11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    震災がれき広域処理反対で相次ぐ逮捕 大阪の異常な状況 2013年1月25日 井部正之 

    震災がれき広域処理反対で相次ぐ逮捕
    大阪の異常な状況
    2013年1月25日 井部正之 [ジャーナリスト] Diamond Online

    2011年3月の東日本大震災で発生した震災がれきを、全国各地で受け入れて処理する、いわゆる震災がれきの「広域処理」。現在大阪市が計画している「広域処理」に対して反対運動が続いているが、そうした反対派の逮捕が相次いでいる。2012年12月には関西の広域処理反対運動のリーダー的な存在である阪南大学の下地真樹准教授ら3人が逮捕された。下地氏ら2人は20日の拘留後、釈放されたが1人は起訴された。がれき広域処理の反対運動に対する弾圧との指摘もある一連の警察介入の真相に迫るとともに、今年2月にも震災がれきの受け入れを本格実施するともいわれる大阪市の状況を報告する。

    逮捕時から疑問も

    〈重要! 今朝、もじもじ先生こと下地さんが逮捕されました〉

    12月9日午後12時50分に簡易投稿サイト「ツイッター」で発信されたつぶやき(ツイート)がインターネット網を駆け巡った。

    これが「モジモジ先生」の愛称で知られる、阪南大学経済学部の下地真樹准教授の逮捕を伝える最初の情報だったとみられる。筆者がそれを目にしたのはその日の夜になってからで、関連したツイートをまとめた、いわゆる「まとめサイト」がつくられた後のことだ。冒頭のツイートとあわせて「まとめサイト」のウェブページのアドレスが送られてきており、そこには逮捕の一報を伝える新聞記事へのリンクも張られていた。

    リンク先の〈「がれき反対」無許可デモで大阪駅業務妨害阪南大准教授ら逮捕〉との見出しの産経新聞記事は次のように報じている。

    〈東日本大震災で発生したがれきの受け入れに抗議するデモ行進をJR大阪駅構内で無断で行い、駅側の警告に応じなかったとして、大阪府警警備部などは9日、威力業務妨害と不退去の容疑で、阪南大准教授の下地真樹容疑者(40)=大阪市西区新町=ら2人を逮捕した〉

    大阪府警の発表のみを情報源としたこの記事には、下地准教授らが大阪駅の〈構内を約250メートルにわたり行進した〉〈10月17日午後2時40分ごろから約1時間半にわたり、JR大阪駅(大阪市北区)で「がれき反対」とシュプレヒコールを上げながら練り歩いたり、ビラを配布したりして駅側の業務を妨害した〉とも書かれていた。

    記事を読んで感じたのは、逮捕そのものへの驚きと、下地准教授がそんなことするだろうかという被疑内容への疑問だった。

    筆者は11月に下地准教授を取材しており、そのときの印象では新聞報道にあるような軽率な行動を取るような人物には思えなかったからだ。

    11月の取材時は、最初の逮捕者が出た後で、下地准教授は「不当逮捕なんです」「大阪の警察の対応は異常で、何を理由に逮捕されてもおかしくない」と話していた。こうした認識があれば、当然それだけ注意して活動していたと思うのだ。それもあって被疑事実についてはにわかに信じられなかった。新聞報道でいうところの「無届けデモ」が行われてから2ヵ月も後になって逮捕したことも不自然だった。

    下地准教授の逮捕についてネット上では、すでに逮捕当日の段階で「不当逮捕」「表現の自由への侵害」との指摘が出始めていた。一方、「うるさいと迷惑」「自業自得」といった冷淡な意見もあり、議論になっていた。加えて、原子力を推進する「原子力マフィア」による弾圧といった陰謀論的な主張まで出始めていた。逮捕直後で十分に情報がないこともあって、かなり混乱した状況だったことがうかがえる。

    押収目録には「不退去」なし

    下地准教授ら3人の逮捕は、大阪市の震災がれき広域処理の反対運動に関連する逮捕としては3件目だ。最初は2012年10月5日、関西電力本店前で原発再稼働に抗議するデモに参加していた男性(48歳)が大阪府警に公務執行妨害罪、傷害罪の容疑で逮捕された。このデモは原発の再稼働反対が中心だが、場所によって広域処理への反対を訴える人がいたりと、さまざまなのだという。この男性は再稼働反対だけでなく、広域処理への反対運動にも参加していたそうだ。

    2件目は同11月13日、大阪市が此花区で開催した広域処理の説明会に関連して起きた。広域処理に反対する人びとが説明会開催前に抗議行動をしていたところ、警察官らともみ合いになり、4人が建造物侵入や公務執行妨害の容疑で逮捕された。

    そして今回の下地准教授ら3人の逮捕である。計3件で逮捕者数は延べ8人(1人は11月13日に逮捕されており、12月に再逮捕)に上る。

    12月の逮捕段階では、いずれの事件でも新聞は警察発表に基づく逮捕の一報を伝えたのみ。先に挙げたように、ネット上では「不当逮捕」との指摘がある一方で、「逮捕は当然」といった論調も見受けられ、真偽不明の情報もあって詳細まではわからない状態だった。

    これら一連の逮捕がどのようなものなのか実際に関係者に会って確かめるため、筆者は12月中旬に大阪を訪れた。下地准教授の妻の蕭照貞(しょう・しょうてい)さんは逮捕当日のようすをおおよそ次のように証言する。

