11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    【衝撃の事実】1954年以降 沖縄県民は放射能雨を飲み、放射能汚染マグロを食べさせられていた 

    沖縄県でがん、白血病などが多いことがずっと気になっていました。

    その原因の一つをまた見つけてしまいました。

    原因は枯れ葉剤の散布や漏えい、投棄だけではありませんでした。



    続・放射能を浴びたX年後
    〜日本に降りそそいだ雨は今〜
    NNNドキュメント2014


    放射能を浴びたX年後 投稿者 suisinjya

    1954年 キャッスル作戦(第五福竜丸被爆事件)から4年後、1958年 ハードタック作戦 核実験が35回行われた年、実験開始から2ヵ月後、7月6日 沖縄県那覇市で降った雨から放射性物質が検出された。

    その驚愕の数値は17万cpm/リットル。3万7千ベクレル/リットルに相当する。

    水道水の放射性物質基準値は10ベクレル/リットル。その実に3700倍の雨が降ったが、沖縄県民の9割の家庭で、その雨水を飲料水として直接飲んでいた。

    当時沖縄近海で穫り、高知など本土で水揚げしたマグロからは次々と放射性物質が検出され、大量に破棄処分にされた。

    しかし、沖縄近海で穫り、沖縄で水揚げしたマグロからは1匹も放射性物質は検出されなかった。それは米軍統治下の沖縄ではすべて米軍が測定したからだった。

    沖縄県民は放射能汚染マグロを食べていたことになる。


    原発 放射能 食品汚染 TPP 沖縄戦 
    関連記事
    スポンサーサイト
    真実の追求  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。