11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    福島救出作戦の永続的な遺産:パート1 米国海軍軍人の放射能汚染 

    米国防省がトモダチ作戦に参加した7万人弱の米軍人、軍属とその家族達の医療登録を放棄したということは、彼らがそれだけ強烈な被曝を受け、今後助かる見込みの無い事、治療法も無く、医療費が莫大になる事がわかったことの裏返しです。米軍は同胞達をも見捨てたのです。

    福島救出作戦の永続的な遺産:パート1 米国海軍軍人の放射能汚染
    A Lasting Legacy of the Fukushima Rescue Mission: Part 1 Radioactive Contamination of American Sailors
    January 31, 2013 By Roger Witherspoon
    http://fukushimavoice.blogspot.jp/2013/02/1.html?spref=tw&m=1 より

    米国防省は、日本において、破壊した福島第一原発から放出された放射性雲に捕えられた7万人弱の米軍人、軍属とその家族達の、前例のない医療登録を放棄する事にした。

    登録の更新を止めるという事は、日本の63カ所の基地に駐屯している海兵隊、陸軍、空軍、工兵隊と海軍の軍人達、およびその家族に起こるであろう健康問題の 推移を観る手だてがなくなる、ということである。さらに、原子力空母ロナルド・レーガン第七艦隊の何千人もの水兵達や海兵達に放射能被ばくによる問題が出 ているのかを決定する際、彼らを見捨てる事になる。

    第七艦隊は、南太平洋での任務から福島へ、トモダチ作戦のために派遣された。トモダチ作戦は、日本の東北沿岸部を破壊して2万人以上の死者を出した地震と大 津波に対する、80日間の人道支援と救出作戦だった。この救出作戦は、日本政府に要請され、米国務省、原子力規制委員会、国防省とエネルギー省によって コーディネイトされた。5500人の乗組員を持つ原子力空母ロナルド・レーガン以外に、打撃群は、ミサイル駆逐艦4隻(プレブル、マクキャンベル、カー ティス・ウィルバーとマケイン)と巡洋艦チャンセラーズビル、そしてその他の応援艦で構成された。

    これまでに、救出作戦に参加した150人以上の男女の軍人に、放射能被ばくによって引き起こされたと思われる、腫瘍、振戦、内出血や脱毛などの様々な健康被 害が起こっている。彼らはこの状況について海軍を責めていないが、東電が福島原発から出ている放射能汚染の拡散状況について米国政府に嘘の情報を提供した と言う理由で、東電に対する訴訟に加わりつつある。そして、国防省がトモダチ登録を放棄すると言う事は、彼らが医療的な援助を受けられないという事にな る。

    航空母艦レーガンの航海科士官の2人である、海軍クォーターマスターのモウリス・イニスとジェイミー・プリムは、海上での仕事は区分されているのだと説明し た。艦内で、危険な放射能プルームが風で飛ばされて来ていると知っている人は少なく、海流が汚染させているかもしれないとは、誰も知らなかった。警報機が 鳴った時、問題が起こったのだと分かった。

    「我々は、艦内の塩分除去装置を用いて飲料水を作ります。」と、フロリダ州セント・オーガスティン市出身の28歳であるプリムは言った。「その水は海から来ま す。そして、海が放射能汚染されていました。そのため、艦内の水を一旦全部捨て、汚染がなくなるまで、装置を何度も洗って汚染が残っていないのを検査する 必要がありました。

    艦内には冷却水を必要とする原子力発電所がありますが、その原子炉を、福島原発の原子炉からの放射能で汚染するわけにはいきませんでした。」

    しかし、放射能汚染を避けるのは簡単ではなかった。海流が汚染されていない沖まで移動し、船やパイプを洗い、再び岸へ戻った。

    「我々は、海図上のどの場所に放射能があるのかを目視することができたわけですが、そこを航海するのは緊張しました。」とイニスは語った。「一般の人々、およ び、民間の船は、放射能がどこにあるのか、あるいは、それが何か分からず、口コミや噂に頼っていました。我々はもっと多くの情報を持っていました。しか し、東 電から心配しなくていい、と言われていたがために、どれくらいの放射能が放出したのか、知る手だては完全に閉ざされていました。

