11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    対キューバの冷戦は終了したのか? そうではない。冷凍庫から、冷蔵庫へ変わっただけだ。 

    対キューバの冷戦は終了したのか? そうではない。冷凍庫から、冷蔵庫へ変わっただけだ。
    Ending the Cold War on Cuba? From the Freezer to the Chiller
    Finian CUNNINGHAM | 19.12.2014
    Strategic Culture Foundation
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-ac2b.html より

    今週、バラク・オバマ大統領が、キューバと国交を正常化するという驚くべき“歴史的”措置を発表して、ニューヨーク・タイムズは素晴らしいニュースに夢中になっている。‘アメリカ、キューバとの国交完全回復、冷戦敵意の最後の痕跡を拭い去る’というのが、その大見出しだ。このアメリカの“記録を残す新聞”は、歓迎すべき進展で、オバマ大統領“過去の束縛を解き放ち”“冷戦最後の痕跡の一つを一掃”すると言明、と書いた。

    だが装飾過剰な文はさておき、確固とした現実は、継続中のアメリカによる対キューバの違法な禁輸はそのまま続く。しかも、対ロシア経済制裁を更に課し、新たに対ベネズエラ経済制裁を始め、ワシントンは益々制裁を進めているのだ。

    冷戦の終焉? そう、もしアメリカ-ソ連関係の歴史を狭い視点で考えるなら、そういえる可能性も。だが他の国々に対し続いている、アメリカの覇権的態度からすれば、冷戦は決して終わっておらず、アメリカが自らの政治的・経済権益を推進する為に、他国を指図する権利があるのだと認めるのを辞めない限りは決して終わらない。

    54年間、カリブ海の小さな島国に、一方的に悪意的な経済制裁・外交封鎖を課した後の、アメリカの動きは重要だ。だが、ニューヨーク・タイムズや他の欧米マスコミが、見なし、アメリカ人達が思い込んでいるような、心の浮き立つ理由からではないのだ。

    最初に留意すべきことは、ホワイト・ハウスによる政策の明らかな変化は、大半の欧米マスコミ報道がしているような高潔なものとして称賛すべき動きではないことだ。

    1960年、アメリカのドワイト・アイゼンハワー大統領が貿易経済制裁始めて課し その後、翌年に外交関係断絶し、彼以降続く11人以上の大統領達が違法な対キューバ攻撃政策を継続してきた。アメリカによる政治的、経済的な対キューバ締め付けは、犯罪的政策、国連憲章違反だとして、世界中で絶えず非難されてきた。

    2010年に老齢の兄フィデルから革命指導者役を引き継いだキューバ大統領ラウル・ カストロは、今週のオバマ発表を心から歓迎している。しかし彼は的確に、アメリカがキューバに押しつけた基本的問題はそのまま残っていると述べた。

    “これは決して、事の核心が解決されたことを意味しない”と、カストロはテレビ放送でキューバ国民に語った。“わが国に対し、膨大な人的、経済的損害を引き起こしている経済、商業、および金融封鎖はやめるべきだ。”


    “二国間の敵意”なるものが、ことごとくアメリカによる、一方的なものであったことも想起しよう。1959年早々、アメリカが支援したフルへンシオ・バチスタの独裁制を打倒した後、若き社会主義革命指導者フィデル・カストロがワシントンを訪問したのは、当時明らかに、平和な関係を呼び掛けるためのものだった。

    ワシントンの支配層は、この呼びかけを聞き捨てにした。アイゼンハワー大統領は、カストロ訪問から数カ月のうちに、経済制裁と全面的通商禁止による攻撃を開始した。ジョン・F・ケネディが、1961年初め、大統領となった際には、CIAが支援する傭兵によるキューバのピッグズ湾侵略という大失敗を監督した。ケネディは、キューバに対するアメリカ空軍の全面爆撃指示はためらったかも知れないが、それでもなお侵略は、小さな貧しい国に対する違法な戦争行為だった。

    その年遅く、ケネディは、マングース作戦に署名承認した。それは、エドワード・ランズデール准将が率いる、妨害工作や、対民間人テロや、カストロとキューバ指導部を暗殺する陰謀をも含む秘密作戦計画だった。ケネディの犯罪的政策を“甘過ぎる”と見なしたCIAとアメリカ軍産複合体の手による可能性が高い、1963年末のケネディ暗殺以後も、この作戦は長年そのまま続いた。皮肉にも、追放されたバチスタ政権を支持するキューバ人亡命者が、ダラスでケネディを抹殺したCIA狙撃兵チームの一部に加担していたとされた。

    アメリカ本土から150キロも離れていないキューバにソ連の核兵器が設置された後、起きた1962年10月のキューバ・ミサイル危機が、欧米の主要マスコミによって、キューバが“ならずものという立場”にある証拠だとされた。だがこの戯画は、常に、アメリカの武力侵略や、対キューバ戦争行為という文脈から分離されていた。武力侵略は、ワシントンによる厳しい封鎖という形で、今日に至るまで継続している。

    キューバを巡る、最近のホワイト・ハウスの明らかな反転からして、オバマ大統領の言葉は、吟味に値する。

    全国ネットのTVで演説して、オバマは、これを50年以上のアメリカ-キューバ関係で最も“歴史的な”進展だと述べた。オバマは政権二期目の末期にさしかかっており、8年間の大統領職在位における、暗殺無人機攻撃から、アメリカ国民や世界の指導者達に対する政府による違法な監視、警察国家権力の監督、ブッシュ時代の体系的な拷問の隠蔽、はては海外は中東での悲惨な戦争に至るまで、他の論議の的となることが多い実績を何とか磨き上げようと、うさんくさいノーベル平和賞とともに、彼が自分の“遺産”を、意識しているのは確実だ。

