11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    不正選挙により最悪の政権が誕生してしまった 

    今回の選挙は「やらせ選挙」「でっちあげ選挙」だったのではかないかと強く疑念を持っています。

    自民党圧勝予想報道に始まり、投票率が低いなどと放送し、テレビ全局が投票を心理的に妨害し、選挙当日に回る選挙呼びかけも無く、全国の沢山の投票所が早じまいし、異様に早い当選確実報道。

    しかも当選者の顔ぶれの不自然な符合。

    信じられない事ですが、選挙で「八百長」が行われたのではないでしょうか。

    票の集計は最終的にはコンピューター処理されます。
    そのソフトをいじれば不正行為は簡単に出来てしまうのです。

    日本は民主国家ではなかった。
    そして最悪の政権が誕生してしまいました。
    我々はどうやって生き残っていけばいいのでしょうか。。


    因にロイターオンライン調査の結果はこんな感じだったんですよ。
    この数字を見ると納得できます。このくらいじゃないかと思っていました。

    不正選挙の追及は出来ないものなのでしょうか。


    ロイターオンライン調査
    http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/politics (今は選挙後の数になっています)
    総選挙で誕生する新政権の中心となるべき政党は

    民主党4831票 (2%)
    自民党100956票 (52%)
    日本未来の党69310票 (36%)
    公明党1114票 (1%)
    共産党3724票 (2%)
    社民党631票 (0%)
    みんなの党3824票 (2%)
    日本維新の会8021票 (4%)




    開票結果は既に用意されている
    2012-12-14
    http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-833.html
    マスコミは自民党の圧勝を予測していますが、これは実際の有権者の動向とは関係なく、与えられたシナリオをたれ流ししているだけと思われます。幾ら国民が民主党に愛想を尽かしたからといって、一挙に自民党に流れるとは考えられません。

     これを裏付けるような事件が発生しています。

    時事通信に不正アクセス、衆院選用リハ内容流出
    2012年12月14日01時50分 読売新聞

    時事通信社(本社・東京都中央区)が衆院選に向けて試験的に作成した開票結果が、インターネット掲示板で一時、閲覧できる状態になっていたことが13日、わかった。

     同社によると、社内システムが不正アクセスされ、11日に衆院選のリハーサル用として作成したテストページのアドレスが12日夜、2ちゃんねる上に投稿された。実在の候補者名と仮の得票数が記載されていたという。外部からの指摘で流出に気づき、13日昼にページを削除した。

    時事通信が「試験的に作成した開票結果」が流出してしまったということですが、本番で使う予定のインチキ開票結果が既に作られてたということでしょう。単なるリハーサル用なら、流失してもそんなに慌てる必要はありません。慌てて削除したことで、不正工作(全くのでっち上げ)が行われていることがバレてしまったのです。

    1票の格差是正どころか、投票結果が全く無視されている可能性があるのです。新自由主義を貫くには民主主義は邪魔な存在で、その行き着く先はファシズムであり、現在の我国はその方向へまっしぐらに進んでいます。



    「投票率低調」報道の一方で、なぜか「投票所に今までにない行列ができている」という声が多数
    http://matome.naver.jp/odai/2135563104794158401