    我々は延べ80日、沿岸から2マイル(3.2km)まで近づき、そして、移動しました。風向きに左右されるイタチごっこでした。助けが必要な日本の人達を援助 するために戻り続けましたが、その度、また別の危険な場所に到達しました。最初に警報が鳴った後は、東電がないと言った場所に放射能汚染があり、その度に 全てを遮蔽し、ガスマスクを持ち歩かなければいけませんでした。」

    放射能に関して的確な情報を得る事に関しては、陸に居た米国人達も途方に暮れていた。当時の米国原子力規制委員会(NRC)委員長であったグレゴリー・ヤッ コは、爆発した原子炉から50マイル(80km)以内に居住する米国人の避難を促した。国防省は、放射能探知機が環境放射能の上昇を察知した後、福島から 南へ300マイル(480km)にある横須賀海軍基地から、女性と子供を避難させた。

    情報収集は困難であり、日本の官僚制の融通のきかなさがために、その困難は、さらなる困難さを招いた。『憂慮する科学者同盟』の原子力専門家の2人であるデ イヴィッド・ロックボウム(NRCと原子力産業の元コンサルタント)とエド・ライマン(核物理学者)は、データベースが一時間毎に変わって具体的な情報を 得るのが難しかった混乱期の間の、何千もの政府メールや外電などの調査をした。

    「福島第一原発4号機の爆発後、日本側は使用済み燃料プールの冷却に十分な水を投入する事ができませんでした。」とロックボウムは言った。「なので、米政府は わざわざオーストラリアから、コンクリートポンプトラックを本州北部の米海軍基地へ空輸しました。なのに日本政府は日本の道路を移動する許可証がないと 言って、基地から動かす事を許しませんでした。彼らに起こっていた問題の規模を考慮すると、その優先順位は間違っていると思えました。

    しかし日本文化は、皆が指揮者の指示に従うシンフォニーのようなものです。一方、アメリカ社会は、皆が一緒に演奏していても即興が高く評価される、ジャズ・アンサンブルのようなものなのです。」

    日本側から、まとまった、かつ、信用に値する情報を得られない状況は、アメリカの救助活動の妨げとなった。

    福島から約300km(注:原文では60マイル、すなわち96kmと書かれているが、実際には300km位)に位置する厚木基地がベースの、ヘリコプター戦 隊の上級一等整備士マイケル・シーボーンの回想によると、「地震と津波の後に、我々の戦隊は、一日の猶予を持って、司令部の荷造りをし、仙台と福島地域に 援助活動をするために三沢空軍基地に移動するように言われました。他の戦隊は全部グアムに避難していました。厚木基地が閉鎖されてしまい、もう戻れないで あろうと言う、大きな可能性がありました。もう戻れないだろうから、と自分の車のダッシュボードに名前と電話番号を記すように言われました。

    三沢基地には3週間半居て、人を救助したり物資を運んだり、毎日継続した往復飛行の任務をこなしました。原子力技術者が何人か居て、任務から戻って来る人達 のスクリーニングをしました。軍服の一部分を切ってしまわなければいけないことが多くありました。(注:恐らく軍服の一部分が放射能汚染されていたためと 思われる)」

    シーボーンは、グアムに3日派遣され、集中トレーニングを受けて放射能士官に任命された。それは簡単ではなかった。

    「これは完全に未曾有の出来事でした。我々は、以前に放射能と対処した事はありませんでした。全てが新しい事で、皆、訳が分かっていませんでした。我々は、化 学兵器と生物兵器を用いた演習は十分受けていましたが、放射能を扱った演習は受けた事がありませんでした。これは核の事ですが、我々は核に関しては扱わな かったのです。空軍の連中は、放射能と対処した事がありませんでした。航空機が放射能汚染を受けた事はありませんでした。だから、我々は、全く盲目的に飛 んでいたのです。」

