11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    山本太郎議員に感謝します。マスコミや議員がどんなバッシングをしても、貴方の真意は我々国民にはわかっています。我々を助けたい。その一心で行動して頂いています。頭が下がります。 

    私は山本太郎議員に感謝します。

    マスコミや議員がどんなバッシングをしても、貴方の真意は我々国民にはわかっています。

    我々を助けたい。その一心で行動して頂いています。頭が下がります。

    いつも本当のことを言う山本太郎を、原発被害を放射能汚染を無かったことにしたい政府、原子力ムラ=マスコミは排除したい。

    常にそれだけを考えている連中が「天皇不敬、政治利用」という新たなネタを掴み大騒ぎしているのです。

    ネットやツイッターでは自民党「トゥルースチーム」に雇われたアルバイト工作員達が、また一斉に山本叩きを始めています。彼らの発言は我々の「民意」ではありません。自民党の「世論工作」です。

    私は貴方の議員辞職などもっての他で、辞めるなら「安倍晋三」の方ですし、議員辞職発言をした下村文部科学相です。

    お手紙を渡すのが無礼だとも政治利用だとも我々には思えません。

    どうか毅然として対処して頂けます様、今後共宜しくお願い致します。

    本当に頼りにしています。

    そして山本太郎議員のことは我々国民が守ります。



    「天皇陛下への手紙」山本太郎さん記者会見ノーカット10/31(全部文字起こし)
    みんな楽しくHappy♡がいい♪
    http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3372.html より



    2013年10月31日


    記者:今日の園遊会での出来事について説明してください

    山本:説明というと

    記者:今日手紙を渡されたという報道がありますががそれについて

    山本:陛下にお手紙を渡させていただきました

    記者:その手紙の内容について、どう言った内容だったんですか?

    山本:
    内容ですか。
    今の現状をお伝えするという内容ですね。
    例えば、いま子供たちの被曝、この先進んでいくと本当に健康被害がたくさん出てしまうといことですね。
    それだけではなく、食品の安全基準という部分でもすごく危険な部分があるんですという話だとか、
    あとやっぱり、原発の収束作業員ですね。
    この人たちが本当に最悪の労働環境で収束作業をやってくださっている。
    本当に劣悪な環境の中で、しかも、搾取されながら労働の対価というものを手にすることなく、
    命をはりながら、命を削りながらやっているにもかかわらず、
    健康管理とか放射線管理というものがずさんなままにされている実情ですか、
    そのようなことを手紙の中にしたためたという感じです。

    記者:手紙は前から準備されていたんですか


    山本:前からという訳ではないですけど、書いたのは前日ですね。

    記者:
    今回手紙を渡したことはけこう異例のことで、
    自民党の中には「世が世なら大変なことだ」という批判の声や、
    また、官房長官が今日の記者会見の中で
    「手紙を渡すことがその場にふさわしいかどうか常識的に判断していただくことだ」
    という発言をされていますが、そういった声に対してちょっと、


    山本:
    確かにいろんなご意見もあると思います。
    園遊会という場において、その…お手紙をお渡しすることが本当にどうなのか、
    という事もあるかとも思うんですけれども、本当にこの切羽詰まった状況の中で、時間との闘いですね。
    その中でどうやって子どもたちを守れるのか?という部分においてその実情をお伝えするというのが、
    この国に住む者として、この世に生まれたものとして
    やはり情報をお伝えしたい気持ちがあふれ出たものだということをご理解いただきたいです。


    記者:
    国会議員という立場でこうやって手紙を渡すことについてですね、
    政治利用に引っ掛かるんじゃないかという話があるんですが、

    山本:
    もちろん僕は国会議員なのでそのような声もあると思うんですが、
    これは政治だとか、そういう問題では無くそれ以前の問題で、
    本当に、この国では見捨てられようとしているその現実というものを、
    沢山の人達に認識していただかなければいけないし、
    もちろん、すごく聡明な方なのですでにご存じだとは思うんですけれど、
    やはり自分の中で、今この国の置かれた現状、
    世界中が踏み込んだところがないようなところに僕たちが置かれていて、
    やっぱりそういう健康被害があるとか、という部分に関してはほとんど考えられていない中、
    この先この国がどうなっていくのかって言う事を本当に愁いて、その気持ちが溢れたという事で。


    記者(産経新聞):産経新聞です。パフォーマンスじゃないですか?

    山本:パフォーマンス!なんのために?

    記者(産経新聞):単なる政治パフォーマンスとしか見えないんですね。

    山本:どうしてですか?