    開票0%で’当確’がでる?
    http://enzai.9-11.jp/?p=13470

    @scotti99 『不正選挙』で、検索すると1510万件ヒット。『裏社会の不正選挙に要警戒』『不正選挙で大阪維新の統一教会を勝たせるシナリオ』『ユダヤ裏社会の不正選挙の「目標値」の発表』『裏社会は不正選挙に向けた嘘世論調査によるお膳立て中』『期日前投票の不正操作』等々、あふれています。
    ――――――――――――――――――――
    まったく酷いものです。日本の選挙は、国民に全く信用されていません。今度の衆院選で権力側が不正選挙を仕掛けて来ると思っている国民は、どれ程いるのか・・新聞、テレビが捏造世論調査で国民を騙し、大掛かりな不正選挙を実行する。いつから始まったのでしょうか・・
    ――――――――――――――――――――
    2005年衆議院議員総選挙では、『集計ソフト』の不正が疑われている・・通常、選挙の集計は「選挙会」で行われる。開票区は一般に市町村単位ですが,選挙会は都道府県単位で行われていると思われる。開票結果は開票区から選挙長に電話で伝達される。
    ――――――――――――――――――――
    電話のオペレーターは、おそらく聞き取った数値を(メモを見ながら)キーボードから入力し、『集計ソフト』に加算すると思われる。選挙会にも、立会監視人?というのはいるが、おそらく、ただ、そばに立って結果の数字を見ているだけなのではないかと思われる。
    ――――――――――――――――――――
    開票録(開票次第の記録)と選挙録(選挙会の記録)は、その選挙で選ばれた公職者の任期中は保存されることになっている。突き合わせれば部分の和と全体が一致しているかどうか確認する事が出来ると思われる。
    ――――――――――――――――――――
    では、なぜ、『集計ソフト』の不正が疑われているのでしょうか・・引用元⇒ http://t.co/5dhWazRHhttp://t.co/5RCK9F23http://t.co/z5kTGyZFhttp://t.co/Trb6O3XL
    ――――――――――――――――――――
    2005年の、いわゆる郵政選挙=神奈川選挙区の各開票区ごとの投票率を前回投票率と比較してみると、奇妙な現象が見られる。この時は、前回投票率より、神奈川県全体で約1割増加。そして61ある開票区のほとんどが均等に約1割増加している。極めて不自然な事が起きている。
    ――――――――――――――――――――
    投票率差分の分布を見ると、61開票区のうち85%に当たる52地区の差分は8.03~10.66%の狭い区間である。前回投票率と今回投票率の差はいわば時間軸上の差異ですが、この±2%というレンジがいかに狭いものかは、投票率の差異を地域つまり空間軸で見ると一層はっきりする。
    ――――――――――――――――――――
    前回投票率で見ると,開票区の最低投票率52.98(寒川町)、最高68.15%(山北町)でその差は15.17%。今回投票率では、最低61.74%(川崎区)、最高80.14%(松田町)ですからその差はさらに広がり、18.40%。開票区を包括する小選挙区の単位で見ると、
    ――――――――――――――――――――
    旭区を含む第6区(7.55%差)、海老名市を含む第13区(7.88%差)の差分がやや10%からの乖離から大きく出ているが、それですら10%からの乖離の絶対値は6区2.45%、13区2.12%です。たかだか10%±2.45%の範囲にすべての選挙区が入ってしまいます。
    ――――――――――――――――――――
    なぜこんなことが起こったのでしょうか?もし、あなたがプログラマーなら、あらかじめ目標値を10%と定め、その前後±2.5%程度のレンジで擬似乱数を発生させると、このようなことが起こるだろうという事は、すぐに分かるはずです。

