11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    いかにしてCIAは、ロシアとベネズエラに対する “金融 真珠湾” 攻撃を開始したか 

    いかにしてCIAは、ロシアとベネズエラに対する“金融真珠湾”攻撃を開始したか
    How the CIA Launched the «Financial Pearl Harbor» Attacks on Russia and Venezuela
    Wayne MADSEN
    2014年12年20日
    Strategic Culture Foundation
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/cia-ba0c.html より

    1990年代に、中央情報局(CIA)長官ジョン・ブレナンが、リヤドでCIA支局長として暮らしたおかげの、長期にわたるサウジアラビアとの親しさと、サウジアラビア石油生産に関する彼の知識は報われたのだ。サウジアラビアのアラムコ内に送り込んだブレナンの工作員が、同社の経営幹部と、サウジアラビア石油省を、サウジアラビア最古の油田の生産を刺激する為、水圧破砕作業を開始するよう説得したのだと、石油業界インサイダーは主張している。

    自国石油産業の直接の知識に疎いサウジアラビア人が、サウジアラビアのみならず、ロシアから、ベネズエラ、ナイジェリアやインドネシアに至るまで、世界中の石油産出国に影響を及ぼす石油価格惨事となるものに同意をしたのだ。

    900から、1800メートルもの深さにある古い油田に、高圧の塩水を注ぎ込むことで、とてつもない圧力が蓄積する。石油業界に埋め込まれたCIA工作員は、水圧破砕作業が始まった際に一体何が起きるかを知っている。危険なほど高い水圧のため、サウジアラビア人は、圧力が均等化するまで、石油を採掘しつづけることを強いられる。このプロセスが継続しているのだ。もしサウジアラビアが、石油採掘を止めれば、連中は、塩水に汚染された油田を、永久に失うことになる。現在の "採掘するか、失うか" 状況で、サウジアラビアは、生産を過剰化前の水準に低下させるまでに5年かかる勢いで掘削するのを強いられている。

    ブルームバーグや、ダウジョーンズを含む商業マスコミ、つまり事実上のビジネス・ニュース独占組織は、石油輸出国機構(OPEC)の11月会議で、サウジアラビアは、水圧破砕によるアメリカ石油生産が増加する中、市場シェアを維持すべく、生産量を高いまま維持することに合意したというニュース報道をしている。

    シュルンベルジェ等の外国を本拠とする企業で働く石油技術者達が、サウジアラビアに、利用しないよう警告されていた、水圧破砕をCIAがたきつけた結果、今後5年間、石油が供給過剰になってしまう。生産過剰の後は、新たな油田が稼働しない限り、サウジアラビア石油生産が減少することになる。4年から5年後に起きると予想されている石油価格の急上昇を相殺する為、アメリカとカナダの石油会社による、カナダからアメリカ合州国へのキーストーンXLパイプラインを現実化させようという大きな動きがある。しかし、石油収入低下の為、カナダは財政的に苦しい状態にあり、キーストーンXL計画も、財政上、不安定な状況にある。

    CIAによる中東油田水圧破砕はサウジアラビアに限らない。石油産業の情報源は、同様な水圧破砕がクウェートとイラクでも過剰生産問題を引き起こしたことを明らかにした。

    CIAによるサウジアラビアや他の油田破壊工作は、CIAとして初めての破壊工作ではない。1982年、シベリア横断パイプラインの大規模な破壊的爆破は、カナダ企業がCIAの為に埋め込んだトロイの木馬ソフトによるものだと言われている。ロナルド・レーガンのホワイト・ハウスで働いた元アメリカ空軍長官トーマス・リードは、産業破壊工作におけるCIAの役割を認めた。イランのウラン濃縮装置を不具合にしたフレーム・コンピューター・ウイルス開発で、CIAはイスラエル・モサドに協力した。別のCIA-モサド製ウイルス、スタクスネットも、世界中の原子力発電所で大混乱を引き起こした。

