11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    【全国の皆さん。是非お読み下さい。】 山本太郎とはこんな人だ 

    〈参議院選挙2013〉 脱被曝・原発即時撤退・反TPP
    2013年7月5日 東京選挙区・山本太郎氏 新宿西口駅前演説

    http://www.asyura2.com/13/senkyo150/msg/406.html より ←動画あり


    山本太郎氏「新宿西口周辺、ご通行中のみなさん、こんにちわ。山本太郎と申します。参議院選、東京選挙区から立候補です。


    『なんだ、なんだ、素人が政治に参加なんかしやがって』


    そういう厳しい声も聞かれます。けれども、今までプロに任せてきた政治が、いまどういう状況にあるのか。それを見れば、気持ちのある人が大きな声を出せる人が、一歩前に踏み出す。それが今、すごく大事なんだなということを自分で感じて、今この場に立たせていただいてます。よろしくお願いします。


    2011年、原発震災。ここから僕の人生、大きく変わったんですよね。国がどういったことを僕たちに説明するのか。そして、それをメディアはどのように伝えるのか。それでこの国の姿が分かるんだと思いました。


    そして、国が発表したことは、『直ちに健康に影響はない』と。


    なるほど、今すぐは影響ないかもしれないけれども、あとあと分かんないよということを公式の場で発表してしまうんですよね。そりゃそうなんです。放射性物質、放射能の影響というのは、よほどの高線量でなければ、その場で影響は出ない。すぐに影響が出ない。


    だいたいのものは、その後、晩発性として身体に影響が出てくる。そのことなんですよね。『直ちに影響がない』といったことはそのことなんです。今すぐに影響が出ないけど、あとあと分かんないよって言われた時に、もう自分自身、凍りついてしまったんです。


    そして、この事故について、メディアはどういうことを僕たちに教えてくれるのかと思ったら、大本営発表。垂れ流しだったんです。これはもう自分たちで情報を得て、そして生き延びるんだという強い気持ちを持たないとまずいなと思ったんです。生き残れないなと思ったんです。


    原発問題を入り口に、この二年間、仕事はもうほとんどないです。干されてしまいました。それもそのはず。芸能界っていうのはスポンサーによって支えられているんです。テレビをつければ、15秒毎のコマーシャルが流れる。当然ですよね。15秒毎に企業からお金が入るシステムなんです。


    企業にとって、本当の都合の悪いことは、その核心の部分というのは、決して流れない。大人の世界だったら当然ですよね。取引先の企業の悪口、言えるわけないんですよ。


    新聞を見てみてもそうですよね。新聞を開けば広告がたくさん載っている。新聞を支えているのは、広告なんですよね。6割から7割が広告だ。だとするなら、テレビ、新聞から、本当のことが知れるはずがない。


    みなさんは、テレビに対して、新聞に対して、大きなお金を支払っていますか?メディアはたいへん大きなお金を広告宣伝費として、テレビ、新聞、大手メディアに支払っているんですよね。


    例えば、東京電力、一年間で260億円。260億円のお金を広告宣伝費で、一年間に大手メディアに流している。260億円くれる人の悪口なかなか言いづらい。電力10社では1000億円。1000億円くれる人たちの悪口、言いづらいな。原発産業、原子力産業で考えた時に、この1000億円以上の、いろんな企業が参加してますよね。


    東芝、三菱、日立、メガバンク、巨大建設会社、保険会社、鉄鋼、ありとあらゆる会社が参入している。そのすべての年間の広告宣伝費をどのぐらいの数になるんでしょうか?


    言えるわけない。知れるわけない。一番大きなスポンサーは企業であって、みなさんではないんです。民放にはみなさん一円も払わないですよね。みなさんのいのちにとって大切な情報、流せるわけないんですよ。


    それが企業にとって不都合な情報であれば。芸能界にいた僕が、原発のこと、被曝のこと、TPPのこと、そんなこと話していれば、その場にいられないことはもう確実なんです。スポンサーにとって、大事な大事なスポンサー様にとって、不利益になるような発言は絶対にしてはならない。それは子役でも分かっていることなんです。


    でも、言わなきゃいけないんです。どうしてか?いのちに関わることなんですよ。それまで社会的な問題にはほぼ目を閉じてきた。なぜなら、そういう世界に生きてるから。スポンサーにがんじがらめのしがらみの世界で生きてるから。


    まず最初に声を上げようとした時に、マネージャーに言われました。『太郎君、あなたジャーナリストでもなんでもないでしょ。あなたのお仕事わかってる?』それは、お前、黙れってことじゃないんです。あなたにも生活があるだろ?あなたはお母さんを食べさせなきゃいけないでしょ?そんなことしてたら仕事なくなるよって言われたんですけど、我慢できなかったんです。


