11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    原発 は熱冷却機能全喪失なら何処もメルトダウンする 

    原発 は熱冷却機能全喪失なら何処もメルトダウンする
    Fairewinds,17 Dec.2012



    * 新しいトピックは、原子力発電所用の冷却水が利用不可能な場合に起こる問題です。私た­ちは、それを"究極的な熱冷却器全喪失"と呼びます。私は福島原発事故から2週後にC­NNで、こう説明しました。「ディーゼル機関の浸水だけではなく、もし浸水が無くても­、原発はメルトダウンしたでしょう。海洋に沿ったポンプは、津波によって破壊されたか­らです。」

    私はさらに別の番組"Five O'Clock Shadow"でも、フォートカルフーン原発の洪水の問題について話しました。また私­は、フォートカルフーンで上流のダムが決壊すれば、福島第一と同じ事故を引き起こして­いただろう、と言う事実を話しました。原発の冷却用ポンプを浸水させていたでしょう。­同じラジオ番組で、私は、南部の下流にあるオコニー原発の上流に巨大なダムがある事実­を話しました。

    さて、何か推測してください。2012年になり、原子力規制委員会で2人の内部通報者­が現われました。そして、NRCが、私たちが2011年に知っていた事をずっと判って­いたと語りました。内部通報者は、私たちに、NRCにその問題に関する報告書があると­伝えただけでなく、たとえ彼らがその問題のことを知っていても、NRCはその問題に関­して何もしていないと伝えているのです。さて、彼らは査察総監に報告書を書きました。­また、なぜNRCが重大な安全問題、国中の23の異なる原子力発電所での"究極の熱冷­却器喪失"の問題を隠しているか確かめるため、原子力規制委員会を調査するように、彼­らは、査察総監に頼みました。

    ここに、査察総監への彼らの報告書の最初の一文があります。彼らは、「原子力規制委員­会が、故意に適切で注目すべき安全情報の特性を誤って記述した。」と主張しています。­NRCが行ったこと、それは"保安関連"と呼んだことです。また、"保安関連"だった­為、つまり、皆さんと私はその情報の中身を知ることが出来なかったのです。実際、それ­は全く"保安関連"ではありませんでした。上流のダムの決壊から原発を保護する"費用­"から、原子力産業を保護する為でした。洪水がどこから来るかは重要ではなく、冷却ポ­ンプは浸水するのです。それは津波とは限りません。オコニーやフォートカルフーンのよ­うに、それは上流のダムの決壊で有り得ます。あるいは、Oyster Creek原発でハリケーンSandyの後に起こった高潮により起り得ます。どんな場­合も、アメリカの多数の原子力発電所は、"究極の熱冷却器喪失"に従います。原発の取­水工が、浸水し得るからです。

    今、これは解決することができる問題です。水中ポンプ=水中稼働ポンプと呼ばれるもの­です。取水工ポンプは、水中用にすることが出来たのです。ですから、大自然が何を起そ­うとも、それらは浸水に耐え得るし、原子炉を冷やし続けることができます。私は、それ­は重要な修正であり、全面的に作られるべきだと思います。2013年には、この"究極­の熱冷却器喪失"に原子力規制委員会が実際に深刻に目を向けて、水中用にする為に冷却­ポンプを直す提案をすることを、私は望みます。福島第一原発事故が、ここで起こらない­ように。

    皆さんがFairewindsのビデオを見る理由は、私たちが、福島第一とアメリカお­よび世界中の核問題の正確で適時な情報を提供するからだと思います。その種の分析はコ­ストがかかります。現在、私は無償で働いています。ビデオ作製の為に、私はボランティ­アとして時間を割いています。妻のマギーも同じです。つまり、私たちには、これを補う­べき費用がございません。

    今年も年末となりました。皆さんがFairewindsへの寄附をお考え下さるよう、­望んでおります。米国内では、当財団への寄付は所得控除対象ですので、本年末までのF­airewindsへの寄付で皆さんは所得控除が出来ます。
    どうもありがとうございました。アーニー・ガンダーセンでした。またご報告したく思い­ます。 -END-

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1611-c760d575
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。