    シーボーンのグループの整備士達にはルールがあった。帰還したヘリコプターに放射能スクリーニングをした。そして、汚染された部品を外して水を張った特別の容 器に入れ、滑走路の離れた場所に隔離した。三沢で雪が降り始めたので、福島に近い厚木基地に戻った。シーボーンは、電動放射能探知機で、変動する放射能レ ベルを、Corrected Counts Per Minute(CCPM)と言う単位で測った。(注:CCPMとは、CPMで測定された実測値からバックグラウンド値を差し引いた数値である)

    「普通の外での自然放射線量は5から10 CCPMです。」とシーボーンは言った。「そして、それは太陽から来る放射線です。厚木基地でのバックグラウンド放射線量は、大気で200から300 CCPMありました。放射能はそこら中にありました。水が放射能で汚染されていました。地面が放射能で汚染されていました。空気が放射能で汚染されていま した。

    ルールはこうでした。何かから500 CCPM以上の測定値が出たら、特別の手袋が必要でした。1000 CCPM以上なら、タイベックス放射能スーツが必要でした。5000 CCPM以上なら、スーツ、フィルター付き保護マスク、ゴーグルと二重手袋の一式が必要でした。汚染されたラジエーターはヘリコプターに戻すことはできな く、取り替えなければいけませんでした。ラジエーターを外して測定した時に、60,000 CCPMだった事があるのを覚えています。」

    しかし、最終的に、安全設備は十分でなかったかもしれない。

    作成に2年かかり、2012年末に完成したトモダチ医療登録は、米国上院退役軍人問題委員会の委員長であるバーモント州のバーニー・サンダース上院議員の主張に基づいて始まった、国防省、エネルギー省と 退役軍人委員会の共同活動であった。

    トモダチ医療登録は、福島第一原発の1号機から4号機より何ヶ月も大気と海に放出された放射能、特にヨウ素とセシウム、への被ばくによる長期的影響があるかと言う事を決めるための医学的ベースラインを作るために不可欠な、徹底した登録制度であった。
    https://registry.csd.disa.mil/registryWeb/Registry/OperationTomodachi/DisplayAbout.do

    トモダチ医療登録の深さは他に例を見なかった。国防省の、252ページに渡る、7万人の米国人の放射能被ばく量評価は、福島からの距離、仕事の種類と呼吸数 への影響、天候の変動、性別、体のサイズや年齢等の色んな因子によって分類されている。子供は、年齢による放射能への感受性を反映して、6つの年齢グルー プに分類された。

    さらに、この報告では「8000人以上が内部被ばく検査を受け、その結果が計算された被ばく量と比較された。」と述べられている。

    しかし最終的に国防省は、全身と甲状腺においての最大で可能な推定被ばく量が、さらなる調査を必要とするほどひどくなかったと言う結論に達した。

    海軍のスポークスマンであるマシュー・アレン大尉の声明書には次のように述べられている。「国防省は、この推定被ばく量の正確さについて非常に高い信頼を 持っています。なぜかと申しますと、この推定被ばく量は、大変保守的な被ばく状況(例えば、環境放射線量が高く、呼吸数が普通よりも多い60日間ずっと、 24時間外に居たと仮定)を仮定した結果であるからです。

    この推定被ばく量は、退役軍人の線量再構成に関する勧告委員会(VBDR)と米国放射線防護・測定審議会(NCRP)によって綿密に検討され、推定被ばく量 の計算方法が適切であり、結果が正確であるという評価を受けました。さらに、線量推定は、日本政府やWHOの推定と一致していました。」

    国防省のスポークスウーマンであるシンシア・スミスは、国防省が重篤な放射能汚染がなかったと決定したため、「2011年3月11日位から始まった福島第一 原発の事故とそれに続く放射能の放出後に日本の本州とその近辺にいた国防省関連の集団の中の誰においても、健康調査対策は必要でありません。」と付け加え た。