    ――――――――――――――――――――
    それでは、他都道府県の投票率の推移(前回と今回の差)は、どうなっているのでしょうか・・このような事が全国的に起こっているのか、それとも神奈川県に限定された特異事象なのか?それでは、隣の東京都の場合は、どうでしょうか・・
    ――――――――――――――――――――
    東京都の場合は神奈川県より、もっと偏りは著しく,ほとんど、すべての選挙区で7.25%±1.25%の範囲に入る。若干突出していた東京10区の差異10.28%と同18区の5.66%を除いた数字で見ると、7.25%を中心に神奈川県の半分の±1.25%の間に全て入ります。
    ――――――――――――――――――――
    また、10区、18区を入れても8.0%±2.5%の範囲内に全て収まります。この2つの資料から推理される結論は次のいずれかです。①おおむね投票率の差異は全国的にこのように狭い範囲に集中する傾向がある。②東京・神奈川は特異ケースであり作為的な操作による事象の疑いがある。
    ――――――――――――――――――――
    これだけではまだ、いずれとも判定できませんが、クエスチョンさんがもう一つの事例を調査してくれました。広島県選管の資料です。このデータは、小選挙区単位で計算されていますが、傾向を見ると東京・神奈川より、かなりばらつきが広くなっているようです。
    ――――――――――――――――――――
    広島県選管の場合、小選挙区の平均投票率は68.44%、前回が58.58%なので差分は9.86%です。10%からの乖離を見ると最大が、広島3区で差分が11.63%で+1.63%、最小は広島5区で差分が6.36%、乖離は-3.64%とかなり大きくなっています。
    ――――――――――――――――――――
    開票区単位でチェックすれば,おそらく、乖離はもっと広がるものと思われます。クエスチョンさんの示された広島の資料から類推すると、①全国的にこのように狭い範囲に集中する。が排除される可能性は、かなり確実であるように思えてきました。
    ――――――――――――――――――――
    もし,その事が本当に言えるとすれば結論は②作為的な操作。しかないことになります。つまり,東京・神奈川のデータを疑う合理性は十分あるということになります。そして、選挙管理委員会で出している選挙速報のページのデザインが神奈川と東京都で酷似している。
    ――――――――――――――――――――
    おそらく同じ会社の制作と思われる。今、このような開票区ごとの時間区分による詳細情報を速報で出しているのは東京都と神奈川県しか、見つかっていないことも気になっています。今、我々が神奈川・東京都を特別視しているのは、
    ――――――――――――――――――――
    神奈川が小泉純一郎首相の地盤であり、東京都は石原慎太郎都知事が押さえているというファクタを無視できないと考えているからです。しかし、まだ確定的な結論を出すのには材料が不足しています。引用終了。当時、小泉純一郎首相の秘書だった飯島勲氏は
    ――――――――――――――――――――
    実は総理が解散したがっているんだよ。なぜだか判らないが、選挙になれば自民党は絶対勝つと凄い自信なんだ」と、そう語った。彼が小泉首相の言動を「なぜだか判らない」というのは極めて珍しい。
    その頃、もう一人の同志である山崎拓・元副総裁も同じ言葉を小泉首相から聞いていた。
    ――――――――――――――――――――
    山崎元副総裁は親しい関係者に「確かに勝てると自信を持っていた。俺にも理由は言わなかったが、自民、公明だけではなく民主党からも小泉政権に合流してくる者が出ると計算しているのではないかと思う」と話している。しかし民主党に具体的な分裂工作を仕掛けていた形跡は見当たらない。
    ――――――――――――――――――――
    2012年の鹿児島知事選挙では、なんと、午後8時1分には当確が出ているのである。開票が午後8時で、まだ各地の開票が0%なのに、期日前投票も、その同じ午後8時から開票作業をしているにもかかわらず。まさに開票しなくても当確が決まっているような出来事である。
    ――――――――――――――――――――
    あちら側の連中は、自分らの捏造世論調査と実際の世論を見ながら各党の当選議席数を決めていくと思われる。そして、国民に、生活党の低い支持率を新聞・TV報道で刷り込ませる事で、生活党の議席数を抑えて、自民党や維新の会の票に付け替える事が自然に演出できる。
    ――――――――――――――――――――
    もし、最終的に当落を決定する選挙会のパソコン内の『集計ソフト』に何らかの改竄が行われており、ある特定の候補者を、ある特定の投票率で勝たせるように出来る不正ソフトであったなら、そして、選挙終了後に、その痕跡を消していまえば・・
    ――――――――――――――――――――
    仮に、各候補者別の得票数に、発表数字と各開票区の数値の違いが発覚しても、選挙結果を覆すのは不可能である。今年のメキシコ大統領選では、14万3000投票所のうち11万3000投票所で投票数と開票数が異なる不正があったが、裁判では白。日本でも同じ結果になると思う。