    「12月9日朝8時、日曜の朝ということもあって2人とも寝ていたのですが、玄関のチャイムが3回たて続けに鳴りました。最初ご近所さんかなと思いましたが、近所のひとならそんなに連続してチャイムを押したりしない。それでいたずらだろうかと思いながらインターホンに出ると警察でした。私は混乱してしまって、下地にいったら『落ち着きなさい』といわれました。

    玄関を開けたら、警察はいきなり逮捕状を読み上げ始めました。下地は『やられた』といった顔をして、そんな内容のことを口にしていました。あり得ないところでやられたと思っていたのでしょう。

    私は混乱していたので10月17日のことが理由ということ以外、逮捕状の内容は細かく覚えていません。意味がわからず、『もう一度ゆっくり読んでください』と頼みましたが、警察のひとに『あとで奥さんには説明するから』といわれました。

    逮捕状を読み上げたところで、いきなり下地を連れて行こうとしたのですが、下地が抗議して、歯を磨いて、トイレに行って、服を着替えてから、手錠をかけられて連れて行かれました」

    警察は7人で訪れ、下地准教授が警察に連れて行かれたのは8時10分ごろという。

    「犯人でもないのに手錠をかけられたのがすごく嫌な感じでした。下地がトイレに行くときも、自宅はマンションの20階で窓もないのに、逃亡とか証拠隠滅の防止とかわけのわからないことをいわれて、ドアを閉めさせず、隙間をあけたままでした」(蕭さん)

    その後は4時間にわたる家宅捜索を受けた。警察はパソコンやビデオカメラ、ビラといったもののほかに、下地准教授が脱原発や広域処理の問題を訴える替え歌を歌うさいに使うタンバリンや、街宣用のマイクとスピーカーなど、129点におよぶ「証拠品」を押収していった。押収点数が多いのはビラ1枚でも1点と数えているためで、共用のパソコンを押収されたことが不便で困ったという。


    「下地にカメラ回せっていわれたけど、怖くてできなかった。録音もしようとしたけど、警察から家宅捜索中は録音とか撮影はダメといわれてできませんでした。前日に洗濯をしていて、洗濯物を室内で干していたので、警官は洗濯物の下をくぐって家宅捜索してた。下着もぶらさがってて、(押収品の)写真を撮るときに『いやだったら取りなさい』と女性警官がいってくれたが、混乱していたこともあって洗濯物をどこにやっていいかわからず、そのままにしていました」(蕭さん)

    警察が「あとで説明する」といっていた逮捕理由は改めて説明されることはなかったと蕭さんは話す。結局、家宅捜索後の押収品の目録の押収理由の欄に容疑が記載されていたのを見て、初めて逮捕理由がわかったという。

    その書類を見せてもらったところ、〈被疑事件につき、目録の物件を押収したので、被疑者○○(資料ではほかの逮捕者の名前)外2名に対する鉄道営業法違反、威力業務妨害〉などとごく簡潔に記述されていた。新聞報道にあった「不退去」容疑はどういうわけか記載がなかった。

    逮捕の可能性を認識か

    下地准教授の威力業務妨害や不退去といった容疑について蕭さんは「10月17日は一緒にいなかったが、下地はそういったことは注意していたので絶対違う」と断言する。たまたま聞いていた当日の状況からも違うはずだという。

    蕭さんもしばしば広域処理反対や脱原発を求めるデモや抗議行動に参加し、下地准教授にいわれて活動のようすをビデオで撮影したりしていた。すでに逮捕者が出た後ということもあって、下地准教授が逮捕の可能性を意識して注意して活動していたことを直接見ていたことも、蕭さんが「絶対違う」と話す根拠となっている。そのため「本当はこの件で逮捕されたのではなくて、はめられたんじゃないか」と感じていた。

    家宅捜索のとき、蕭さんは女性警官から「ご主人が逮捕されて、奥さんひとりでかわいそう」と同情された。そこで蕭さんは「デモはダメ?」と聞いてみた。

    すると警官は「デモがダメとはいってない。でも方法に問題がある」と答えたという。

    蕭さんは警官に「関電前(のデモ)ですか、天満署の抗議(が理由)ですか」と尋ねたら「あれは問題ない」と返ってきた。だが、「絶対嘘だと思った」(蕭さん)。

    蕭さんには心当たりがあったからだ。それはたとえば、関電前のデモや(最初の逮捕者が容疑をかけられた)天満署への抗議行動のさい、警察側がずっと参加者の写真を撮っていることに「肖像権の侵害」と言って抗議し、その根拠を追求したとき、警察側は答えられず、恥をかかせた場面が何度もあったのだ。警察はそれを恨んでいるのではないかという。

    しかし、いかにもありそうな話ではあるが、証拠はない。

    蕭さんによれば、下地准教授は逮捕される可能性について認識していたという。

    「最初の逮捕後から、『警察がやろうとしているのは弾圧かもしれない。抗議行動が標的じゃないか。だから慎重にならないと』と話していた。10月からいろんな人が逮捕されて、天満署の抗議行動でも100人くらいの警官がいた。だんだん抗議行動が厳しくなっていたが、『慎重にやれば大丈夫』といっていた。ただ『警察がやろうと思ったらやり放題なので、それは防げない。だから逮捕の可能性はゼロではない』と以前からいってました」

    次回も、下地准教授の逮捕から透けて見える、警察側の思惑を追求していく。

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1578-119287d5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。