    しかし、環境を汚染した放射能レベルが低かったから、日本で生活していた大人や子供の継続したモニタリングが必要でないという、国防省の総括的な結論に懐疑的な意見もある。

    ロックボウムは、「放射能は均一的に拡散しません。」 と言う。「ホットスポットとロースポットがあり、誰が高いゾーンに居て誰が低いゾーンに居るのかは、誰にも分かりません。実際の個人の放射能被ばく量が、 誰に分かると言うのでしょうか?飲食からの被ばく量は(推定の)計算に入れられませんでした。

    これは海軍が行った、数少ないデータポイントをグループ全体に照らし合わせるという、全力の試みです。多数の測定が行なわれましたが、これらは時間の中のひとつのポ イントに過ぎません。夜景をストロボライトで撮影するのに似ています。ストロボがつく度に、場所の一部分の写真を撮る事になります。でもそれで、暗闇の全 てをとらえたと言えますか?」


    A Lasting Legacy of the Fukushima Rescue Mission: Part 1 Radioactive Contamination of American Sailors
    January 31, 2013 By Roger Witherspoon
    http://spoonsenergymatters.wordpress.com/2013/01/31/a-lasting-legacy-of-the-fukushima-rescue-mission-part-1-radioactive-contamination-of-american-sailors/

    The Department of Defense has decided to walk away from an unprecedented medical registry of nearly 70,000 American service members, civilian workers, and their families caught in the radioactive clouds blowing from the destroyed nuclear power plants at Fukushima Daiichi in Japan.

    The decision to cease updating the registry means there will be no way to determine if patterns of health problems emerge among the members of the Marines, Army, Air Force, Corps of Engineers, and Navy stationed at 63 installations in Japan with their families. In addition, it leaves thousands of sailors and Marines in the USS Ronald Reagan Carrier Strike Group 7 on their own when it comes to determining if any of them are developing problems caused by radiation exposure.

    The strike group was detoured from its South Pacific duties and brought to Fukushima for Operation Tomodachi,which was named using the Japanese word for “friend.” It was an 80-day humanitarian aid and rescue mission in the wake of the earthquake and massive tsunami that decimated the northern coastline and killed more than 20,000 people. The rescue operation was requested by the Japanese Government and coordinated by the US State Department, the Nuclear Regulatory Commission, and the Departments of Defense and Energy. In addition to the USS Ronald Reagan with its crew of 5,500, the Strike Group included four destroyers – The Preble, McCampbell, Curtis Wilbur, and McCain – the cruiser USS Chancellorsville, and several support ships ( http://bit.ly/11bfTqS ).

    It was the participants in Operation Tomodachi – land based truck drivers and helicopter crews, and carrier based aircraft and landing craft – who were repeatedly trying to guess where the radioactive clouds were blowing and steer paths out of the way. It was unsuccessful on more than one occasion, according to Defense Department records and participants, resulting in efforts to decontaminate ships travelling through contaminated waters and cleansing helicopters only to send them right back into radioactive clouds.

    So far, more than 150 service men and women who participated in the rescue mission and have since developed a variety of medical issues – including tumors, tremors, internal bleeding, and hair loss – which they feel were triggered by their exposure to radiation. They do not blame the Navy for their predicament, but are joined in an expanding law suit against the Tokyo Electric Power Company, TEPCO, for providing false information to the US officials about the extent of spreading radiation from its stricken reactors at Fukushima. And the decision by the Defense Department to abandon the registry leaves them on their own. ( http://bit.ly/XpfJW5 )

    Jobs are compartmentalized at sea explained Navy Quartermasters Maurice Enis and Jaime Plym, two of the navigators on the carrier Reagan. Few of those on board knew there were dangerous radioactive plumes blowing in the wind and none knew what ocean currents might be contaminated. They did know there were problems when alarms went off.

