11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    岩上安身のIWJ特報!第54号「日本ではすでに市場に出回っている!?『モンサントの"毒性"遺伝子組み換え食品』の続報」 

    岩上安身のIWJ特報!第54号「日本ではすでに市場に出回っている!?『モンサントの"毒性"遺伝子組み換え食品』の続報」

    (IWJ転載許可済み)

    先日、本メルマガ第49~51号で、モンサントの遺伝子組み換えトウモロコシ「NK603系統」に毒性の疑いがあるという、仏カーン大学の実験結果をお伝えした。腫瘍でお腹が腫れあがっているラットの写真は、衝撃的なものだった。

    【記事URL(後半にラットの写真が掲載されている)】
    http://www.webdice.jp/dice/detail/3664/

     今回、この毒性の疑いがある「NK603系統」が、日本では、すでに8品種が市場に流通している可能性が高いことが、農水省のデータから判明した。

     日本で始めに「NK603系統」の流通(商業栽培・食用・飼料用)の承認がおりたのは2004年。最近では2012年9月4日に、3品種の承認がおりている。

    【9月4日付の承認作物一覧】
    http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/c_list/pdf/list01_20120904.pdf

     さらに、この8品種はモンサントが申請し、承認された品種のみであり、他社や共同申請分を含めると、使用許可が下りたものはなんと15品種にのぼる。さらに、使用許可こそおりていないが、食品安全委員会の安全審査を通過し、商業栽培予備軍と考えられる品種は、他に8品種存在している。

    【第一種使用規定承認作物一覧(農水省)】
    http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/c_list/pdf/list02_20120904.pdf


    【安全性審査の手続を経た旨の公表がなされた遺伝子組換え食品及び添加物一覧(食品安全委員会)】
    http://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/dl/list.pdf

      日本で初めに「NK603系統」の商業栽培、輸入が可能となり、市場に出回ったと考えられるのは2004年。「NK603系統」とは、モンサントの除草剤に耐性を持つよう開発された品種であるが、その後、除草剤だけでなく、害虫や乾燥に耐性のある品種と掛け合わされ、続々と新たな品種が開発されていった。それらが、日本国内の市場に出回っている可能性があるのだ。

      トウモロコシ自給率0%の日本では、需要の90%以上を米国からの輸入に頼っている。そして、米国産のトウモロコシの約85%以上が、遺伝子組み換えだとされている。食品表示制度の網の目をかいくぐり、遺伝子組み換え食品は大量に市場で流通している疑いがある。にも関わらず、現状では、この仏カーン大学での研究発表を、日本のマスメディアが報じることはほとんどなく、政府が調査を要請する動きもない。

     私は、水曜日レギュラーコメンテーターをつとめるMXテレビの「ニッポン・ダンディ」という情報番組の中で、このカーン大学の研究結果をお伝えしたが、他にこの問題を大きく取り上げたメディアは、ほとんど見当たらないのではないか。

     かたや、実験が行われたフランスでは、この実験結果をめぐり、多くのメディア・政府・研究者を巻き込んでの大論争となっている。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■猛烈な批判の声に対し、実験の共同研究者が反論を発表
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     フランスでは、このカーン大学の実験結果が発表されるや否や、猛烈な批判の声があがった。また、フランス政府がこの実験結果について調査を要請した2つの専門機関が、「(NK603系統の毒性の)裏付けとなる科学的根拠が見当たらない」と報告したのだ。

     10月23日付のAFP通信は以下のように報じている。

    (引用開始)

    「フランス政府から研究結果の信ぴょう性について早急に調査するよう要請されたバイオテクノロジー高等評議会(HCB)とフランス食品環境労働衛生安全庁(ANSES)は、「NK603」と「ラウンドアップ」に対する従来の安全性評価が疑われるような点は何も確認できなかったと発表した。

     66人の専門家で構成するHCBは、「当該研究は、ラウンドアップを使用した、あるいは使用しなかった遺伝子組み換えトウモロコシNK603と健康上のリスクに関連性の有無について科学的な情報を何も提供していない」と指摘。ANSESは「因果関係を科学的に示したり、研究者によって示された結論や結論に至る過程を立証したりするには、このデータでは不十分だ」と論評した」

    (引用終了)

     また、同紙によると、実験を行ったエリック・セラリーニ氏らには、「トップニュースに取り上げられたいがためにマスコミを操ろうとしただけだ」という批判の声も寄せられているという。

     こうした批判に対し、セラリーニ氏の共同研究者であるジョエル・スピルー博士が、フランスの「ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール」誌上で回答した。

     その掲載記事を、非常にわかりやすく日本語に訳しているブログがあったので、以下、紹介したい。

     スピルー博士は、寄せられた主な9つの批判に対し、それぞれ回答している。9つの批判は「ラットのサンプル数が少ない」というものから、セラリーニ氏を「反遺伝子組み替え活動家」としたうえで、「自分の都合の良い実験結果を創作した」などという感情的な批判まで、様々である。


    【ブログURL】「遺伝子組み換え セラリーニ研究9つの批判に対する9つの回答」
    http://vogelgarten.blogspot.jp/p/entelchen.html


    (以下、ブログより転載開始)

    批判その1: 200匹というラットのサンプル数はしっかりした実験を行うには少なすぎる

    「グループごとに20匹、計200匹というサンプル数は、モンサント自身が三ヶ月の期間で行った実験に使ったラットの数と同じです。私達はしかもモンサントよりも毒性パラメーターを多く使用しました。さらにラット数を増やすにはもっと資金が必要でしたが、この研究にはすでに3百2千万ユーロ掛かっています。」