    このことに対して口を閉ざすということは、そのリスクを無視して、そしてそのリスクに晒された人たちを切り捨ててでも、原発を続ける。活断層の上に原発が作られていても、それを動かそうとする。100万年の核の発電によって、100万年もゴミができたとしても、その処理方法がなかったとしても、それを続けようとする。


    その人たちに、その企業たちに、自分も賛同したと同じことなんです。黙ってしまうことは、黙認していることと同じだ。自分のなかでもう我慢できなくなった。ただ、それだけなんです。


    おいおい、売名行為か?勘弁して下さい。収入が減る売名なんて、聞いたことないですよ。


    ひとりの人間として、ひとつの生き物として、声を上げなきゃもうならないところに来ているということに気づいたんです。ただ、それだけ。


    考えてください。いまスーパーとか肉屋とかで、お買い物するときに、なんとなく産地表示、見たりとかしませんか?


    口には出さないけれど、あまり考えないようにはしてるけれども、なるべく安全であるものを食べたいなという無意識がみなさんのなかにないですか?


    今、国が与えている安全基準。食品の安全基準を考えてみてください。一キロあたり100ベクレル。そんなこと言われたってよく分からない。なんだ、ベクレルって?そりゃそうですよ。ここ2年で出てきた言葉です。広く知られた言葉です。


    でも、事故前の基準と照らし合わせると、その数字が持つ不条理さがよく分かります。一キロあたり100ベクレルは、東電原発事故前、放射性廃棄物と同等でした。原子力発電所、その敷地内から出てくる低レベル放射性廃棄物。黄色いドラム缶のなかに入れて、厳重に管理されなければならなかったもの。それと同じものを僕たちに安全基準として、国は与えているんです。


    『大丈夫ですよー。食べても安全です、放射性廃棄物でしたけど』


    許せますか?許せないんです。どうして安全基準を上げたのか?答えは簡単。厳しい管理をしてしまうと、流通できないものがでてきてしまう。流通できないものが出てきたとすると、生産者に対して、保障、賠償をしなくちゃいけなくなる。


    誰が起こした事故でしょうか?農家のみなさんが爆発させた原発でしょうか?福島の人々が、東日本の皆さんが爆発させましたか?違います。安全性は無視をして、危険なことに目をつぶって、事業者が無理やりに推し進めた。そして、それを後押ししたのが国だった。それだけのことなんです。


    ならば、その被害者である生産者、そしてそれを食べて被曝して応援しろという国。どうして、そういうスタンスを取るのか?保障、賠償が行われるべきだとみなさん、思いませんか?


    話を完全にすり替えられているんです。僕たちが事故前に食べていたもの。それは、0.1ベクレルぐらいだったらしいです。0.1ベクレル。0.059、それぐらいのお米の基準だったり、2010年に調べられた文部科学省が福島県に要請を調べさせたお米。0.059。その程度の数値だったんです。


    だとすると、いま僕たちが食べている安全基準1キロあたり100ベクレル。いったい何倍ですか?1000倍ですか?10,000万倍ですか?そんなものを許す国なんて、国って呼んでいいんでしょうか?


    こんな国、国と認めて税金払うの馬鹿らしいって話なんです。何のために税金を払っているのか。いま本当に困っている人たちに税金が使われているのか?復興に使われているお金。本当に困っている人たちのところに届いているんでしょうか?


    環境省と国が繰り広げたキャンペーン。『きずな』キャンペーン。なにが『きずな』だ!ひとりも救われてませんよ。原発で誰も死んでない?何を言ってるんだ?原発さえなければ、その言葉を残して、自分自身でいのちを絶たれた方もいる。


    そして、何十万人という人たちが、もうふるさとを失った。それでも平気な顔をして、原発を続ける。この地震の活動期のこの国で。そして、外国にも売ろうって。そして、日本でも原発を続けようって。


    原発反対、再稼働反対。もちろんですよ。でもね、たくさんの人が集まって、その声を上げることはすごく大切なことなんです。けれど、原発反対、再稼働反対。その言葉だけ言っててもどうしようもないんです。ただの呪文なんです。


    日本の原子力には、やめられない理由があるんです。野田さんって人が総理だった時代に、原発ゼロを閣議決定しようとしました。けれど、それができなかった。それはなぜか?日米原子力協定という取り決めがあるからです。


    日米原子力協定。日本の原子力は、すべてアメリカの管理の下に行われているんです。日本が原発がやめられない理由は、この協定が理由なんです。


    日本にはたくさんのプルトニウムがある。売るほどある。そのプルトニウムをずっと保有することは、『おまえたち、それ。軍事利用してるんじゃないか』っていう、いちゃもんをつけられることになるんです。


    その原子力協定があるために、この日本では、このプルトニウムを減らさなきゃいけない。じゃあ、どうやって減らすんだ?プルトニウムを使った発電を行わなきゃいけないんです。原子力協定があるばかりに、プルトニウムをMOX燃料として、原子力発電所で使わなきゃいけない。それを減らさなきゃいけないんです。


    その圧力をかけられているんです。すっとぼけて、再稼働反対だ。原発をなくすだの言ってる政党のみなさん!核心に迫ってくださいよ。怖いんですか?