    “We make our own water through desalinization plants on board,” said Plym, a 28-year-old from St. Augustine, Florida. “But it comes from the ocean and the ocean was contaminated. So we had to get rid of all the water on the ship and keep scouring it and testing it till it was clean.

    “You have a nuclear power plant inside the ship that uses water for cooling, and they didn’t want to contaminate our reactor with their reactors’ radiation.”

    But avoiding it was not easy. It meant going far enough out to sea where there were no contaminated currents, washing down the ship and its pipes, and then going back towards shore.

    “We could actually see the certain parts of the navigation chart where radiation was at, and to navigate through that was nerve wracking,” said Enis. “The general public, like the ship, didn’t really know where it was or what it was and relied on word-of-mouth and rumors. We have more information, but there was no absolute way for us to know how much radiation was out there because we were still being told by the (Japanese) power company that we shouldn’t worry.

    “We stayed about 80 days, and we would stay as close as two miles offshore and then sail away. It was a cat and mouse game depending on which way the wind was blowing. We kept coming back because it was a matter of helping the people of Japan who needed help. But it would put us in a different dangerous area. After the first scare and we found there was radiation when they (the power company) told us there was none, we went on lockdown and had to carry around the gas masks.”

    When it came to getting timely information on radiation, the Americans on land were just as much at sea. Gregory Jaczko, then Chairman of the US Nuclear Regulatory Commission, urged the evacuation of all Americans within 50 miles of the stricken reactors. And the Defense Department evacuated women and children from the Yokosuka Naval Base, located about 185 miles south of Fukushima, after sensors picked up increases in background radiation.

    Information was hard to come by, exacerbated by the rigidity of the Japanese bureaucracy. Two nuclear experts at the Union of Concerned Scientists, David Lochbaum, who has worked as a consultant for the NRC and industry, and Ed Lyman, a nuclear physicist, have examined thousands of government emails and cable traffic during a confusing period where the data base shifted by the hour and concrete information was hard to come by.

    “After the explosion in Fukushima Daiichi Unit #4 the Japanese were not able to get enough water into the building to keep the spent fuel pool cool,” Lochbaum said. “So the US airlifted a concrete pumper truck all the way from Australia to an American naval base in the northern part of the island. And the Japanese would not let it leave the base because it wasn’t licensed to travel on Japanese roads. Given the magnitude of their problems, that seemed to be the wrong priority.

    “But the Japanese culture is more like a symphony, where everyone follows the conductor’s lead. Whereas American society is more like a jazz ensemble where everyone is playing together, but improvisation is prized.”

    The inability to get cohesive, trustworthy information from the Japanese hampered the American rescue effort.

    Michael Sebourn, senior chief mechanic for the helicopter squadron based at Atsugi, about 60 miles from Fukushima, recalled that “after the earthquake and tsunami we were given one day notice to pack up the command and go to Misawa, Japan Air Base to provide relief efforts to the Sendai and Fukushima areas. All of the other squadrons were evacuating to Guam. There was a big possibility that the base at Atsugi would be shut down and we would never be returning. We were told to put our names and phone numbers on the dashboards of the cars because we would probably not get them back.

    “We were in Misawa 3 ½ weeks, working every day, flying mission after mission after mission to pick people up, rescue people, ferry supplies and things like that. There were a few nuclear technicians scanning individuals coming back from missions. Many times they would cut off their uniforms.”

    Sebourn was sent to Guam for three days of intensive training and became the designated radiation officer. It wasn’t easy.

    “This was a completely unprecedented event,” he said. “We had never dealt with radiation before. We were completely brand new to everything and everyone was clueless. We had had drills dealing with chemical and biological warfare. But we never had any drills dealing with radiation. That was nuclear stuff and we didn’t do nuclear stuff. The aviation guys had never dealt with radiation before. We had never had aircraft that was radiated. So we were completely flying blind.”

