11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    バンダジェフスキー博士による医師向けセミナー 講演内容まとめ 2012/3/19 日仏会館 

    バンダジェフスキー博士による医師向けセミナー 講演内容まとめ
    2012/3/19 日仏会館

    http://blogs.yahoo.co.jp/tukusinkai/36844420.html より
    http://ameblo.jp/felixkaesalyama/entry-11205152931.html より
    http://blogs.yahoo.co.jp/tukusinkai/36877553.html より
    http://blogs.yahoo.co.jp/tukusinkai/36914364.html より
    http://blogs.yahoo.co.jp/tukusinkai/36914364.html より
    http://ameblo.jp/felixkaesalyama/entry-11227357067.html?__utma=1.1360350174.1334741693.1334741693.1334791525.2&__utmb=1.6.9.1334793065047&__utmc=1&__utmx=-&__utmz=1.1334791525.2.2.utmcsr=ameblo.jp|utmccn=(referral)|utmcmd=referral|utmcct=/chihointokyo/&__utmv=-&__utmk=30138303 より

    医学大学を出て研究所にいたものの、実際にはたいした仕事はありませんでした。チェルノブイリの大事故が起きた後も、政治家や医師たちは口々に「しっかり対応している」といっていましたが、何も進んでいるとは感じませんでした。そこで大臣へ手紙を書いたのですが、「なんてこと言うのだ」と叱責をうけたほどでした。


    そして1990年、33歳の博士は、大変高い放射能汚染地域であった為に、すべての医師が脱出してしまったゴメリ州へ赴任しました。

    しかし、ゴメリへ赴任したもの、博士の肩書きだけであって、そこには何もありませんでした。そこで博士は、放射能で苦しむ人々を救うために、旧共産党本部の建物を利用して、州立医科大学の設立を行います。ところが、国からの資金援助はありませんでした。

    博士は資金集めのキャンペーンを行います。欧州機構などから資金が集まり、多くの有益な研究をすることが出来るようになります。実生活に基づき放射性物質が人体にどのような影響を与えるか。


    チェルノブイリ原発事故後、初めて本格的な研究がスタートすることとなります。母国ベラルーシには、放射能で汚染されていない綺麗な土地はまったくない状況です。そういった中で、運営には企業からの寄付でまかなっていました。

    研究を進める中で、国に対してさまざまな助言をしましたが、まったく黙殺されていました。母校へも手紙を書きましたが、こちらも同様に黙殺されます。このような状況を打破すべく、イギリス、フランスなどでも研究成果を発表。日露シンポジウムで初めて公にすることが出来ました。その後、世界中の学者たちが援助してくれるようになりました。

    原水爆実験によって、ベラルーシのゴメリにおいて大きな影響があったと考えられます。

    当時のソ連政府は市民の健康より、欧米諸国に対抗するため経済的、軍事的発展を優先していたことが伺われます。その結果、人々の健康に致命的な影響を与えました。

    私の下にいた学生がある図書館で偶然、見つけた貴重な汚染地図によって、そのことが分かりました。本当は極秘文章であって、そのような図書館で見ることはできない資料です。

    私はこの1960年代におけるセシウム137の牛乳への含有量を閣僚の前でプレゼンをし、その2週間後に逮捕されました。
    また、チェルノブイリ事故の後、モスクワに雲がこないようにその雲を爆破したためベラルーシの汚染はよりひどいものとなりました。避難させた子どもたちも、避難先で急死していきました。

    ウクライナのイワンコフ地域は、ゴメリよりひどい汚染状態にあります。2000~09年の死亡率は24.3~30.3%にものぼります。情報、施設も、きれいな食料も与えられていません。収容所のようなものです。このような状況を改善すべく400万ユーロの資金をフランスから受け取りましたが、これらの改善には利用できない状況にあります。

    大統領に真実を言い続けました。「国家が助けなければ、誰が助けるのか」と。

    東電福島第一原発の事故後も、日本政府や学者たちの対応は、旧ソ連や現在のベラルーシ、ウクライナ政府となんら変わりはありません。

    私たちには「正しい情報」を伝える義務があります。

    私のデータや、研究は人々の福祉に捧げるべきであり、どうか日本語に訳していただくことを願っております。

    2008年のベラルーシ共和国における心血管疾患による死亡は52.7%にものぼり、悪性腫瘍による死亡の13.8%の4倍にものぼります。

    これは心筋梗塞のみではありません。解剖し、その原因をしっかり解明すべきであり、年を重ねるごとに患者は増え続けています。

    ところで、子どもが白内障になることはありませんが、白内障が見られ、その子どもたちは誰一人生存していません。そのことをモスクワで発表すると「黙れ!」と・・・・・。

    投獄後、私の下にいた多くの医師たちはドイツやアメリカに行きました。

    彼らに対して、「医師は技術者ではなく、人々の為に自分のことを考えずに助け続けることが使命である。その使命を果たすために客観的なデータが必要だ」といい続けていました。人々を騙すことはできません。