    投票所99%が終了時間繰り上げ、開票最速の県
    2012年12月10日07時03分 読売新聞

    16日投開票の衆院選で、群馬県内953投票所のうち、99%以上の投票所が投票終了時間を繰り上げることが、県選挙管理委員会のまとめでわかった。

     公職選挙法で定める午後8時まで行うのはみなかみ町の9投票所のみ。繰り上げは、経費削減や“日本一”とされる開票の早さにつながるが、「投票機会を奪う」との声も上がっている。

     投票終了時間は、開票所までの票の搬送時間などを考慮し、各自治体の選管が投票所ごとに繰り上げることができる。

     県選管によると、今回、投票を最も早く締め切るのは、神流と中之条両町の山間部を中心とした17投票所で、午後5時に終了する。

     また、みなかみ町を除く34市町村のうち、午後7時までに全ての投票所の投票を締め切る自治体は23市町村、午後6時までが11市町村。2009年の衆院選は午後8時までが5市町、午後7時までが20市町村で、前回より繰り上げを実施する傾向は強まっている。

     自治体が繰り上げを実施する背景には、開票作業を早められ、職員らの人件費削減を見込めるからだ。今回は、午後8時に開票をスタートする自治体が31に上る。

     また、「選挙結果を早く知りたい」という地域の声も大きい。区長会が投票繰り上げで開票開始を早めるよう依頼する例も県内であった。

     元々、本県の開票作業は全国でも早いことで知られる。開票スピードを調査している早稲田大マニフェスト研究所によると、11年の統一地方選の開票時間は平均1時間6分で全都道府県で最速だった。

     ただ、県選管は「有権者の投票の機会を奪う恐れがある」と懸念する。11年の県知事選は全35市町村が繰り上げたことから、県選管は知事選後、特別な理由がない限り、繰り上げの再検討をしてほしいと各自治体に要請した。

     要請を受け、みなかみ町は、全投票所で前回衆院選より終了時間を延ばしたが、多くの自治体は「日が暮れるのが早い冬の選挙は往来が危険」などとして、今回も繰り上げを実施する。

     県選管は「各自治体が繰り上げるのは、期日前投票の利用が浸透し、遅くまで開票所を開くメリットが減っているとの考えも働いているようだ」と分析している。




    全市町村で投票終了繰り上げ
    福島民報( 2012/12/15 11:45 カテゴリー:主要 )

     衆院選で、県内59市町村の1301投票区(1312投票所)全てが終了時刻を1時間から4時間繰り上げる。県選管委によると、全投票区で終了時刻を繰り上げるのは、平成9年に公職選挙法が改正され、投票終了時刻が原則午後6時から午後8時に変更されて以来初めて。
     前回の衆院選では郡山市と南相馬市が全投票所の投票終了時刻を午後8時としたが、今回は両市とも午後6時までとする。両市の選管委はいずれも期日前投票の制度が周知されているため、としている。
     繰り上げ時間別の投票所数は、2時間繰り上げ(午前7時~午後6時)が1017投票所で最も多い。次いで多いのは1時間繰り上げ(午前7時~午後7時)の251投票所、3時間繰り上げ(午前7時~午後5時)は38投票所。公職選挙法で認められている限度の4時間繰り上げ(午前7時~午後4時)とするのは喜多方市の5投票所となっている。
     また、川内村は郡山市の仮設住宅に設ける1投票所の投票開始時刻を2時間繰り下げ午前9時からとし、終了を3時間繰り上げ午後5時までとする。村は、この仮設住宅に期日前投票所も設置したため、周辺に住む被災者の多くは投票を済ませたとみている。





    [六道輪廻サバイバル日記]【衆議院選挙】不正選挙防止キャンペーン
    12/12/10
    http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=38249
    今回の選挙は年明けと見られた衆議院選挙が野田総理の急な発言で2日後に急な解散、そして12月16日投票と不自然な日程で行われる運びとなりました。

    民主党の3党合意の消費税増税法案への反対票を投じた議員がぞくぞくと離党し新しく新党を立ち上げました。

    そうした新党は年内選挙になりますと政党助成金が一銭も入ってきません。
    懐事情により全国の小選挙区に候補を擁立する事が難しくなりました。

    その後はマスコミ各社の世論調査が続々と発表され、ネットの支持率と大幅に違う結果を各社とも打ち出しました。

    この世論調査は本当に民意を反映したものなのでしょうか?