    There were rules for Sebourn’s group of mechanics. They scanned the returning helicopters for radiation, and then removed any contaminated parts and put them in special containers filled with water and stored on an isolated tarmac. It began snowing in Misawa so the group moved back to their base at Atsugi, closer to Fukushima. Sebourn tracked varying radiation levels in units called Corrected Counts Per Minute on their electronic detectors.

    “Normal outside radiation exposure is between five and 10 CCPM,” he said. “And that’s from the sun. At Atsugi, the background readings were between 200 and 300 CCPM in the air. It was all over. The water was radiated. The ground was radiated. The air was radiated.

    “The rule was if there was anything over a count of 500 you needed special gloves. Over 1,000 CCPM and you needed a Tyvek radiation suit. And if it was over 5,000 you needed an entire outfit – suit, respirator, goggles, and two sets of gloves. You couldn’t put a contaminated radiator back into the helicopters – they had to be replaced. I remember pulling out a radiator and it read 60,000 CCPM.”

    But in the end, the safety equipment may not have been enough.

    The Tomodachi Medical Registry, developed over a two year period and completed at the end of 2012, was a collective effort of the Departments of Defense, Energy, and Veterans Affairs launched at the insistence of Vermont Senator Bernie Sanders, chairman of the Senate Veterans Affairs Committee. ( http://bit.ly/14ABPuj )

    It was an exhaustive registry essential to develop a medical baseline from which to determine if there were any long lasting repercussions from exposure to radioactivity – particularly iodine and cesium – spewing for months from the Fukushima Daiichi reactor units 1 through 4 into both the air and the sea.

    The Registry was unparalleled in its depth. The Defense Department’s 252-page assessment of radiation doses the 70,000 Americans may have been exposed to is broken down by a host of factors, including proximity to Fukushima, the type of work being done and its impact on breathing rates, changing weather patterns, sex, size, and age. In the latter category children were divided into six different age groups, reflecting their varying susceptibility to radiation. ( http://bit.ly/U42a1X ).

    In addition, the report states “over 8,000 individuals were monitored for internal radioactive materials and the results of those tests were compared with the calculated doses.”

    In the end, however, the Department concluded that their estimates of the maximum possible whole body and thyroid doses of contaminants were not severe enough to warrant further examination.

    Navy spokesman Lt. Matthew Allen, in a written statement, said “The DoD has very high confidence in the accuracy of the dose estimates, which were arrived at using highly conservative exposure assumptions (i.e., assuming individuals were outside 24 hours a day for the 60 days in which for environmental radiation levels were elevated and while breathing at higher than normal rates).

    “The estimated doses were closely reviewed by the Veterans’ Advisory Board on Dose Reconstruction and by the National Council on Radiation Protection and Measurements who both agreed that the methods used to calculate the estimates were appropriate and the results accurate. In addition the dose estimates were consistent with the estimates made by the Japanese government and by the World Health Organization.”

    Defense Department spokeswoman Cynthia Smith added that as a result of the agency’s decision that there was no serious contamination, “There are no health surveillance measures required for any member of the DoD-affiliated population who was on or near the mainland of Japan following the accident and subsequent radiological release from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station beginning on or about March 11, 2011.”

    But there are skeptics of the Defense Department’s blanket conclusion that there was not enough radiation poured into the environment to warrant continuous monitoring of the men, women, and children living and working there.

    “Radiation does not spread in a homogeneous mix,” said Lochbaum. “There are hot spots and low spots and nobody knows who is in a high zone or in a low zone. Who knows what the actual radiation dose to an individual is? There are no measurements of what they consumed in water and food.

    “This is the Navy’s best attempt to take a few data points they have and extrapolate over the entire group. They took a lot of measurements, but those represent just a point in time. It’s like taking a strobe light outside to take a picture of a nighttime scene. Every time the strobe flashes you will get shots in spots of the area. But do you really capture all of the darkness?”

    –Winifred Bird contributed reporting from Japan

    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 社会問題

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1675-56835e4a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。