11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    【日本が戦場になったその事実】「沖縄戦を学ぶ8」 失われた青春時代 上 赤い炎上げる首里城 神風吹き勝利疑わず 島袋文雄さん(81) 

    <未来に伝える沖縄戦>8
    島袋文雄さん(81)
    失われた青春時代 上
    赤い炎上げる首里城 神風吹き勝利疑わず
    2011.11.12 琉球新報


    沖縄戦当時、県立一中(現・首里高校)に通う15歳だった那覇市の島袋文雄さん(81)は、米軍による爆撃で母親と祖父を亡くしました。島袋さんの戦争体験を上山中1年の金城和佳乃さん(12)と玉城歩未さん(13)が聞きました。

     私は父親を早くに亡くし、那覇市前島の母親の実家で、母と祖父、母のきょうだいと暮らしていた。一中に入学したのは1944年4月。当時から米軍が攻めてくると言われていて、勉強できたのは一学期のわずかだけで、すぐに勤労学徒として戦争に動員されてしまった。

     《同年10月10日、那覇港で軍需品の運搬作業に従事していた島袋さんは「10・10空襲」と言われる米軍の大空襲に見舞われました》

     朝早くに作業していると、上空を戦闘機が飛んでいたよ。最初は日本軍の飛行機かなと思ったけど、刀を持った将校が「敵機来襲」と叫んで来て、避難命令が出された。それで、友達と2人で近くの防空壕に避難した。「ボーン、ボーン」と爆発音がしたと同時に壕の中は大きく揺れ、私の足はガタガタと震えが止まらなくて、生きた心地がしなかったよ。

     爆発音が一時止まったのを見計らって友達と壕を出ると、周りは戦闘機の爆撃で燃え上がっていた。私たちは脇目もふらずに壺屋のあたりまで逃げて、そこで友達と別れて前島の家に走って逃げたわけよ。昼過ぎごろに家に着くと家族は防空壕に入っていて全員無事だったけど、すぐに空襲が再開した。

     間もなく「プスプス」と何かが燃える音が聞こえ、見ると瓦ぶきの家が燃えていた。バケツにくんだ水をかけて火を消そうとするおじに「消せるわけない」と言って止めたことを今でも覚えているよ。今の上山中の周辺ではたくさんの方が亡くなったと聞いた。私ももしかしたら死んでいたかもしれないね。

     《「10・10空襲」で家を失った島袋さん一家は浦添市沢岻に避難しました。1945年4月の米軍上陸後、そこも攻撃を受けました》

     艦砲射撃に遭い落盤で壕の入り口がふさがれた。土砂の隙間からわずかに光が差していたので、逃げ込んだ数人で土砂をかき分けてはい出てきた。

     ここももう危ないということで、家族と一緒に南に逃げることになったんだよ。

     守礼門近くまでくると首里城内から赤い炎が舞い上がっているのが見えた。一部なのか全部なのか分からないが、とにかく火の手が上がっていた。軍国少年だった私はそれでも日本の勝利を疑わなかった。神風が吹くんだと。

    動画


    <メモ>首里城

     沖縄戦では旧日本軍が首里城の下に地下壕を掘り、沖縄守備軍(第32軍司令部を置きました。壕は守礼門などから首里城の地下を経て、金城町方面へと抜ける総延長約千メートル。激しい空襲や砲撃を想定し、地下15~30メートルに築かれ、司令官、参謀長らの居室や無線室、診療所、作戦室が配置されました。

     司令部が置かれたため、シュガーローフ(現・那覇市安里)など首里那覇一帯では日米両軍が激しい戦闘を繰り広げ、多数の死者が出ました。首里城は1945年5月、米軍艦などからの砲撃を受け、焼失、陥落したとされています。首里城陥落で司令部を追われた旧日本軍はますます劣勢に立たされます。92年に正殿などは復元されています。

    原発 放射能 食品汚染 TPP 沖縄戦 
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    沖縄戦  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/1797-3b3365e7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。