    記者(産経新聞):政治利用、これ天皇陛下はですね、政治利用したって言うことに繋がるわけですね。

    山本:繋がらないです。

    記者(産経新聞):なぜ繋がらないんですか?

    山本:
    僕が天皇陛下に対してお手紙を書いたという事が、どうして政治利用になるんですか?
    どのような利点があるというんですか?

    記者(産経新聞):なぜそれが政治利用でないと言い切れるのか根拠がよく分からない

    山本:今のお話を聞いていただければわかると思うんですけど。

    記者(産経新聞):政治家だったら何をしてもいいという事でしょうか?

    山本:そんなことは一言も言っていませんが。

    記者:それは・・あのー山本議員は実際にやっていますよね

    山本:
    だから先程から言っています通り、やはりこの国に生きるものの一人として、
    政治家である前に人間として、やっぱり今僕たちがこの置かれたこの立場というものに対して、
    ものすごく愁いをもっているんですね。
    そしてやはり、今日園遊会という場所に招いていただいて、
    で、天皇陛下に対して自分自身で伝えたいことというものが溢れたかたちです。

    記者(読売新聞):
    すみません、あの読売新聞なんですけれども、
    陛下ともし、やりとりがあったら教えていただけますか?

    山本:
    えっと、陛下には話しかけたんですけれども、
    その、・・子どもたちの未来が危ないです。健康被害というものも出てきております。
    福島の東電原発の収束作業員は本当にひどい労働環境の中働かされているという現実があります。
    という事をお話しました。


    記者(読売新聞):陛下の方はなんかお答えになったんですか?

    山本:
    ちょっと聞き取りづらい部分があったみたいで、もう一度聞き直していただくという事がありました。
    それで「この手紙のほうに事情が書いてありますので、これを読んでいただけませんか」
    という事で受け取って頂きました。

    記者(読売新聞):えっと分量はどの位?

    山本:分量ですか?文字数にしてというのは僕は分からないんですけれども、でも、

    記者(読売新聞):便箋かなんかで何枚位?

    山本:そうですね、一枚に繋がった紙に書いたんですね。

    記者(読売新聞):一枚ですか?

    山本:はい、あの、筆で書いたものですから。

    記者:
    筆で書いた。巻紙かなんか?
    現状を伝えたいって言うのは分かったんですけれども、
    陛下にどうしてもらいたかったんですか?

    山本:
    「どうしていただきたい」というよりも、「現状を知って頂きたい」ということで、
    そういうのもやはりみなさん、ね、よくよくご存じだと思いますけれども、
    やっぱりいろんなバイアスがかかりますよね?
    メディアといえどもスポーンサーの影響を受けたりとかいろんな部分があると思うんです。
    で、今フリージャーナリストという人達がすごく頑張ってくれていて、
    僕達に真実を伝えてくれているというのがありますけれども、
    でも、この先やっぱり特定秘密保護法とか担っていけば、その人達は排除されてしまう時代が来る。
    とにかく今この国で起こっている、
    本当は予防原則に立たなければいけない部分も一切無視して
    「安全だ」と言われ続けることに対しての、憤りであったりとか不安であったりとかという思いが、
    自分の中にものすごく大きくあります。
    そういう部分に関して、やっぱりあのー、こういうせっかくの機会というものを頂いたので。

    もちろん、ただ陛下とお会いできるという時間というものは素晴らしいものだと思うんですけれども、
    自分の思いであったりとか、で、陛下にその思いを伝えたいという部分がですね。


    記者:天皇陛下はなんか山本さんにおっしゃいましたか?

    山本:
    特に僕の言葉に対して何かお答えをくださったという訳ではないんですけれども、
    「手紙を読んでいただけますか」という事をお伝えしたら受け取って下さったという事です。

    記者:受け取ったのは侍従長ですか?

    山本:違います。天皇陛下に直接受け取って頂きました。

    記者:なぜ陛下だったんですか?

    山本:
    えーっと・・・なぜ。
    きょう、園遊会という場面だったので、ということなんで

    記者:陛下は山本議員の中ではなんか特別ではないんですか?

    山本:
    あのー、ま、この国の象徴であるという意味あいで、
    全国民にとってはそれぞれ思いがある存在だとは思いますけれど。


    記者(田中龍平):
    あのー昔足尾鉱山鉱毒事件というのがあって、
    その時に国会議員の田中正造という人がやはり天皇陛下に今回と同じように直訴したんですよ。
    それは非常に今の歴史にたたえられているんですよね。
    今回山本さんが手渡して、ツイッター上では「平成の田中正造」だという評価があるんですが、
    田中正造さんのことは意識されましたか?


