11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    着実に滅びへ向かっている 

    Punk's Not Dead IV 
    2012/12/13 00:02
    http://alisonn.blog106.fc2.com/blog-date-201212.html より

    着実に滅びへ向かっているよね。結局、この国は3.11を契機にたがが外れたのだと思う。原子炉が崩壊し、膨大な放射性物質が漏れ出しているにかかわらず、メディアが安全だと言えば、国民は安全だと認識するのであり、つまり認知支配が完成形に達したのであり、冤罪も増税も徴兵も売国も何でもありだ。

    自分にとっては原子炉が爆発するシーンより、避難もせず3万人がプロ野球のオープン戦につめかけドンチャカやっている光景がよっぽどホラーだったのだけれど、それを見て「この国は見殺しにする気だ」と悟ったわけだ。

    流通される汚染食品の放射線濃度というのが3.11前の規準では核廃棄物として処理されるレベルなのであり、つまるところ莫大な国家賠償に応じる、あるいは被曝にかかわる医療・保障費など公的支出を増やすくらいなら、国民に死んでもらおうと言うことだろう。

    原子炉が破滅的な状態にかかわらず冷温停止という虚言がまかり通っているのだけれど、これはヨゼフ・ゲッペルスの「嘘も1000回繰り返せば真理になる」という恐ろしく原初的な統治スキームの実践なのであり、おそらくこの国の衆愚は人類史において究極レベルにあるのだと思う。

    「食べて応援」とか狂ったキャッチが横行しているが、つまり「被曝して応援」ということなのであり、被災地の応援ではなく既得権益の幇助であるわけだ。「戦争は平和である」みたいな矛盾語法なのであり、ジョージ・オーウェルが提唱したダブル・スピークなのであり、この国がすでに暗黒国家の体系である証左であり、つまり「人も社会も、まず言葉から狂っていく」ということなのだろう。

    ガレキの拡散、汚染食品の流通が近未来にもたらすものは、水源と農地の壊滅であり、食料の対外依存であり、疾患の爆発であり、加速的な人口減少であり、社会保障の破綻であり、国民生活の破壊であり、歳入の枯渇であり、経済の縮小であり、地価や株価の暴落であり、つまり国家の終焉ではないのか?

    天皇皇后両陛下が除染の視察だとか、プロパガンダに駆り出されていたのだけれど、国家象徴に対する不敬であり、あきらかな冒涜であり、あのご夫婦の痛ましい姿が、この国の滅びを象徴しているように感じたのは自分だけなのだろうか?

    右翼団体という連中は抗議の街宣車1台出動させるわけでもないのだから、小銭もらって特攻服着てマイクでワーワーわめくだけの集団なのだろう。自分のほうがよっぽど愛国者だ。

    昨年12月、野田佳彦が冷温停止を宣言した当日、「ふくしま集団疎開裁判」において請求は棄却され、国策として児童を被爆地に放置することが決定されたのだが、これについて岡田克也は「金がないから(疎開させない)」と明言している。特別会計の余剰金は200兆円もあるのだけれどね。

    おそらくピノチェトやスターリンやポルポトですら、これほどまで非人道的な言質は残さなかったと思うのだが、それほど為政者は国民を舐めきっているわけだ。事実として、この国の民衆は思考するという人間の基本行為をメディアに委託し、知的営為の一切を放棄している。

    ホロコーストやエスノクレンジングは特定民族の抹殺を目的としているのだから、成人よりもむしろ児童を執拗にターゲットとするのだけれど、我々の眼前にある現象はそれそのものではないのか?教育機関はろくに給食の検査もせず、むしろ率先して汚染食品を児童に摂取させ、それが愛国的だとかほざいているのだが、目的が種の断絶だとしか思えない。

    サンプリングした首都圏の児童36%に甲状腺異常が発見されているのであり、事態は想像以上に進捗しているのだろう。

    優生学会を組織したマディソン・グラントは「去勢手術は人間のカスに押し付けるべきだ。最初は犯罪者、病人、つぎに弱者に広げ、最後に価値のない人種に広げる」と語っているのだが、この暴言が覇権主義者の内在論理であることは疑いない。

    いまだ自分はこれほどの社会狂気を構造化するエートス(精神構造)がよくわからないのだけれど、我々の理解を超越した壮大なプロットが進行していることだけは間違いないのだと思う。

    この国の崩壊によって誰が利益を得るのか?誰が領土を獲得するのか?誰が資源を独占するのか?その仮説に全てが集約されるだろう。

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    この国を崩壊させたい理由→日本近海のガス田が世界のエネルギー構図を塗り替えるレベルで存在する、くらいしか思いつきません。
    あとは領土もないし、人も洗脳済みだし。

    URL | megumi #-

    2013/01/02 01:30 * 編集 *

    Georgeさん はじめまして
    ご紹介いただいた記事に、まったく同感です。

     わたしがこれまでを振り返りこの頃思うことは
    日本はこれから そこに暮らす人たちの屍ごと放射能汚染列島に変貌し、国力が衰退しきった時点で、豊島ならぬ世界の核のゴミ捨て島にされるのかなあと。もしその方向性がアリだとすると、日本民族存続を焦るひとたちによる他国への領土侵略が心配、現在の宗主国たるお国に手伝ってもらいアジアのどこかに占領地を得るのではないかと。侵略軍に駆り出されないために小さなお子さんのいる人たちには準備をすすめて逃げてほしいです。
     気づいた大人はできることで責任を果たす、アリの歩みですが流れを変えていきましょう。

     ご無理を重ねられませんよう。ご家族のために。ありがとうございました。
     
     

    URL | マツダマツコ #-

    2013/01/02 13:43 * 編集 *

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1494-8d0ca606
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。