    いのちを守るために政治家になったんでしょ?いま何を守ろうとしてるんですか?あなたの政治生命ですか?あなたの政党ですか?僕たちには一銭の得にもならない。言いにくいことを言う。僕たちのいのちを守るために代表に選ばれたんでしょ?でも今なにをしてるんですか?


    さきほどお話した食品の安全基準、一キロあたり100ベクレル。事故前は放射性廃棄物だったってこと、それを国会の中で大きな議論になりましたか?テレビ、新聞でも取り上げざるをえないぐらい大きな扱いになりましたか?


    僕たちはこのままだと、この国に殺されてしまうんですよ。僕たちがこの国を愛するほど、この国はみなさんのこと愛してない。それが、この現実なんです。


    切り捨てようとしてるんです。だから、こんな僕みたいな人間が、じゃあ僕が大きな声を出して言いたいと、前に進まなきゃいけないときが来てるんです。それだけなんです。


    政治家になりたい?そんな夢なんてない。でも、このままじゃ駄目なんだって。僕も生きてたいし、みんなにも生きてて欲しいんです。ちから貸してもらえませんか?


    TPPの問題もそうです。


    テレビ、新聞ではほとんど流れない。流れたとしても農業問題に矮小化されて。TPPに入らなきゃ、そのバスに乗り遅れちゃまずいぞって。


    アジアの経済成長を取り込むんだって。何をねごと言ってるんですか?アジアの経済成長を取り込むのに、中国も韓国も台湾も参加してないじゃないですか?


    どこのアジアの成長を取り込む気なんですか?


    TPP、これははっきりと言って不平等条約なんです。一部の人しか、その内容に触れられない。日本の国会議員でも、そしてアメリカの国会議員でも、なかなかその中身を知ることができない。僕たちが知れるのは、それに参加するか、それが破綻するかしたあとの4年後なんです。


    4年間知れない秘密条約。これに僕たち、無理やり入ろうとしてるんです。そして、日本は12番目の交渉国。その前の11カ国が取り決めたことは、たとえ、この国にとってどれだけ不利益なことでも受け入れなきゃいけないんです。


    『大丈夫。安倍さんの交渉力、パネエから』


    パネエですわ、本当に。このTPPに入る事前協議。いろいろありました。そして11カ国が色んな取り決めをした。11の国が取り決めをした。そのなかに、はっきりと決まっていることがあります。それは、そのなかの内容はいっさい蒸し返せない。その条文のなかに入れられたものは一文字も変えられないってことなんです。


    そんなこと、テレビ、新聞で言われますか?言われない。それはどうしてなのか?このTPPが国と国の取り決めのように、一見は見えるんですけれども、実はそうじゃない。


    今はもう国というレベルではなく、その上にある大企業、多国籍企業のための条約なんです。協定なんです。自由に、世界中で、すべての決まり事を取っ払って、ルールを一本化しようぜ。企業がより経済活動をしやすくするためにって。


    そのためには、この国の国内法、それよりも優先されるんです。その国内法さえも、変更されてしまうんです。


    こんなとんでもない協定に参加すること、許せますか?


    TPPに参加してしまえば、脱原発が無理になってしまうんです。非関税障壁。国の産業を守るために、関税をかけたりとかするっていうルール以外のもの。この国の産業だったり、色んなものを守るための取り決め。それさえも取っ払ってしまう。


    例えば、脱原発ということを決定したとしても、その脱原発というものの考え方、それ自体が障壁になってしまうということなんですよね。非関税障壁なんです。それさえも。


    それだけじゃないです。みなさんもご存知だと思います。ISD条項っていう条項がありますよね。どういうことなのか?国と国との取り決めなのに、私、投資しましたという投資家が、投資家が相手国を訴えることができる。


    それによって、もし日本の原発、次々に廃炉が決まっていったとしたら『おいおい、俺の投資した原発はな、あと20年動くはずやったんだぞ!』その前に、損害賠償請求されてしまうってことなんです。実際にいま、ドイツの脱原発のなかでも、バッテンフォールという海外企業がISD条項で、ドイツ政府を訴えているんです。


    2011年の上半期だけで14億、そして、その下半期には、46億ドル。上半期と下半期でそれだけ損害賠償が膨れ上がるぐらいの話なんです。日本にある54基の原発、損害賠償の対象になったとしたら、いったいいくら掛かるんでしょうか?


