11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    「集団でデモ行進」と発表も 大阪府警は被疑内容を説明できず 2013年2月1日 井部正之 

    「集団でデモ行進」と発表も
    大阪府警は被疑内容を説明できず
    2013年2月1日 井部正之 [ジャーナリスト] Diamond Online

    2011年3月の東日本大震災で発生した震災がれきを全国各地で受け入れて処理する、いわゆる震災がれきの「広域処理」。現在大阪市が計画している「広域処理」に対して反対運動が続いているが、そうした反対派の逮捕が相次いでいる。2012年12月には関西の広域処理反対運動のリーダー的な存在である阪南大学准教授の下地真樹氏ら3人が逮捕された。下地氏ら2人は20日の拘留後、釈放されたが1人は起訴された。がれき広域処理の反対運動に対する弾圧との指摘もある一連の警察介入の真相に迫るとともに、今年2月から震災がれきの受け入れを本格実施する大阪市の状況を報告する。

    “違法”とされた街宣活動

    2012年10月17日午後4時ごろ、JR大阪駅を出た北側の歩道に男性の歌声が響く。

    ロックバンド「THE BLUE HEARTS」のヒット曲「キスしてほしい」の替え歌だ。それはこんな歌詞である。

    〈いつまで僕ら被曝してるの
    このままずっと我慢するのかい
    はちきれそうな汚染の中で
    生きていくのは息苦しすぎる

    気付いてほしい危険なことに
    気付いてほしい目をそらさずに
    僕らの未来奪われぬように
    気付いてほしい
    気付いてほしい
    気付いてほしい〉

    放射能汚染の問題を訴える、この替え歌を熱唱していたのが阪南大学経済学部の下地真樹准教授である。2012年12月9日、下地准教授ら2人が逮捕された理由とされている10月17日午後のJR大阪駅前での街頭宣伝活動の一幕だ(11日に1人が再逮捕され計3人逮捕)。

    このときの街宣活動は午後3時ごろから約1時間にわたって、放射能や大阪市のがれき処理の危険性を伝え、反対を呼びかけるというものだった。当日は4~5人が発言し、下地准教授は約20分間、震災がれきの広域処理問題を訴えた。下地氏は抗議行動の際、しばしば原発や放射能の問題を訴える替え歌を披露しており、このときも最後に1曲歌ってしめくくった。それが冒頭に一部を紹介したものだ。


    この日は午後3時から計4件の活動がおこなわれた。当日の予定を記載したビラによれば、午後3時から3時45分に「梅田で街宣」、その後徒歩で市役所横へ移動し、5時から市役所脇の川沿いで「大阪市役所抗議行動」、6時半から南天満公園で集会し、7時10分に公園を出発し梅田までデモ行進となっている。

    この一連の抗議行動を主催した「ちょっと待って!放射能ガレキ関西ネット」の山田敏正さんはこう説明する。

    「もともと大阪市が11月に震災がれきの試験焼却を実施するということで、その前に何かやろうということで、10月17日の夕方から抗議行動を計画していました。反対している市民の方は小さいお子さんを持った女性が多いのですが、そういう方は夕方は晩ご飯の支度などで家に帰っていないといけない。小さい子どもを連れた主婦でも参加できるようなイベントはできないかと主婦の方から提案があって、それで急きょ午後3時から大阪駅前で街宣することになったんです」

    午後3時からアピールをしたJR大阪駅北側の歩道は、毎日のようにストリートミュージシャンが路上ライブをしていて、通行人が音楽を楽しんでいる場所で人通りも多い。それでアピールに最適と判断したという。

    午後6時半の公園での集会やその後のデモについて山田さんは「きちんと許可を取っている」と話す。その時間以前の梅田や市役所脇の街宣や抗議行動については、公道上で政治的主張をするだけでありデモではないため、許可の取得は必要ないとの判断だ。ところが、その一部が大阪府警によって“違法”とされたのだった。

    初めて大阪での抗議行動に参加した滋賀県の女性はこう話す。

    「下地さんは広域処理がいかに不当なのか、被災地の復興資金からお金が出されることや、がれきといっしょに放射能が持ってこられることを訴えていました。そういう話をしていたと思ったら急に歌い出して、私も笑っちゃったんですよ。かなりたくさんの方が立ち止まって熱心に聞いてましたよ。それが通行の邪魔になってということはない。私はずっと見てましたが、下地さんがJR職員から注意されることは一度もありませんでした」

    「集団でデモ行進」と発表

    2012年12月に下地准教授ら3人が逮捕(1人は再逮捕)されたのは10月17日午後のJR大阪駅前での街頭宣伝活動で“違法”行為があったことが原因と報じられた。

    その事実確認のため大阪府警広報課に記者発表資料の提供を求めたところ、「原則としてフリーの方にはお渡ししてない。理由はわからないです」と記者クラブ加盟社ではないことを理由に拒否された。