    CIAは、2012年5月、インドネシアでのロシア製スホイ・スーパージェット100墜落に関与したと考えられている。あるロシア軍諜報機関の代弁者は、45人のインドネシア人とロシア人が亡くなった飛行機墜落は、アメリカによる産業妨害工作による可能性が高いとのべた。墜落は、ロシアの宇宙局、ロスコスモスのトップが、火星の月へのフォボス-グラント・ミッションの失敗は、アメリカの妨害工作によって引き起こされた可能性があると思うの述べた後に起きた。

    キューバの砂糖産業、チリとザンビアの銅産業、更にハイチの米産業に対するCIAの産業破壊工作は伝説的だ。イラン、アルゼンチン、メキシコ、エクアドルと、ベネズエラの石油精油所爆破、シリアとリビアのパイプライン爆破、そして、ブラジルのペトロブラス海底石油掘削装置倒壊は、CIAの手先テロリスト集団によるものだとされている。

    石油価格が突然下落した結果、CIAが標的にした国々、ロシア、イランとベネズエラの経済に大きな損害がもたらされた。ブレナンと、その経済戦争工作員は、この三カ国全ての経済を損ねるべく、サウジアラビアの過剰生産にすっかり頼ったが、CIAは失望せずに済んだ。CIAは、ロシア、ベネズエラと、イランで、“政権転覆”によって、親アメリカ政権を据えつけようと考えている。

    既に、居を構えるスイスから、亡命ロシア人脱税億万長者ミハイル・ホドロフスキーは、ウラジーミル・プーチン大統領の暴力的打倒、更には暗殺さえ呼びかけている。一方、アメリカ連邦議会は、CIAから示唆を得て、ロシアとベネズエラ両国に破壊的な経済制裁を課することに賛成票を投じた。バラク・オバマ大統領は、議会の経済制裁を承認した。対イラン経済制裁強化の同様な議案も準備中だ。

    ロシアは、CIAのサウジアラビア石油生産計画で一番大きな損害を受けた。ロシア・ルーブルの価値は、アメリカ・ドルに対して、56パーセント下落し、ロシアの金利は、17パーセントにまで上がった。ロシア最大の貸出銀行スベルバンクの株価は、18パーセント下落した。ロシアの経済崩壊は、世界中で経済的な影響を引き起こしているが、オーストリアとフランスの銀行は株価下落で損をだし、ポーランド・ズロチと、ハンガリーのフォリントの価値も対ドルで下落しているが、オバマ政権は、ウクライナを巡る対ロシア経済制裁は決して緩和しないと言っている。オバマ大統領は、ロシア債権を所有するアメリカの個人および機関投資家をも大変危険な立場に追いやっている。

    8億ドル以上のロシア債券を保有するパシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PEBIX)のエマージング・マーケット債券ファンドは、過去数週間で、約8パーセント価格が下がった。

    一方、ベネズエラの食用油、米や、トウモロコシ粉を含めた基本食材は入手困難になっている。ベネズエラの闇市場では、アメリカ・ドルは、ベネズエラ・ボリバールに対し、1700パーセントも値上がりした。CIAは、金融崩壊をベネズエラ政権の非民主的打倒推進に利用し、CIA工作員は、ベネズエラの反政府派政治家や、かく乱工作員連中に現金を手渡している。

    核開発計画を巡って、欧米による懲罰的経済制裁を、何年間も課されているイランは、おそらく、無事難局を切り抜けるだろう。イランは、経済制裁に耐え抜く為、目を見張るほどの国内食糧生産、通信、石油産業インフラを構築した。それでも、イラン大統領ハッサン・ロウハニは、石油価格を押し下げる陰謀でのサウジアラビアの役割を十分に分かっている様子だ。最近、石油価格下落について、"[下落の]主な理由は、この地域とイスラム世界の利益を損なおうとする一部の国々による政治的陰謀であり、わずかな国々の利益にしかならない... イランやこの地域の人々は、このような陰謀を忘れまい。”

    世界で最も人口の多いイスラム国家、石油産出国インドネシアにのしかかる経済的苦難は、イスラム国が支持者、とりわけ若者と失業者を獲得する好機をもたらした。南シナ海の儲かる海底油田から石油を採掘しようとしている中国経済は、石油価格の安さの痛みを感じつつある。社会不安に悩むメキシコも、CIAの策謀で苦しめられている。ところが、CIAにとっては、違法な麻薬密輸の恩恵を受け続け、裏金資金をしこたまため込めるのでメキシコの不安定さは常に好都合だ。