    そしてTVマスコミでは、一政党の総裁を総理と呼び間違えるワザとらしい演出そして持ち上げ、新党にはアピール時間の割り当てを少なくし途中で司会者が遮る場面もあり、かな­り偏向した内容となっています。

    それにこの度の選挙の集計は自動読取りマシーンを使用する自治体の数が増え混乱が予想されます。

    このシステムは投票箱から専用投票用紙を自動で取り込み自動集計するという優れもので(株)ムサシのテラックCRS-VAがほぼ独占状態で使われています。

    自動選別された投票用紙は集計結果をコンピューターにデータとして開票結果を出します。

    この集計のデータあらかじめ特定の候補に有利なプログラムを入れておけば簡単に不正ができます。


    これは選挙の電子化が進んだアメリカで、既に問題となっている事で選挙の近代化が進むと発展途上国のような不正な選挙が、まかり通るという時代に逆行する結果を出しています。

    又、ジョージ・ブッシュが大統領に選任された選挙においては相手候補アル・ゴアの得票が海に棄てられたという疑惑もあります。




    自民圧勝で我国は建国以来最大の危機を迎える
    2012-12-12
    http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-833.html?no=832
    安倍自民党の公約は、日本国民のためにならないものばかりなのに、何故こんなことになるのでしょうか? 我国の最大の輸出先である中国では、ようやく反日運動も下火となり、日中貿易も回復しつつあります。この矢先にウルトラ右翼の安倍内閣ができたら、この流れに水を差すことになります。

     安倍晋三は来年1月中旬の訪米を米側に打診したそうですが、浮かれ気分での勇み足と見ることはできません。安倍は候補者全員に、「踊らされ、惑わされ、有頂天になるな」と記した文書を送っていますから、自分は冷静なつもりなのです。自民党圧勝というシナリオが作られていて、その通りに進んでいると見るべきです。

     もちろん、そのシナリオには米国も一枚噛んでいます。オバマ政権は、来年になると「財政の崖」にぶち当たって、一層の奈落に陥らざるを得ません。そうした状況で日中間でよろしくやられたら困るわけで、安倍に日中離間をさせようというのです。

     安倍自民党が憲法改正を迂回して国家安全保障基本法を成立させ、集団的自衛権行使を可能とする形を実現したら、日中間は再び険悪となり、今度こそ戦争の瀬戸際に追いやられます。本当に戦争するかどうかはともかく、日本経済が大打撃を受けることは間違いありません。

     自民党が政権を握ったら、国防軍を創設し、原発は再稼働、TPPには参加するという流れになります。白川日銀総裁を引きずりおろし、米国を助けるべく日銀に大量の国債を買わせて弱体化し、円の力を弱めることでしょう。偽りの景気を演出すれば消費増税を予定通り実施できますし、円安が進めば燃料費が高騰して原発再稼働もやりやすくなります。

     このように総選挙で自民党が圧勝すれば、考えうる限り最悪の状態となります。参院はねじれ状態ですが、民自が組めば関係ありません。

     自民単独で過半数を制することができなくとも、民主や公明、維新などと連携すれば同じ結果となります。これを覆すには、日本未来の党など第3極が過半数を取る必要がありますが、とてもそのような状況ではありません。残念ながら、成り行きは極めて悪いと言わざるを得ません。




    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1480-e76226f1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。