11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    福島の累積線量は改ざんされている! 

    「安禅不必須山水」
    ni0615

    これは毎日新聞が毎日載せている図表です。
    激しく報道された「計画的避難地域である飯舘村問題」、その要因である『累積線量』が分かりやすく図示されています。

    【毎日新聞】
    福島第1原子力発電所周辺の累積線量結果(2011年4月15日付朝刊)
    1361105.jpg

    しかし良く見てください。
    飯舘村や浪江町については、
    「4月13日現在」で「502時間」とあります。

    「4月13日」から502時間を遡ると、20日と22時間です。
    ということは、
    3月23日からの累積ということになります。
    それ以前は、計算に入れていません。

    誰もが知っています。
    この図の計算から省かれている3月15日~22日の8日間こそ、累計値を左右するピークの期間なのです。

    【参照】
    福島第一原発20Km以遠のモニタリング結果
    『大本営now』が隠蔽した放射線データ

    8日間といえば、ちょうど放射線ヨウ素131の半減期です。乳児や幼児の甲状腺に傷害をもたらすヨウ素131の被曝は、この8日間に集中しているといってよいでしょう。それを、なぜ除外してしまったのでしょうか?

    毎日新聞さん、この図表はいったいどこのデータを基にしているのか、教えてください。
    元データとの照合は必要ですが、オミットされた最初の8日間を、文部省公表データで補填して計算してみます。


    ※なお私は、カウンターの誤差、測定者測定機器の変化などを考えますと、2割ぐらいの誤差があると考えています。

    ※飯舘現地に行って測定した今中先生の話では、そうした誤差以外に、正確な測定であっても、微妙な地形の変化で降り積もった放射性物質の量が大きく変化し、測定値も揺らぐとのことです。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    【浪江町津島地区】のより正しい累積線量(外部被曝)

    文部科学省によるモニタリング
    http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1304001.htm
    を見ますと

    3月15日測定なし
    3月16日観測点21 80.0 μSv/h(24時間積算 1.92mSv/d)
    17日観測点32 167 170 158μSv/h(平均169μSv/h,24時間積算3.96mSv/d)
    18日観測点32 140 140 150μSv/h(平均143μSv/h,24時間積算3.44mSv/d)
    19日観測点32 132 136 135μSv/h(平均134μSv/h,24時間積算3.22mSv/d)
    20日観測点32 105 110 110μSv/h(平均108μSv/h,24時間積算2.59mSv/d)
    21日観測点32 90.0 61.0*μSv/h(平均75.5μSv/h,24時間積算1.81mSV/d)
    22日観測点32 75.0μSv/h(平均75.0μSv/h,24時間積算1.80mSv/d)
    -------
    15日~22日 8日間積算 18.74mSv(ミリシーベルト)以上です。

    すると、図中の16.02mSvは、
    16.02+18.74=34.76

    「34.76mSv(ミリシーベルト)以上」
    としなくてはなりません。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    【飯舘村】のより正しい累積線量(外部被曝)

    3月15日測定なし
    3月16日観測点22 26.0 μSv/h(24時間積算 0.624mSv/d)
    17日観測点33 91.8 95.1 78.2Sv/h(平均88.4μSv/h,24時間積算2.12mSv/d)
    18日観測点33  52 52 52μSv/h(平均 52.0μSv/h,24時間積算1.25mSv/d)
    19日観測点33 57.1 55.6 59.2μSv/h(平均57.3μSv/h,24時間積算1.38mSv/d)
    20日観測点33 60.0 55.0 55.0μSv/h(平均56.75μSv/h,24時間積算1.36mSv/d)
    21日観測点33 45.0 111.0*μSv/h(平均78.0μSv/h,24時間積算1.87mSV/d)
    22日観測点33 40.0 95.0*μSv/h(平均67.5μSv/h,24時間積算1.62mSv/d)
    ----
    15日~22日 8日間積算 10.22mSv(ミリシーベルト)以上です。

