11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    安倍晋三を一刻も早く退陣させねば我々の命にかかわる!! 

    首相が狂気なら国はどうなる アベノミクス失敗後の悲惨
    2013年10月3日 日刊ゲンダイ

    「俺のおかげで増えた税収だから、どう使うかは俺が決める」

    消費増税と企業優遇の経済対策を決めた安倍首相は、こう周囲に話しているそうだ。きのう(2日)の一部朝刊が報じている。


    耳を疑う発言ではないか。なんという思い上がりだろう。税金の使い道を決めるのは国会だ。安倍ではない。もしも総理大臣が勝手に動かせるのだとすれば、この国は北朝鮮と同じである。民主主義もヘチマもない独裁国家ということだ。

    安倍が独断で進めているのは、税の分配だけではない。食文化や商習慣、平穏な暮らしが損なわれる、と専門家が危惧するTPP参加にも前のめりだ。「食の安全安心を守る」「ISD条項は合意しない」など、国民に約束した6条件はどこへやら。甘利TPP担当相はきのう、訪問先のバリ島で「権限を持った閣僚で合意に道筋をつけたい」と強調した。こちらも周囲の不安に耳を貸さず、一方的に決めてしまう構えである。

    もはや安倍は正気を失っているとしか思えない。政治評論家の山口朝雄氏が言う。

    「党内に反発する勢力がなく、野党の存在は希薄で、メディアも批判しない。かつては首相ですら口出しできなかった自民党税調をも、『反対するなら総入れ替えだ』と黙らせた。もしかすると安倍首相は、『俺のやることが正義だ』という気分なのかもしれません。ちょっとした独裁者です。これほど好き勝手に振る舞うとは、開いた口がふさがらない。これまでいろんな内閣がありましたが、過去と比べても、今の安倍内閣は異常ですね」

    それでもだれも声を上げない。言論界も国民も傍観している。倒閣の動きは、影さえ見えないような状態だ。

    爆竹を鳴らして目先を変えるイベント経済

    このまま政権が代わらなければ、いったい、この国はどうなるのか。安倍は3年後の衆参ダブル選を視野に入れているとされる。それまで狂気の政治が続くなら日本は悲惨だ。国民は暮らしていけない。

    まず、日本経済は3年後に破綻している恐れが強い。大量の国債発行と財政のバラマキに依存する経済政策は短命で、神通力も失われている。それを取り繕うのにあくせくすれば、状況は悪くなる一方だ。

    同志社大教授の浜矩子氏(国際経済学)が言う。

    「アベノミクスなるものの本質はイベント経済です。次々と催事をブチ上げて目先を変え、景気の浮揚感を演出するやり方。異次元だ何だと3本の矢を振りかざして注目を集め、株価が下がれば4本目の矢とか言って企業減税を打ち出す。最近はオリンピックの威も借りている。風向きが怪しくなるたびに爆竹を放り投げて騒ぎを起こすのです。でも、足元の問題は何も解決していない。非正規雇用は増え続け、格差は広がり、地方の疲弊も大きくなっている。本来は、こうした問題を解決し、日本経済を立て直さなければダメなのに、逆に解雇しやすい特区までつくる始末。この先3年も、こんなやり方で経済が回るわけがありません」

    マジックはネタが尽きれば終わり。国民やマーケットをだまし続けるのは不可能だ。
    インフレ目標の達成から始まる生活崩壊

    黒田日銀がやっている異次元の緩和も、この国と国民の暮らしをぶち壊す。

    「なにせ異次元の世界です。普通の世界まで帰ってくるのは簡単ではありません。向こう2年で2%というインフレ目標が達成されたときが危ない。基準となる消費者物価指数は、特定品目のサンプル調査で算出されます。円安で軒並み物価が上がっている中、サンプルの取り方によっては目標をクリアする可能性がある。そうなると日銀は帰り支度を始めなければなりません。買い手を失うことになる国債は暴落でしょう。それを恐れて我々の次元に戻らないとすれば、財政の赤字ファイナンスということになる。緩和の目的は赤字国債の発行ではない、と言ってきた日銀は信頼を失う。いずれにしてもカネは円からも国債からも逃げていきます」(浜矩子氏=前出)

    それによって安倍や黒田が困るだけなら自業自得ということだが、国民も巻き込まれるのだから見過ごせない。通貨の信頼がなくなれば、物価は暴騰する。ハイパーインフレで庶民生活は破綻だ。その上、国債発行もままならないから、積み上げられた財政赤字は国民が返すしかない。ベラボーに高い税金を払って埋めるのだ。

    こうなれば、日本中が大混乱である。価値が失われる前に使おうとすれば、銀行は取り付け騒ぎだ。でも、暴動もいたるところで発生。国民の不満は爆発し、怒りは政府に向けられる。

    そうなると何が起きるのか。歴史をひもとけばひとつの答えにたどり着く。国民が窮乏し不満がたまれば、政府は外に敵を作るようになる。戦争で活路を見いだそうとするのだ。

    世界制覇の野望を掲げて戦争に突き進む

    東条英機やナチスドイツのヒトラーなど、打つ手がなくなった独裁者は必ず、国民に銃を握らせる。積極的平和主義とか言って、地球の裏側まで自衛隊を派遣しようと画策する安倍は、彼らと同じにおいがする。

    安倍首相は世界制覇の野望を抱えているのではないか。例えば6月に行った成長戦略第3弾に関するスピーチです。彼は『世界』という言葉を37回も使っている。『世界で勝つ』『世界を席巻する』『また世界の中心に躍り出なければ』という具合。一方で『人間』というフレーズは一度だけ。それも大阪万博の『人間洗濯機』を紹介したときです。『格差』『貧困』『地域』はゼロで、一度も出てきません。人々の暮らしには無関心で、ひたすら世界制覇の野望を掲げ、解釈改憲にも踏み込もうとしている。そんな異様な姿が浮き彫りになる演説です。経済がニッチもサッチももいかなくなったときに、戦争でご破算にしようという短絡的思考にとらわれる恐れは高いでしょうね」(浜矩子氏=前出)

    6年前、安倍は何もせずに病院に駆け込み、政権の幕を引いた。だが、今回は黙って退陣しない。「勝負に出てからでないと、引くに引けないだろう」(政界関係者)とみられている。

    狂気の首相は日本を破滅に導くのだ。

    原発 放射能 食品汚染 TPP 沖縄戦 
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。