hence why England and Wales still have some post-Chernobyl restrictions in upland areas," he told BBC News.

    Ploughing, and some fertilisers can help farmers reduce plants' uptake of the dangerous elements, and binding agents can be added to animal feed to reduce their uptake from the gut, he added.

    http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-15691571






    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1474-3fd48774
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。