    山本:
    えっと「意識」というものは、ハッキリ言えば特にはないです。
    田中正造さんの存在は知っています。
    直訴されたということも知っています。
    あのー、ま、当時も公害であったりとかそういうものに苦しまれている人達がいて、
    止むにやまれずというか、本当にメッセージを伝えたいという部分で行動なされたと思うんです。

    記者:じゃあ、これは直訴をして何かをして欲しいということなんですか?

    山本:
    いえ、現状を、さきほどから繰り返しているとおり、
    僕が感じる現状というものを陛下に知っていただきたくてお手紙をしたためたという事です。

    記者(田中龍平):
    足尾銅山の鉱毒事件よりも今度の方が広がりが大きいし深刻だし、
    時間もこれはずーっと長いし、そこら辺の切羽詰まった感じってやっぱりありましたか?

    山本:
    もちろんそうですね。
    皆さんもうご存じだと思うんですけれども、プルトニウムの半減期は2万4000年ですよね。
    で、プルトニウムはもうおそらく気化した、あの時。
    なぜならばプルトニウムが気化する温度よりももっと高いモリブデンというものも
    もうすでに茨城県の気象台でそれがあるという存在が明らかにされているんですね、2011年の時点で。

    じゃあどうしてそれだけ多くの放射性核種が日本全体にばら撒かれた状態でありながら、
    セシウム、ヨウ素というものしか中心に調べないのか?という事ですよね。
    もっと細かく調べていかないことにはそれぞれの汚染度というものは分からない訳ですね。

    どちらかというと国も、そしてメディアも、
    「この汚染は福島にしかない」というような印象がすごく強い感じがするんです。
    ようは福島県に、福島県にしか汚染は存在しないというような
    取り方ができるような報道があまりにも多い。
    そうじゃない。
    東日本一帯に広がっているじゃないか、斑状に。
    東京にもホットスポットがありますよね、っていう話ですよね。

    で、事故前から考えたら、今僕たちが与えられている基準というのはあまりにもおかしいじゃないですか。
    放射線管理区域以上のところに人々が住んでてよかったか?
    当り前のことが当たり前に伝えられなくて、
    当り前のようにそれが報道されないというのはあまりにもおかしい。
    ま、いまの話から少しずれてしまったかもしれないんですけれども

    記者:
    重ねてお尋ねしますけれども、
    今日の行為については天皇の政治利用にはつながらないという御認識ですか?

    山本:はい、もちろんです。


    記者:
    陛下に対してお手紙を渡して、その先にして欲しいという、
    なにかしていただきたいという気持ちはあるんですか?

    山本:
    していただきたいことですか・・・、
    これはおそらく、ま、なんていうか、立場、身分というものをやっぱり超越して、
    この国に生きるもの、この星に生きるものの一人として、
    生命体の一つとしてすべてのものが向き合わなければいけない問題だと思うんです。
    だから伝えられることは、僕自身がお伝えできることはお伝えしたので、
    で、それをどう受け止められるかというのはそれぞれだと思うんです。

    記者:
    園遊会という場でですね、ご自身が政治的内容の主張が入ったお手紙を渡されたという事だけで
    これだけ集まったという事でですね、
    やはり政治上で陛下を利用したという不満は起きると思うんですけれども。
    それはやっぱり当らない?


    山本:
    そうですね、僕としてはそういう思いは全くないです。
    政治利用なんてとんでもないという話なので。


    記者:たとえば個人的な政治主張な訳ですか?

    山本:「政治主張」っていうんですかね?こういうの。

    記者:
    「思い」ですね、
    思い。だからみなさんそれが大事なことだと思って皆さん政治活動をするわけですから。

    山本:
    でも自分の政治活動になにかを役立てようとして、
    そういうようなアクションを起こしたわけではないという事です。


    記者:そういう理由ではない?

    山本:はい

    記者:今回お渡ししたのは、参議院議員の山本太郎としてお渡ししたという事でよろしいんですか?

    山本:
    もちろん園遊会に出席させていただいたのは肩書としては参議院議員の山本太郎なので
    その問題ではそうなると思います。


    記者:天皇陛下に直接上訴することは参議院議員の役割だとお考えですか?

    山本:先ほどお話しした通りだと思います。

    記者:
    参議院議員の役割を超えているとお考えですか?
    それとも参議院議員の役割とは天皇陛下に直接伝えることだというふうにお考えですか?

