11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    日本政府・軍は沖縄の全中等学校の生徒を戦場に駆り出し、その内で千数百人の鉄血勤皇隊の半数以上が戦死していた 

    沖縄戦とは、政府・軍部がこのように、子供達をも戦場に駆り出した異常な戦争でした。

    このようなことは絶対に2度と行わせてはなりません。

    もう日本は戦争はしない、そう信じて生きてきましたが、アメリカが後ろで手をひき不正選挙が行われた結果、アメリカ傀儡で米戦争屋の手先である安倍自民政権が誕生し、今非常に危険な状態になっています。

    子供を戦場に送らない為に、安倍政権を倒さねばなりません。




    全中等学校から生徒が戦場に
    2013年6月23日 琉球新報

    沖縄戦が始まる前は沖縄には21の中等学校があり、全ての学校から生徒達が戦場に動員された。女子学徒は15~19歳で、主に看護活動にあたった。男子学徒は14~19歳で上級生が「鉄血勤皇隊」に、下級生が「通信隊」に編成された。

    1945年3月の「鉄血勤皇隊」編成に当たり、島田県知事(当時)と第32軍司令官、沖縄県連隊区司令官が「鉄血勤皇隊の編成並びに活用に関する覚書」を結び、兵役年齢に達しない生徒を強引に一気に動員した。

    当時、防衛相召集は17歳以上が対象で、軍は14歳以上の名簿を持っていなかった。そこで軍は県と協定を結んで生徒名簿を提出してもらい、生徒を戦場へ駆り出した。鉄血勤皇隊は千数百人が動員され、半数以上が戦死した。


    覚書には「鉄血勤皇隊の編成は、県知事が沖縄連隊区司令部の援助を受けて行うものとする」と記され、県知事が主体的な役割を担った。覚書や添付文書には、島田知事が学校を通じて集めた名簿を軍に提出し、それを基に連隊区司令官が召集命令を作成する手順が示された。学校も軍の支援を受けて戦闘訓練を実施するなど動員に加担した。

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    沖縄戦  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1603-0904f5b5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。