    取材には応じるというので、発表内容を尋ねるとこう答えた。

    「10月17日、大阪駅構内において、通行人などに対してビラ配布をしながら、拡声器を用いて演説・集会を行い、警告する駅員の足を踏むなどしたうえ、ガレキ反対などとシュプレヒコールを繰り返して、駅構内を集団でデモ行進し退去せずに威力を用いて業務を妨害したものである」

    これらの行為が威力業務妨害(刑法234条)、不退去(同130条)に該当し、3名の被疑者は共同正犯(同60条)でもあるという(当初発表は2人のみ。1人は11日に発表。被疑事実は同じ)。また大阪駅構内での演説・集会といった「不退去」に該当する行為は当日の午後2時34分から午後4時12分までの1時間半あまりとしている。

    「鉄道営業法にも触れるんですけど、科料(罰金刑)だけなので逮捕理由ではない」(大阪府警)

    記者発表資料の内容はこれに下地准教授ら3人の被疑者の氏名や住所、年齢、職業が記載された程度という。

    また以下のような状況説明もしたと担当者は話す。

    「(不退去に該当する時間の)前半は大阪駅の北側でビラ配布や街頭演説。その場所でも大阪駅の駅員から、敷地内でそういうことやめてくれと警告されています。その後駅の南側に集団でデモ形態のようなかたちでアピールとしながら通行した。デモ形態といってもきれいな4列とか5列ではないんですが、集団で40人くらいが南側に移動した。そのときもデモ形態とかで、ハンドマイクとかでアピールしながら集団で移動するのはやめてくれと警告しています。普通の形態ならいいですけど、そういう形態では入らないでくれというので警告している」

    「大阪駅の御堂筋通路を通っているのですが、このコンコースに入るときはガラスのドアもあるんですね。常時開いているんですが、この入口で(デモ行為をしながら)コンコースを通るなと警告されているんですけど、そこで駅員の足を踏んだり、駅員を押しのけたりしてコンコースに入っていった」

    大阪府警によれば、記者からはたいした質問も出なかったという。

    大阪府警の発表通りであれば、下地准教授ら約40人は駅構内で演説などを強行した後、大阪駅職員の制止を振り切って駅コンコースに突入し、デモ行進を行ったことになる。暴力的といってよいような内容で、逮捕の一報を伝える新聞記事はまさしくその通りの書きぶりとなっている。この記者発表にはいくつも問題があるのだが、のちに改めて取り上げる。

    警察発表と食い違う参加者証言

    大阪府警の説明では午後2時半ごろからJR大阪駅構内でのビラ配りや演説・集会を駅員の制止にかかわらず強行し、その後、駅構内をデモ行進したことになっているわけだが、参加者に話を聞くと、かなり様相が異なる。

    まず駅構内での演説・集会だが、主催団体のメンバーである前出の山田さんは「歩道側と駅構内でタイルの色が違うので、最初にここからこっちで、歩道上で街宣しようねと下地さんも含めて話をしていた。街宣では下地さんはがれきを燃やすことの危険性を切々と訴えていただけで、駅構内に立ち入ることは一度もありませんでした」と否定する。

    参加者の60代の男性も「下地さんがマイクで話していたのは歩道側で、歩き回ったりもしていない。駅構内で演説や集会なんて嘘っぱちです」と話す。同様の証言は5~6人から聞いた。

    当日街宣していた場所も案内してもらったが、たしかに歩道とJR大阪駅の敷地の境界はタイルの色が違っていてはっきりわかる。事前に打ち合わせまでしていたら、間違って入ってしまうとは考えにくい。


    10月17日に下地准教授らが大阪市によるがれきの焼却反対を訴えていた歩道。右手がJR大阪駅。タイルの色が違うので敷地の境がはっきりわかるPhoto by Ibe Masayuki
    駅構内でのビラ配りについては、「市民が集まっていたので、私たちの団体ではないのですが、JRの駅構内でビラを配る人が出てきた。それについてJR職員がやめてくださいといったので、すぐに駅構内で配るのはやめて、歩道で配るようにしていた」(山田さん)という。

    JR職員の制止を振り切って「駅構内を集団でデモ行進」したとの件も同様だ。山田さんによれば、ビラにあるように街宣後移動しただけという。

    街宣をしていた場所から大阪市役所まではJR大阪駅構内を通るより、その手前の階段を下りて地下道から行くほうが近い。だが、ベビーカーを押した主婦が階段を通るのは大変だろうという配慮から駅のコンコースを通ることにした。皮肉なことにそれが逮捕の大きな理由とされた。実際に駅構内を通った状況について、山田さんはこう説明する。