    リンゴ酸、ペクチンを使った排出効果を見極める研究もしました。

    たしかに排出は活発になるが、効果は限定的であり、効果は認められない。また、人の体に大切なものまで一緒に排出してしまうため、しっかりと医師が使用の管理をしなければならない。ペクチンの効果などについて子どもは実験台して研究をするものではなく、あくまでもラットなどで行うべきです。

    放射性核種は、絶対に触れてはいけないものです。

    汚染地帯に人を戻すというのは決して行ってはいけない。

    体内に一度取り込まれると、仮に排出できたとしてもそれまでに体内は傷ついています。

    一度環境中に放出された放射性物質は、どんどん広がってしまいます。

    このようなセミナーの情報を、勉強会などを開いて、どんどん広げなければなりません。

    まず、1991年より本格的にセシウムによる内分泌の研究を始めました。

    ラットに45Bqの放射性セシウムを注入すると、ミトコンドリアに大きな異常。エネルギーシステムの不安定さによって、クレチンホスホキナーゼの抑制、活性酸素が1/2に減少など、代謝とエネルギーシステムに異常が見られました。

    38~74 Bqの放射性セシウムが体内に蓄積されている子どもにおいて、心電図に異常がないのはわずか20%にとどまります。

    心筋の代謝に大きな影響があり、酸素の取り込みにも支障をきたします。

    何故、このようなことが起きるのか、私達は考察し続けました。その結果、放射性セシウムに対して我々生物は免疫がないため、遺伝子異常や神経、内分泌機能に異常をもたらすというものです。

    ラットに対して、様々な臓器にセシウムを注入、すると心臓、血管など何処にでも蓄積することが判明しました。まったく免疫がないため、セシウムの蓄積が増すほど、その影響は深刻なものになります。そして代謝異常のほかに、不整脈も起こります。

    これらの現象の要因として、遺伝子的要因が考えられます。それは1960年代からセシウムのみならず、様々な化学物質によって、遺伝子の異常が世代間で受け継がれたことによると。また研究では鉛の血中濃度が高かったことが上げられます。これらの複合的な化学物質の影響によって、多くの機能がブロックされてしまいます。

    その為、心筋において、放射性セシウムの濃度に関係なくびまん性細胞溶解、筋肉間浮腫、筋繊維断裂などが発生します。こういった現象は遺伝子によってもたらされるため元には戻りません。

    放射性セシウムは、カリウムにその性質が似ているため、生態に大きく影響すると考えられます。

    放射性セシウムの崩壊によってもたらされるそのすさまじいエネルギー量の細胞への影響は甚大なものです。

    そして、本来カリウムから取り出されるべきエネルギーを得ることができず、血液の正常な循環を妨げます。

    私達の動物実験や疫学調査を通して、病理学的にすべての疾患をセシウム137は、悪化させることが分かりました。

    エネルギーシステムを悪化させることで、筋の収縮に影響を与えるということです。汚染地域に住んでいた人々の病理解剖をして、微量のアルコールなどを見つけると、「酒やタバコの摂取によって死んだ」と、当局は主張していますが、それは大きな誤りだと言うことができます。

    確かに放射性物質によって健康が損なわれ、絶望と恐怖から、飲酒やタバコの摂取が多くなったことでしょう。しかしそれが突然死の死因ではありません。セシウム137などの放射性物質によって、突然死がもたらされたのであり、アルコールやタバコの摂取量が原因であることは考えられません。

    セシウム137を注入したラットとゴメリで亡くなった人の肝臓の状態は、全く同じでした。それは、糸球体の壊死が見られ、私たちはこの現象を「溶けた氷柱」と名づけました。

    このことを政府当局に伝えると、「全国民に死刑宣告をするようなもの」として止められました。

    このように、すべてを隠蔽する当局と、どのように向き合うかが課題です。

    逮捕され、すべてのプレパラートは失われました。ほんの少し残ったデータを基に現在活動している状況です。

    さて、放射性核種を体内に取り込むと、再生システムプロセスより、破壊システムプロセスの力が大きいと言えます。これが恐ろしい実態です。

    日本で発売されている本は、ロシア語から英語に訳されたときに多くの誤りがあり、日本語版も精度に欠いていることを付言します。

    100Bq/㎏超の汚染地帯の子ども達に、かんきつ類などに対するアレルギー反応が大きいことが分かりました。結核も多く見られますが、治療は困難です。

    1991年から、私達はセシウムを用いた大掛かりな実験をすることになりました。その中で、妊娠中のラットにラジウムとセシウムを注入した実験がありました。ラジウムは、胎児に何の影響も与えませんでしたが、セシウムは胎児に大きな影響を与えることを突き止めました。