    ブレナンとCIAによるサウジアラビアの産業破壊工作は、世界経済に広範囲な影響を与え続けるだろう。石油産業インサイダーは、世界経済に対して、回復することが困難な破滅的打撃を与えかねないものを、CIAが解き放ってしまったのではないかと恐れている。


    How the CIA Launched the «Financial Pearl Harbor» Attacks on Russia and Venezuela
    Wayne MADSEN | 20.12.2014
    Strategic Culture Foundation
    http://www.strategic-culture.org/news/2014/12/20/how-cia-launched-the-financial-pearl-harbor-attacks-russia-venezuela.html

    Central Intelligence Agency director John Brennan's long familiarity with Saudi Arabia, owing to the time he spent there as the CIA station chief in Riyadh in the 1990s and his knowledge of Saudi oil operations, has paid off. Petroleum industry insiders claim that Brennan's agents inside Saudi Aramco convinced the firm's management and the Saudi Oil Ministry to begin fracking operations in order to stimulate production in Saudi Arabia's oldest oil fields. The Saudis, who are not known for their hands-on knowledge of their nation’s own oil industry, agreed to what became an oil pricing catastrophe which would not only affect Saudi Arabia but oil producing nations around the world from Russia and Venezuela to Nigeria and Indonesia.

    By pumping high-pressure salt water into older wells, some at a depth of three to six thousand feet, an inordinate amount of pressure was built up. The CIA's oil industry implants knew what would occur when the fracking operations began. Due to the dangerously high water pressure, the Saudis were forced continuously pump oil until the pressure became equalized. That process is continuing. If the Saudis ceased pumping oil, they would permanently lose the wells to salt water contamination. In the current "pump it or lose it" situation, the Saudis are forced to pump at a rate that may take up to five years before they can slow down production rates to pre-glut levels.

    The corporate media, including the Bloomberg and Dow Jones virtual business news monopolies, issued news reports claiming that the Saudis agreed to keep production high at the November meeting of the Organization of Petroleum Exporting Countries (OPEC) in order to retain their market share amid increased U.S. oil production from fracking.

    The net result of the CIA-inspired fracking operations, which the Saudis were warned not to pursue by petroleum engineers working for some foreign-based firms like Schlumberger, is that there will be an oil supply glut for the next 5 years. The glut will be followed by a reduction in Saudi oil production unless new oil fields are brought on line. There is now a major push by U.S. and Canadian oil companies to bring online the Keystone XL pipeline from Canada to the United States to offset the expected sharp rise in oil prices in four to five years. But with Canada suffering financially from the drop in oil revenues, the Keystone XL project is also on financially shaky ground.

    The CIA operation to frack Middle Eastern oil fields was not only limited to Saudi Arabia. Oil industry sources have revealed that similar fracking caused over production problems in Kuwait and Iraq.

    The CIA’s sabotage of Saudi and other oil fields is not a first for the agency. In 1982, a massive and devastating explosion of the Trans-Siberian Pipeline was said to have been the work of Trojan horse software implanted by a Canadian company on behalf of the CIA. Former U.S. Air Force Secretary Thomas Reed, who served in the Ronald Reagan White House, confirmed the CIA’s role in the industrial sabotage. The CIA cooperated with the Israeli Mossad in creating the Flame computer virus that crippled Iran’s nuclear enrichment equipment. Another CIA-Mossad virus, Stuxnet, had wreaked havoc on nuclear power plants around the world.

    The CIA is believed to have played a part in the crash of the Russian-made Sukhoi Superjet 100 in May 2012 in Indonesia. A Russian military intelligence spokesman said that U.S. industrial sabotage in downing the flight, which killed 45 Indonesian and Russian nationals, was considered a likely cause. The crash came after the head of the Russian space agency, Roskosmos, said he believed that it was possible that the failure of the Phobos-Grunt mission to the moons of Mars may have been caused by American sabotage.