    原発が安い電力だなんて大噓なんですよ。バックエンドの問題は?廃炉作業のお金は?100万年のゴミの管理は?


    日本中に、もうあふれんばかりにあるこの核のゴミを、これ以上焼こうとしているんです。国がいましようとしていることはなんなのか?簡単。僕たちに放射性廃棄物レベルの食べ物を食べて安全という国は、地震の活動期に原発をどんどん建てようとする国は、もうこの国の未来を諦めてるんです。


    くやしい。ここまで人のことを人とも思わずに切り捨てようとする。一部の人間だけが儲かろうとする。自分の代だけで、この会社が持てばなんとかなる。そんなメンタリティでこの国を滅ぼすのやめてほしいんです。


    ちから貸してもらえないですか?


    皆さんに言いたいのは。ごめんなさい。もう時間がなくて、TPPのことをすこし脱原発と絡めてお話するにとどまっちゃったんですけど、これが24分野に渡るんです。TPPの話は。


    医療は壊される。食も壊される。公共サービスも。24分野にわたって。そうなったら、終わりですよ。この国は。皆さんの仕事も奪われる。外国から安い労働力がくる。長時間労働、低賃金が当たり前になる。


    ブラック企業がスタンダード化するんです。


    そんな馬鹿な話があるかよって。これを認めてしまうことは、TPP、すなわちそれはもう、世界的な価格競争になっていくってことです。価格競争の先に何があったか?ブラック企業じゃないですか。もう搾取するところは労働者からしかないんですよ。


    『原発問題、ガタガタ言ってた奴がなにが労働問題だよ』


    ごめんなさい。気づいたんです。ぜんぶ繋がってるんですよね。労働問題、解決しないとおそらく原発問題も解決できないってことに気づいたんです。そして今、原発のことだけではなく、TPPまで、もうみなさんにはっきりと、国は意志を示してるんですよ。


    より、切り捨てを加速化していくぞって。このメッセージに気づいて欲しいんです。


    TPPに参加、色気を感じている党、自民、公明、民主、維新、みんなの党。この人たちはいったいどういうつもりなんでしょうか?


    TPP、すなわちそれはこの国を、この国に住む人々を売り渡そうとしてることなんです。


    みなさんはどうしたいですか?植民地に住みたいのか?それとも、自分たちのやり方で生きて行きたいのか?


    先代がいのちをかけて僕たちに続けてくれたバトンを、この先の世代にどういう形で渡したいですか?それが今、問われているんです。それが参議院選なんです。


    今、国会に必要なのは、なんのしがらみもなく、本当のことを言える、そういう人間が必要なんです。


    山本太郎に国会に行かせてください。山本太郎は馬鹿なんです。ただの馬鹿じゃないんです。鼻の効く馬鹿なんです。行動力のある馬鹿。これが一番やっかいなんです。


    そういうタイプの人間には来てほしくないんです。どうしてか?全部しゃべってしまうから。国会の中でやられること、僕に、皆さんにしゃべられてください。こういうこと、たくらんでるよって。


    国民のために仕事をしない政治家たちを、僕に糾弾させてください。ちから貸してもらえませんか?よろしくお願いします!ありがとうございました!」


    「それで、すいません。もう30秒だけお付き合いください。僕のしゃべりのパートはってことなんですけど。今から僕が受け取っていただける方一人一人にお渡ししたいと思います。その封筒、なんだよ?この中には5枚のハガキが入っています。


    このハガキはなんですか?東京都のあなたのお友達。東京都にお住まいのあなたのご家族、ご親戚、ご紹介していただけませんか?別に、あとあと仏壇を売りつけるとか、布団を売りつけるとか、銃を売りつけるようなことはいたしません。


    何のために、東京都に住むお友達を紹介していただきたいか?組織の選挙じゃないんです。地盤もない、組織もない、お金もない。そういう、なんのしがらみもない僕が国会に行くためには、一票入れていただく他に、それを3票、4票と広げていく。そういうことができなければ、組織選挙に勝てないんです。


    いま、僕の選挙を手伝ってくれているボランティアのみなさん。1,000人を超えるボランティアのみなさんが力を合わせてくれているんです。そして、本当にこの東京選挙区、接戦です。組織の力に頼らずやるためには、みなさんのお力が必要なんです。力を貸していただきたいんです。


    そして、これを今、押し付けられた不条理をひっくり返したいんです。その先頭に立たせてください。よろしくお願いします!ありがとうございました!」

    GeorgeBowWow@gmail.com

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 社会問題

    ジャンル: ニュース

    選挙  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1618-7f72115d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。