11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    ヘリが墜落した宜野座村の米軍キャンプ・ハンセン周辺 ストロンチウム90観測 

    平良夏芽さん、矢ケ崎先生ありがとうございます。線種まで確定できる機材を用意していただき感謝です。http://blog.livedoor.jp/natsumetaira/archives/52334288.html


    やはり危惧していた事が起こったのではないでしょうか。

    ヘリコプターには放射性物質が搭載されている可能性がある 墜落炎上した場合「放射性物質拡散事故」に発展する

    今回の事故で米軍発表では、ストロンチウム90は使用していないがトリウム232は使用していたとしましたが、このような噓は今回だけではありません。

    沖縄国際大学ヘリ墜落事故では劣化ウラン製の回転翼バランサーが使用されていた疑いが濃厚でしたがそれには触れず、米軍は、回転翼検査装置にストロンチウム90は使用していたと発表したのみでした。

    このように常に米軍は事故の被害を矮小化してみせる手段を取っています。

    今後の土壌精密検査の発表を期待すると同時に、測定範囲を広げる必要性を訴えたいと思います。



    ハンセン放射線量、基準超 墜落1キロ地点
    2013年8月21日 09時55分 沖縄タイムス

    【宜野座】米軍HH60救難ヘリが墜落した宜野座村の米軍キャンプ・ハンセン周辺で19、20の両日、琉球大学の矢ヶ崎克馬名誉教授(物理学)と市民団体「オキュパイ普天間」の平良夏芽氏が空間放射線量を調査し、墜落現場から約1キロの地点で最大毎時0・25マイクロシーベルトを観測した。

     矢ヶ崎氏によると、那覇市内の約6倍、法令で定める被ばく基準の年間1マイクロシーベルトを超える値。自然界にないストロンチウム90とセシウム137を観測した地点もあった。

     矢ヶ崎氏は「米軍ヘリ墜落によるものか識別できないが標準よりはるかに高い値。県民の健康を守るため、県が詳細な調査をする必要がある」と指摘した。

     調査地点は米軍ヘリ墜落現場から約1キロの76、77、103ゲートの3カ所。空間線量と地表線量などを測る線量計2種を用い、地面から高さ1センチと同1メートルで30秒ずつ3回調べた。

     空間線量は最小で毎時0・06マイクロシーベルト、最大で0・25マイクロシーベルトだった。77ゲートでは自然界にないストロンチウム90を1平方センチメートル毎0・01ベクレル、セシウム137を同0・06ベクレル観測した。

     今回の測定結果について矢ヶ崎氏は「短時間で被ばく量が大きくなるような状況ではない」と説明。ただ、「たとえば原子炉で作られた放射線が年間1ミリシーベルト超だと法令上では住んではいけない場所になる。住民が生活する空間としては高い線量だ」とも指摘した。

     測定結果が墜落事故によるものか自然放射線か現段階では特定できていないという。矢ヶ崎氏は墜落事故現場の土壌と草を採取し調査する必要性を強調した。

     平良氏は「異常な数値が出たことは事実。どの放射線物質で汚染されているのか精査する必要がある。県に調査するよう求めたい」と話した。

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1668-010c557d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。