    母親の副腎に取り込まれた放射性セシウムの影響で、コルチゾールの数値は、その濃度と直接的な関係が表れます。臍帯を通して胎児に影響を与えることとなります。コルチゾール産生の変化は、母親が体内、特に胎盤に大量のセシウム137を蓄積した新生児に、とりわけ顕著に見られました。

    このことは、当然、新生児の誕生後の適応不能が、目に付くこととなります。特に新生児の肺に対する影響は大きいため、出産後間も無く死亡するケースの原因となっています。

    放射性核種が体内に取り込まれた場合、あらゆる臓器に影響を与えてしまうため、複数の専門医の連携による総合的な判断と治療を行わなければ、多くの命を無駄に失うこととなるでしょう。


    「どのように子ども達の遺伝子が異常を起こすのか」を確認するために、中絶した胎児を集めることになりましたが、わずか3週間足らずで多くのサンプルが集まりました。

    不妊は、セシウムの影響であると考えられますが、無視されています。旧ソ連では、不妊を治療するために、生活地域を変える試みが成果を上げていました。今となるとその理由は明らかだといえます。

    先天性の異常の研究は、旧ソ連で、純粋な動機で始められていました。チェルノブイリ事故後、ベラルーシにおいても本格的に研究がなされますが、外部で話すことを禁じられました。そして研究所も閉鎖されました。そこでの研究は命がけだったといえます。

    国民・民族は、自ら(社会のシステム)を守ろうとして、結局は自らを滅ぼすこととなります。

    現在私のいるウクライナでは、人々の健康状態は決して良くありません。クリーンな食事と妊婦に対する対策を行うべきですが、そこには何ら対策を採らず、高額な心臓手術、まして失敗する確率が高いにもかかわらず、その対策に高額の予算が費やされています。

    まして、その異常を解明するための解剖も禁じられてしまっています。

    日本ではこのようなことを避けて欲しいと願っています。この対策は政府レベルですべきことであり、政府を動かさねばなりません。

    市民レベルにおいて、この問題を沈黙することは、罪だと思います。

    以下は、質疑応答となり、博士のコメント

    病理的組織片を作るには、すべての部分が必要となります。セシウムはあらゆる部位に散在して結合します。よって、どこからの組織にあるか満遍なく調べる必要があります。

    神経システムは、脆弱であり、大脳のアドレナリン分泌が下がります。チェルノブイリ事故後、若者の自殺が多くなっている。頭部の神経系統に何らかの問題があると考えられます。

    セシウムが体内に入ると、あらゆる臓器の免疫システムと代謝システムを弱めることになります。多くの研究がなされているのに、全くそれが生かされていないのが、チェルノブイリ事故後の現状です。

    特に心臓と腎臓においては、一旦健康を損ねると、健康を回復させることは出来ません。副腎に溜まると糖尿病になります。

    鼻血は、汚染の高いところに長期間滞在すると、良く出る症状です。

    また、全員にたんぱく質の異常が見られました。出来るだけ多くの検査をする必要があります。子どもの健康の為に何が出来るか考えねばなりません。

    瓦礫の問題も、考えなければなりません。命を救うために、出来ることはやるべきです。

    放射能の恐怖に対して、無駄なものは何もありません。放射能へのアレルギーは必要です。私が恐怖を煽っていると「チェルノブイリの祈り」で書かれていますが、命が脅かされているのであり、パニックにならなくても、これほど恐ろしいものは他にはありません。

    25年経過してもベラルーシでは何も変えることが出来ません。現在ベラルーシは絶望的な状況にあり、一種のあきらめに似た状況です。

    自然放射性物質のカリウム40は、常に人体内において一定量を保っていますが、人工放射性物質セシウムは細胞内に取り込まれるとシステムを破壊し、危険な状態になります。

    食物などでシーベルトによる測定は意味がなく、あくまでもベクレルで表示すべきであり、常に0ベクレルを目指すことが求められます。それ以外の努力は無駄に近いといえます。(ゆえに汚染地帯にい続けることは健康を守れません)

    何処の臓器でもセシウムの半減期は同じです。

    以上

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1513-4bf5cfaf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    バンダジェフスキー博士による医師向けセミナー講演内容まとめ2012/3/19日仏会館〔原発問題〕

    バンダジェフスキー博士による医師向けセミナー 講演内容まとめ 2012/3/19 日仏会館 http://george743.blog39.fc2.com/blog-entry-1513.html

    NAMAENAKIのつぶやき

    2013/01/24 03:43

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。