11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    特別寄稿 佐藤優氏 名護市長選と民意 「同胞」殺しを阻止せよ 2014年1月22日 琉球新報 

    特別寄稿
    佐藤優氏 名護市長選と民意
    「同胞」殺しを阻止せよ
    2014年1月22日 琉球新報

    sato_convert_20140122084518.jpg

    特別寄稿
    名護市長選と民意 佐藤 優 氏 (作家、元外務省主任分析官)
    「同胞」殺しを阻止せよ
    2014年1月22日 琉球新報

    19日の名護市長選挙で、米海兵隊普天間飛行場の辺野古移設に反対する現職の稲嶺進氏が、対立候補に4155票の大差をつけて勝利したことは、名護市民の良識と勇気を示すものだ。

    これで、「民主的手続きによって地元の同意を得た」という擬制で、辺野古に巨大基地を建設することは不可能になった。

    この現実を頭が良い米政府関係者と日本の外務官僚はよく分かっている。特に外務官僚は「辺野古は筋悪案件だ。こんなものに触ると出世の妨げになる」と消極的姿勢を取るであろう。

    もっとも首相官邸と自民党本部は、名護市長選挙の結果を過小評価している。依然として、中央政府がネコで、沖縄はネズミなので、「ネズミはネコが許容する範囲でしか生きていくことができない」と考えている。

    その観点からすると、今回選挙で再選された名護市長、辺野古移設に反対する県議会議員、那覇市長をはじめとする首長、自民党員でありながら県外移設の公約を下ろさない衆議院議員などは「身のほどを知らない不逞な輩」ということになる。

    これに対して、中央政府から見て、期待の星がいる。中央政府の辺野古沿岸埋め立て申請を承認した「あの人」だ。「あの人」は、県における警察権を握っている。

    どこに基地を設置するかは中央政府の専管事項なので、それを妨害する董は、流血になろうとも実力で排除すべきであると考える恵京の政治エリート(国会議員、官僚)がいる。

    もしかすると沖縄関係国会議員の中にもこういうことを考えている人がいるかもしれない。

    わが愛する沖縄の地で、「同胞殺し」が起きることを、すべての沖縄人か団結して阻止しなくてはならない。沖縄戦で、日本軍に脅かされ、あるいは日本に過剰迎合し、われわれはスパイ容疑で同胞を殺害してしまった。

    あの悲劇だけは、絶対に繰り返してはならない。

    県議会議員は党派を超えて、知事の職にある「あの人」から、「いかなる状況においても力を行使し、流血のリスクを冒
    して辺野古埋め立てを強行することはない」という答弁を県議会でとってほしい。
     
    知事にとってもっとも重要な仕事は、県民の生命と身体を守ることであるはずだ。県民の身体を傷つけ、生命を危険にさらすような命令をする人を民意の代表者と認めることはできない。

    機動隊員の多くが県出身者だ。沖縄人の若者が、辺野古移設に抗議して座り込みをする沖縄人同胞(そのなかには80代、90代の沖縄戦を経験した高齢者もいる)に襲いかかり、流血が発生し、犠牲者が生じることだけは何としても避けなくてはならない。これは、祖先の沖縄人、まだ生まれていない未来の沖縄人に対する、ここで生きている現在の沖縄人の責務だ。

    『琉球新報』と『沖縄タイムス』にお願いがある。沖縄県を選挙基盤にする国会議員全員から、「辺野古埋め立てには、多くの県民が反対しています。あなたは、知事が機動隊を導入し、流血や死者が発生しても埋め立てを強行すべきと考えますか」という公開質問を行い、その回答を紙面で公表してほしい。

    「同胞殺し」を阻止する枠組みを大至急構築することが焦眉の課題と筆者は認識している。



    原発 放射能 食品汚染 TPP 沖縄戦 

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    報道  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。