    山本:
    いえいえ!そんなことはないです。
    参議院議員の仕事としてという部分ではないと思います。
    ひとりの人間としてお伝えしたいことがあった、ただそれだけです。

    記者:
    あのー、国会議員として情報発信していく時もあると思うんですけれども、
    それをあえてですね、陛下に渡したというのは、
    やっぱり、そうすることによってご自身の主張が注目を集めやすくなるだろうという、
    そうお考えなんでしょうか?

    山本:
    いや、だってもしもそのつもりであれば、もうすでに皆さんにその内容を公開しているはずですよね。
    意味分かりますか?

    記者:いやもうすこし

    山本:
    あ、ごめんなさい。
    もしも僕が政治利用をして、自分の発言に対して注目をしてもらいたいということで
    天皇陛下を政治利用するという形なのであれば、
    自分自身が天皇陛下にあてて書いた手紙というものを、もうすでに公開しているんじゃないでしょうか?
    内容について。
    もしも本当に自分も政治活動に対してそれを利用したいという思いなのであれば、
    そういうことをするはずですよね。
    でも、そうではなく、本当に自分の気持ち、自分の思いというものを、
    天皇陛下に対して知っていただきたい。
    そして、そこは、先ほども言いましたけれども、
    立場であったり、身分というものは、もうしわけないですけれども、一度横に置かしていただいて、
    あの、この国に生きる、この星に生きる命のひとつとして、その思いを伝えたかったということです。
    例えば、これがもしも園遊会でなく、全く別の集まりであったとしても、
    僕は同じような思いでいろんな方々にお話をしているということですよね。

    記者:
    もし差し支えない範囲でいいんですけれども、
    なにか一節こういうのを書いたというのがあれば、一文・・・。

    山本:
    一文・・・、
    ま、現状を書いたまでですね。
    被曝労働者、収束作業に関わっている人たちが、
    最初、東電というところに8万円の労賃が入るんですけれども、
    結局、最下層の下請けというところからお金を貰う人たちは、数千円しかもらえていないと。
    高線量エリアで命をかけて労働してくれている方々は、常に切り捨てられている存在であります。
    とういような現状を書いたという覚えがあります。
    なんか本当に・・・

    ーー:はいどうもありがとうございました。
    ーー:すみませーん。お時間なんで。
    ーー:ごめんなさい。

    記者:失礼にあたるかもしれないというふうには思わなかった?

    ーー:申し訳ありません、お時間なんで。

    山本:
    ルール的には「園遊会の中でお手紙を渡すということが禁じられている」
    ということは聞いていなかったという部分があります。
    でも常識的に考えて、陛下に対して、お手紙をお渡しするという行為が失礼に当たるかもしれない。
    けれどもやっぱりこの現状を知っていただきたいという自分の気持ちが勝ってしまったという部分ですね。

    記者:禁じられていなければ何をやってもいいということですか?

    ーー:はい、じゃあすみません、ありがとうございました。

    記者:禁じられていなければ何をやってもいいという事ですか?

    山本:それは、

    ーー:いやすみません。終わりにさせていただきますので。

    記者:お答え下さい、ちゃんと。禁じられていなければ何をやってもいいという事ですか?

    山本:そのことによるんじゃないですか。その内容によるんじゃないですか。

    記者(女性):
    法律で許されていれば出来るんじゃないですか?
    法律で禁じられていなければ出来るという事ですよね?

    山本:そうですよね。

    ーー:はい、もう申し訳ないんですけれども次ちょっとお約束が、外で待っていますのでこれ以上。

    記者:
    外形的にはね、やっぱり政治利用であり、憲法にもねかかわる問題だという認識はないんですか?
    そういうふうに見えますけど。

    山本:
    あのー、どのようにレッテルを貼っていただいても結構です。
    それはなんやろう、公人という立場で僕がそのような行為をしたことに対して、
    みなさんが言いたいように言っていただいて結構です。
    でも自分自身どういうつもりで、どういう気持ちでその手紙をしたためたか。
    そしてどういう気持ちで、天皇陛下に受け取っていただいたかというのは先ほど説明した通りということです。
    ありがとうございました。

    2013110111.jpg

    これは「拝」と言い、天皇や神様に対してのみ行う、90度の角度でお辞儀をする作法。
    このような作法の礼をするなんて・・・、太郎さんの決意を感じます。


    原発 放射能 水道 食品汚染 TPP
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 社会問題

    ジャンル: ニュース

    報道  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1738-59f6b771
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。