11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    世界の金融システム、とりわけアメリカの金融システムが破綻する訳 「ドルは国家が刷った札ではなかった。円も。ポンドも」 

    世界の金融システム、とりわけアメリカの金融システムが破綻する訳

    それは通貨発行権が「国家」ではなく、国際銀行家と言われるロスチャイルド家、ロックフェラー家が所有する、中央銀行「アメリカ連邦準備銀行(FRB)」「イングランド銀行」「日本銀行」などにあるからであり、彼らは「無」から「お金」を生み出す事を許されているからなのです。

    また彼らはその金融マーケットを操作できる立場にあり、過去何度か金融恐慌を起こして市民の富を吸い上げて莫大な利益を上げ続けてきています。

    ということは、今回の米国債債務不履行危機ですが、仕組まれているように思えてなりません。

    株も紙幣も価値が無くなる事はあり得ないと、今日の東証株式市場も活発な売買が行われていました。

    しかし、本当は実体の無い「マネー」の売買に一体何の価値があるのでしょうか。

    ある日、預金が、株が、紙くずにならないと誰が保証するのでしょうか。

    その通貨を発行しているのは国ではなく「私企業」であり、信用を失えば、価値がゼロになるのは間違いありません。

    そんな訳で、今日もただの一企業が代理発行する「おカネ」の話をします。

    マネーの話は3回目でだぶりますが、新しい観点と証言が得られます。

    ご覧ください。




    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1721-bac01aa6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。