    The CIA’s use of industrial sabotage against the Cuban sugar industry, the Chilean and Zambian copper industries, and the Haitian rice industry is legendary. Explosions at oil refineries in Iran, Argentina, Mexico, Ecuador, and Venezuela, pipeline explosions in Syria and Libya, and a Brazilian Petrobras marine oil rig collapse, have been attributed to CIA proxy terrorist groups.

    The result of the sudden decline in oil prices has resulted in heavy damage to the economies of the CIA-targeted countries of Russia, Iran, and Venezuela. Brennan and his economic warfare operatives absolutely banked on the Saudi over-production to harm the economies of all three countries and the CIA has not been disappointed. The CIA figures that «regime change» would bring to power pro-U.S. governments in Russia, Venezuela, and Iran.

    Already, from his base in Switzerland, exiled Russian tax evader billionaire Mikhail Khodorkovsky has called for President Vladimir Putin's violent overthrow and even his assassination. Meanwhile, the U.S. Congress took its cues from the CIA and voted to impose devastating economic sanctions on both Russia and Venezuela. President Barack Obama approved the congressional sanctions. Similar congressional legislation to increase sanctions on Iran is pending.

    Russia has been harmed the most by the CIA's Saudi oil production scheme. The Russian ruble fell 56 percent in value against the U.S. dollar while Russian interest rates climbed to 17 percent. The price of shares of Russia's largest lending bank, Sberbank, fell 18 percent. Although the Russian economic collapse has resulted in financial ripples around the world, with Austrian and French banks losing their stock values and the value of the Polish zloty and Hungarian forint falling against the dollar, the Obama administration says that there will be no easing on economic sanctions imposed on Russia over Ukraine. Obama has also put the individual and institutional investments of American holders of Russian bonds in dire jeopardy.

    The Pacific Investment Management Company's (PEBIX) Emerging Markets Bond Fund, which holds over $800 million in Russian bonds, has lost almost 8 percent in value in the past few weeks.

    Meanwhile, basic staples in Venezuela, including cooking oil, rice, and corn flour, are becoming hard to obtain. On the Venezuelan black market, the U.S. dollar has jumped 1700 percent in value against the Venezuelan bolivar. The CIA is using the financial collapse to push for an undemocratic overthrow of the Venezuelan government and CIA operatives are providing cash payments to Venezuelan opposition politicians and provocateurs.

    Iran, which has been under punitive Western economic sanctions for a number of years over its nuclear power program, is probably best able to weather the storm. Iran has built up a rather impressive domestic food production, telecommunications, and oil industry infrastructure to survive the sanctions. However, Iranian President Hassan Rouhani appears very aware of the Saudi role in the conspiracy to drive down oil prices. Recently, Rouhani said of the drop in oil prices, "The main reason for [it] is political conspiracy by certain countries against the interest of the region and the Islamic world and it is only in the interest of some other countries . . . Iran and people of the region will not forget such conspiracies.»

    The economic hardships imposed on oil-producing Indonesia, the world’s most populous Muslim country, has resulted in an opportunity for the Islamic State to gain adherents in the country, especially among the young and unemployed population. The economy of China, which is hoping to begin pumping oil from lucrative marine reserves in the South China Sea, is feeling the strain of lower oil prices. Mexico, wracked with social instability, has also suffered from the CIA’s machinations. However, instability in Mexico has always been advantageous for the CIA, which continues to benefit from the illegal drug trade that keeps the agency’s slush fund accounts flush with cash.

    Brennan's and the CIA's industrial sabotage of the Saudi industry will continue to have far-reaching effects on the world economy. Oil industry insiders fear that the CIA has unleashed something that may deal a devastating blow to the global economy from which it will be difficult to recover.


    ウゴ・チャベスの真の姿とアメリカの行く末
    真実を語るウゴ・チャベス~炎の国連演説 2006年9月21日
    反チャベス政権クーデターの裏側 -ベネズエラ-
    真の悪の枢軸国はどこか それはアメリカです リビアではない ウゴ・チャベス
    いかにしてCIAは、ロシアと〝ウゴ・チャベス亡き後のベネズエラ〟に対する “金融 真珠湾” 攻撃を開始したか


    原発 放射能 食品汚染 TPP 沖縄戦 
    関連記事
    スポンサーサイト
    真実の追求  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。