    「街宣には50人くらいいたと思います。街宣後、30人くらいがそこから駅の南側に通り抜けて市役所に向かいました。三々五々歩いていっただけでデモ行進なんてものではありません。たしかに大阪駅構内のコンコースに入っていくときに、JR職員がやめて(通らないで)くださいと制止した。でも普通に通るだけなんだからと通った。『通るだけやからええやないか』と大きな声で言った人もいましたが、下地さんはそういう口論にもかかわっていません」

    実際に大阪駅構内を通り抜ける際、下地准教授の近くを歩いていたノンセクトの活動家、MUさん(40代)も「下地さんがJR職員と駅構内でもめたりなんてことはなかった」と警察側の主張を否定する。

    このとき山田さんは街宣後の片付けをしてから移動しているので、後ろのほうから出発し、ほかの参加者たちが歩いていくのを追い越していったそうだが、「駅構内でシュプレヒコールを上げたり、メガホンで何か言ったりということはなかった」という。ベビーカーを押した子連れの主婦は数人いたそうだ。

    滋賀県の女性も逮捕者が出たことに驚きを隠せないようすでこう話す。

    「人数は割と多くて、何人かごとにぞろぞろ歩いている感じ。いっせいにシュプレヒコールしているわけじゃないし、プラカードをわーわー上げているわけじゃない。皆さん粛々と歩いていた。それをデモというのは無理があると思います。天井低いところですから、叫んだら響きます。そういうのを聞いた記憶はないですね」

    人数については、話を聞いた人によって30~50人程度と違っているが、駅構内を通り抜けた状況については大差ない。プラカードなどをたしかに所持してはいたが、大阪府警のいう「ガレキ反対などとシュプレヒコールを繰り返して、駅構内を集団でデモ行進」との状況はなかったと口をそろえる。移動時に前のほうを歩いていた男性(60代)、比較的後ろのほうにいた滋賀県の女性、後ろから追い越していった山田さんなど、5~6人から話を聞いたが、共通している。そして、こう証言した。

    「下地さんが逮捕される理由があるとは思えない」

    警察が「挑発」と指摘

    もうひとつ、当日の参加者が共通して証言することがある。それは警察やJR職員による対応の異常さである。

    午後3時ごろからJR大阪駅前での抗議行動を始める段階でそれは顕在化していたという。

    「聴衆が50人くらいいたのですが、それと同じくらいの人数の警察やJR職員が入り交じった状態でずっと見張っているんです。ビラを配っていた人なんかが少しでも敷地内に入ってしまうと即座に『敷地内でビラを配らないでください』とか『デモ行為をしないでください』とくる。異様な雰囲気でした」(男性の参加者)

    MUさんはこのときの様子を見て危険を感じた。

    「ビラ配りから公安がいっぱいいた。こりゃ、あかんて誰でもわかるじゃないですか。10月5日の(逮捕の)ように誰か持って行かれる(逮捕される)なと思った」

    大阪駅構内を通る際も、むしろ多数のJR職員が「駅構内でデモ行為をしないでください」と言いながら、立ちふさがったりして執拗に通行の邪魔をしたという。


    「駅構内を通るとき、最初はJR職員が立ちはだかっていました。(顔から10センチくらいを手で示しながら)こんな近くまで寄ってくる。ぼくなんて、これくらいの距離で大阪駅の副助役にマスクを取られました。『なんで顔ださへんねん。マスクとれ』って怒鳴られてマスクはがされました。やくざかと思いました。

    移動中もただ歩いているだけなのに、ずっと横から『デモ行為やめなさい。無届けデモやめなさい。ここは駅構内です』とJR職員や警備員が威圧的に言い続ける。その近くには私服警官が待ち構えている。お母さんとか子どもとか女性には(挑発に)来ない。男全員でもないですね。身体を張るような人にだけ来る。挑発して公務執行妨害で(逮捕に)持っていく。そんな雰囲気でした」(MUさん)

    JR西日本広報部に確認したところ、「広報からお答えするのは難しい」と回答を避けた。なお、副助役との役職はなく、副駅長か助役の見間違えと思われる。

    JR大阪駅構内を抜けてからも妨害は続いた。

    「JRの敷地内では警察は黙っていたのですが、敷地を出た瞬間にポケットから公安の帽子だしてかぶって、市役所に着くまでずっとカメラで撮影しているんですよ」(MUさん)

    滋賀県の女性もこのときのようすには驚いたと話す。

    「駅を出て市役所に行くときに、公安がびたっと私たちにくっついてきて、写真ばしばし撮りだした。人数もすごい多くて何事かと思った。そうしたら公安が私の前にいきなり割って入ってきて、前にいた男性を取り囲むようにして、指さしてから写真を撮り始めました。だから、私転びそうになりましたよ。突然割りこまれて。みんな写真撮るの止めてくれっていってました。こんなことは滋賀県や京都ではないですよ。公安は全員を撮ってるんじゃないかってくらいずっと撮ってましたよ。本当に異様な感じでした」