    すると、図中の9.303mSvは、
    9.303+10.22=19.52

    「19.52mSv(ミリシーベルト)以上」
    としなくてはなりません。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    【福島市】のより正しい累積線量(外部被曝)

    3月15日測定なし
    3月16日観測点A(屋外) 18.0 μSv/h(24時間積算 0.432mSv/d)
    17日観測点1 7.0 8.0Sv/h(平均7.5μSv/h,24時間積算0.18mSv/d)
    18日観測点33  8.5 8.0μSv/h(平均 8.24μSv/h,24時間積算0.198mSv/d)
    19日観測点33 6,5 8.2μSv/h(平均7.35μSv/h,24時間積算0.176mSv/d)
    20日観測点33 6.0 5.0μSv/h(平均5.5μSv/h,24時間積算0.132mSv/d)
    21日観測点33 5,0 4,5μSv/h(平均4.75μSv/h,24時間積算0.114mSV/d)
    22日観測点33 5,2 3,5μSv/h(平均4.35μSv/h,24時間積算0.104mSv/d)
    ----
    15日~22日 8日間積算 1.336mSv(ミリシーベルト)以上です。

    すると、図中の0.56mSvは、
    0.56+1.336=1.89

    「1.89mSv(ミリシーベルト)以上」
    としなくてはなりません。


    そうすると、毎日新聞の図は次のように書き換える必要があります。

    1361316.jpg


    福島市の放射線量率の変化は、福島大学のサイトに載っています。
    http://www.rb.sss.fukushima-u.ac.jp/user/taka/radiation/
    それを見れば、肝心のところを意図的に削除した積算であることが、よく分かります。

    福島市の放射線量率の推移

    1361341.jpg


    ※なお、3月16日の夕刊には次のようなニュースが流れました。
    http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103160186.html

    福島・茨城で高い放射線 福島市では通常の500倍
    2011年3月16日12時35分

     東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で、周辺の自治体では大気中の放射線量が通常レベルを超えるケースが相次いでいる。福島市内では16日午前8時現在、通常レベルの500倍に相当する1時間あたり20マイクロシーベルトを観測。各地の数値は風向きなどの影響で刻々と変化しているが、茨城県や東京都などでも通常より高いレベルの観測が続いている。

     ただ、各自治体の観測点のデータはいずれも1ミリシーベルト(1ミリシーベルトは1千マイクロシーベルト)以下で、専門家はすぐ健康に影響が出るレベルではない、と指摘している。

     各地の16日朝の観測値は、さいたま市で0.21マイクロシーベルト、茨城県北茨城市が0.892マイクロシーベルト、宇都宮市で0.337マイクロシーベルトなど。東京都内では16日朝、0.089マイクロシーベルトを観測したが、通常時の平均値(0.035マイクロシーベルト前後)より高いレベルという。

     また文部科学省は16日、毎時195~330マイクロシーベルトの放射線量が15日夜、福島第一原発から北西に約20キロ離れた福島県浪江町の3カ所で測定されたと発表した。16日朝の福島市内の値に比べて1桁高い数値が出ている。同省は15日から、屋内退避区域に指定されている原発から20キロ以上、30キロ未満の区域にモニタリングカーを投入し、放射線量の測定を行っていた。

     一方、東北電力によると、女川原子力発電所(宮城県石巻市、女川町)のモニタリングポストで採集されたサンプルから、核分裂生成物である放射性のヨウ素とセシウムが検出された。福島第一原発事故の影響とみられる。



    なぜ今さら、1ヶ月前のことを振り返るのか?
    それは、子どもたちに対する放射性ヨウ素131の防御が出来ていたか、
    検証が必要だからです。

    このような情報操作は、必要な検証を鈍らせる効果を生むでしょう。

    子ども達が、甲状腺の異常を起こさないか、
    「子ども達を放射能汚染から守れ!」
    と同時に、
    「子ども達を甲状腺傷害から守れ!」
    といわねばなりません。

    ni0615さんありがとうございます。
    原文表示

    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/180-574e58d1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。