    批判その2: 実験に使われた"SDラット(Sprague-Dawley)" は腫瘍が出来やすいことで知られている

    「確かにそうですが、世界中の毒性研究で使用されているラットの系列でもあります。このラットのメリットは生物学的また肉体的に安定していることです。すべての固体がほとんど同じ体形、同じ体重を持つのです。モンサント社も含め、遺伝子組み換え作物を製造する企業が、当初から研究に使用してきたのもこのラットです。そして事実は私達の目前にあるとおり、ラウンドアップとの組み合わせの有無に関わらず、遺伝子組み換えトウモロコシを与えられたラットには、より多くの発病が観察されたのです。それも非常に速いスピードで。


    批判その3: 結果をよく見ると、遺伝子組み換えトウモロコシを与えられたラットのオスにおける腫瘍の発生は、参照グループよりも総合的に多いわけではない

    「注目すべきは、正確には腫瘍の発生するスピードです。実験措置を与えられた3つのラットのグループでは腎臓や肝臓の腫瘍や疾患は4ヶ月目に既に現われ、11から12ヶ月目に爆発的に増えます。これは人間に置き換えると35~40歳の年齢です。一方参照グループのラットでは、腫瘍が現われるのは特に晩年、つまり23~24ヶ月目頃です。これはラットにおいては自然なことと考えられます。」

    批判その4:ラットに与えられた餌の具体的な構成内容に関する情報が少なすぎることを科学者達は指摘する

    「標準的な ラットフードです。これもまた遺伝子組み換え会社が自分達の研究に使用しているものと同じです。唯一の違いは、私達は遺伝子組み換えトウモロコシの含有率を正確に計測したことです。第1グループには11パーセント、第2グループには22パーセント、そして第3グループには33パーセントと言う具合に。」

    批判その5:ラットが摂取した遺伝子組み換え食物量は人間が摂取するものよりはるかに多い

    「間違い。私達が使用したNK603トウモロコシの量は、遺伝子組み換え食品の販売が自由で、表示義務のないアメリカ大陸の住民が生涯摂取する量に匹敵します。そもそもそのために遺伝子組み換え食品を発病要因として見極めることが妨げられ、病気との因果関係の否定が可能になっているのです。例えば”アメリカ人は15年来遺伝子組み換え食品を食べているのに病気になっていない”という主張が聞かれるのもそのためです。」

    批判その6:研究を公表した "Food and Chemical Toxicology" はアメリカではさほど評価の高い媒体ではない

    「二流誌とは程遠い、国際的な名声を持つ科学誌です。掲載される記事は、反対意見も発せられる委員会によって査証されます。モンサントや他の遺伝子組み換え作物会社がすべての再鑑定を公開しているのもこの雑誌です。」

    批判その7:ジル・エリック・セラリーニは反遺伝子組み換え活動家として知られており、自分に都合の良い実験結果を作り出した

    「完全な間違い。ジル・エリック・セラリーニと Criigen
    (遺伝に関する研究及び情報独立委員会)、そしてカーン大学研究所の研究員達は、遺伝子操作を行った生体に関する研究も行っています。
    それは生命体を知ることへの扉を開くからです。彼らは医薬品の製造に遺伝子組み換え生体を使用することには反対していません。
    例えばインシュリンは遺伝子組み換え生体をもとに製造されていますが、私は迷うことなく糖尿病患者に処方しています。こうした医薬品は、説明書の中に”再結合プロテイン”と言う表現が使用されていることから見分けることが出来ます。つまり医薬研究所での遺伝子組み換えの使用には賛成なのです。しかしジル・エリック・セラリーニも我々も、農業作物における遺伝子組み換え生体の使用に対しては反対です。表示が行き届いておらず、長期に渡る毒性についての研究も不十分だからです。」

    批判その8:研究チームは癌の専門家ではなく腫瘍については無知だ

    「確かに我々は癌の専門家ではありませんし、そのことを隠し立てもしていません。これは癌の発生ではなく毒性に関する研究ですから異なる規定条項に従っています。そもそも私達は、”腫瘍”が”癌性”のものであるとは一言も言っていません。ラットの老化とトモに癌に発展する可能性を持つ乳腺繊維腺腫や皮膚腫瘍です。」

    批判その9:再鑑定が必要だ

    「それには賛成です。我々も再鑑定を望んでいますが、遺伝子組み換え会社ではなく独立の研究者によるものでなければなりません。現在の欧州食品安全機関(EFSA)
    の立場ではダメだと言うことです。」

    (転載終了)


     このように、フランスでは政府が動き、批判の声に対する回答も報道され、議論の土壌ができている。日本では、批判の声があがる以前に、報道すらされていない。問題の「NK603系統」が市場に出回っている可能性が高いにも関わらずである。

     議論が巻き起こっているにせよ、今回の研究は、従来の90日という短期によるものではなく、2年間(通常のマウスの寿命に相当)という長期間にわたって行われた実験によって得られたものである。よって、日本においても、安全審査を下すにあたっての実験期間の見直しや、そこで異常が出た品種について、再審査をし、審査が完了するまでは製造・輸入・販売の停止など、何らかの対応を検討すべきではないだろうか。

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    報道  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1594-97edf376
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。