    このとき、下地准教授は「警察の挑発に乗らないように」と呼びかけていたという。

    大阪府警は「採証活動(証拠収集活動)はしてます」と認めるが挑発行為は否定する。歩いているところをいきなり取り囲んで写真を撮るような行為は、筆者には異常としか思えないが、警察では当たり前ということだろうか。

    説明できない被疑事実

    昨年12月9日当初の警察発表時、記者からはたいした質問も出なかったと大阪府警は説明していたことはすでに述べた。だが、筆者はごく素朴な質問をいくつかしただけで、おかしなことがたくさん出てきた。以下は大阪府警とのやり取りである。

    ──足を踏んだのは誰ですか、わざとですか。

    「それはわからん。たまたまか故意か。本人もそういった供述はいっさい拒否してますから」

    ──駅の通路は誰でも通れるものではないのですか。

    「デモ形態とかで、ハンドマイクとかでアピールしながら集団で移動するのはやめてくれ、普通の形態ならいいですけど、そういう形態では入らないでくれと警告している」

    ──何がデモなのか。

    「集会が終わってから、大阪市役所に集団で移動したところからデモ形態ととっています」

    ──判断の基準は?

    「はっきりいえない。ケースバイケース」

    ──集会とは、どれを指すのですか。

    「駅構内で集会とか大音量で歌を歌ったり、シュプレヒコールやビラ配布やめてくれと駅員がずっと警告しているんです」

    ──その集会というのは敷地内だったのか。

    「JRとしては敷地内に掛かっている部分について警告しています」

    ──逮捕された3人は敷地内でそういうことしていたのか。

    「マイクを持ってアピールしている者、ビラ配っている者等々いろいろいる。今の段階ではこの3人がどうなのかというのはお答え控えさせてもらいます」

    このように駅の敷地内でのデモ行為を被疑事実としていること以外、いくら聞いても具体的に何も明かさないのである。しかも逮捕した3人の関与についていっさい答えない。

    その後もさまざま聞いてわかったのは、JR西日本が被害届を出したのが11月2日であること。その前後から捜査を続けてきたことくらいである。

    おかしな話である。

    「警告する駅員の足を踏むなどしたうえ、ガレキ反対などとシュプレヒコールを繰り返して、駅構内を集団でデモ行進」したという、きわめてシンプルな行為によってJRの業務を妨害し、しかもその共同正犯というのだから、直接的にかかわっているはずだ。

    しかも当日数十人で抱きつかんばかりに張り付いていたのだから警察側は相当な裏付けを持っていなくてはおかしい。まして、単純な被疑事実なのだから証拠隠滅も考えられない。となれば、被疑事実の詳細を秘匿する必要性はない。ところが、その関与の内容に答えられないのだ。

    この逮捕は何かおかしい。大阪府警からの取材だけで、そう考えざるを得なかった。それは記者発表時に確認できた。つまり第一報の段階で逮捕についての疑問を呈することができたはずなのだ。

    仮に誤認逮捕だとしても、逮捕の事実が報じられれば、当人の名誉は毀損される。それどころか、このときの警察発表を鵜呑みにした一報では、抗議行動の「約40人の参加者」が駅構内を「デモ行進」したなどとされており、それら全員の名誉が毀損された可能性がある。警察発表だからといって、たれ流しにしてよいわけではない。

    今回大阪府警に取材を申し込んださい、興味深い出来事があった。大阪府警広報課は出版社に筆者の身元を確認した後、取材に応じる姿勢をみせたが、「どういう目的か、どういう論調の記事なのか」を担当者に説明するよう求めた。

    記事の論調は取材してみないことにはわからない、と当然の回答をしたところ、「たとえば反対派を逮捕していることに不満を持っているとか、そういうことを申し上げている」と、この逮捕に対する見解次第で取材に応じないかのような姿勢をみせた。

    それを質すと、「(担当ではないので)私が答えるわけにいかない」との返答だった。結局、担当者から改めて逮捕についての見解や論調を聞かれることはなかったが、以前の記者発表の内容を知りたいというだけのことに、これだけ過敏な反応を示すのが不思議だった。

    行政なら誰に対してでも同じ説明をする責務があるという当たり前の感覚を、警察はいまだに持ち合わせていないか、あるいはよほどこの件について話したくないことがあるのかと疑われる出来事だった。

    いずれにせよ、ちょっと聞いただけであやふやになるような被疑事実で3人は逮捕された。しかも関係者からは警察発表とはまったく異なる状況ばかりが伝わってくる。それどころか警察らの挑発行為すら指摘されている。異常な状況であることは間違いない。

    次回は下地准教授らの勾留理由開示公判などについて明らかにする。


    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1579-61a0158b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。