    しかし以下のオバマの言葉は、恐らくキューバに対するこの動きを評価する為の鍵だろう。“我々は、何十年も、我々の利益を推進しそこねてきた古びたやり方をやめ、代わりに、二国間関係の正常化を始めるべきだ”。

    オバマはこうつけ加えた。“この50年間で、孤立化が効果がなかったことが明らかになっている。新しいやりかたをとるべき時期だ”。

    “我々の利益を推進”しそこねており、“新たなやり方”が必要だというのは、長年の懸案だった変更であり、基本的なアメリカの対キューバ政策の変化を認めたことにはならない。キューバにおける体制変革という、アメリカの根本的な狙いを実現するための単なる戦術変更だ。そのような狙いと、主権国家の内政への干渉は国際法の下で、違法であることを我々は想起する必要がある。


    オバマがキューバに提案している譲歩は最小限だ。金融と旅行制限緩和とうわさされているものと、在ハバナ・アメリカ大使館(スパイ用施設)再開は、キューバ政府が“自由選挙”を受け入れ、アメリカの資本投資と、通信を開放することが条件だ。

    既にタカ派共和党支配の議会は、オバマの暫定的提案を“降伏”と嘲っており、ワシントンの何十年もの主要政策、対キューバ禁輸が厳格に実施されたままとなるのは確実だ。

    手短に言えば、今週もしオバマが一方的に禁輸をやめ、キューバの主権を無条件承認し、何十年かのアメリカの行為に対し何十億ドルもの賠償を宣言していれば、おそらく“新政策”の動きは正常化に向けた本当の変化到来を告げるものだったろう。

    現状では、オバマの“歴史的な”動きは、この大統領で、我々がすっかり慣れてしまった単なる空虚な言辞だ。ワシントンにおける根本的な前提は、依然、覇権大国は、またしても、キューバという国に対する戦略的権益を主張しようとしている。これは違法で、国際司法裁判所起訴されるべき政策だ。

    ニューヨーク・タイムズが美文で大々的に報道している“冷戦最後の痕跡”除去なるものは、アメリカという“例外的な必要欠くべからざる国”がいかに、自ら他の国々に無理やり命令する特権を有していると考えつづけているかという地政学的現実を背景にして考えるべきだ。

    オバマ大統領は“過去の束縛”を取り除くと言いながら、大統領は先週対ベネズエラ新経済制裁に署名し発効させたばかりで、今週には更なるロシア経済制裁強化を承認した。


    冷戦を、アメリカ戦力投射の発現として正しく理解すれば、終わった所ではないのだ。アメリカ覇権政策は継続状態にある。そうして見れば、ベネズエラとロシア等他の国々が、アメリカという冷凍庫の中に戻されつつある中、キューバは、それゆえ、冷凍庫から取り出され、冷蔵容器に移しかえられたに過ぎない。

    今週のオバマによる対キューバの動きは、広報活動作戦に過ぎず、キューバ支配を巡る違法な欲望を実現する為の、失敗したアメリカ戦術の変更だ。
    もしワシントンが、キューバや他の国々に対する経済的攻撃をやめれば、その時初めて、本当の変化の兆しである可能性がでる。そうでない限り、アメリカ権力の基盤である、同じ帝国主義政策以外の何物でもない。



    Ending the Cold War on Cuba? From the Freezer to the Chiller
    Finian CUNNINGHAM | 19.12.2014
    Strategic Culture Foundation
    http://www.strategic-culture.org/news/2014/12/19/ending-cold-war-cuba-from-freezer-chiller.html

    As US President Barack Obama announced his surprise «historic» bid to normalise relations with Cuba this week, the New York Times swooned with glowing news. ‘US to Restore Full Relations With Cuba, Erasing a Last Trace of Cold War Hostility’ was how its top headline put it. Welcoming the development, the American «newspaper of record» said Obama vowed to «cut loose the shackles of the past» and to «sweep aside one of the last vestiges of the Cold War».

    But, purple prose aside, the hard detail is that the ongoing illegal American embargo on Cuba will stay in place. Moreover, the move comes as Washington slaps on more sanctions against Russia and unleashes new sanctions on Venezuela.

    End of the Cold War? Well, possibly, if we are thinking in a narrow way about historic US-Soviet relations. But in terms of ongoing American hegemonic attitude towards other nations, the Cold War has never stopped and will never stop as long as America sees itself as entitled to dictate to others in order to advance its political and economic interests.

    After 54 years of imposing a unilateral vicious trade and diplomatic blockade on the small Caribbean island country, the US move is significant. But not for the blithe reasons that the NY Times and other Western media outlets have presumed and would have the rest of us believe.

    The first thing to note is that the apparent change in policy by the White House is not a move that in itself should be hailed as virtuous, as much of the Western media coverage infers.

    When US President Dwight Eisenhower first slapped on the trade sanctions in 1960 followed by the severance of diplomatic relations the following year, no less than 11 subsequent presidencies have continued the policy of illegal aggression towards Cuba. The American political and economic stranglehold on Cuba has been denounced across the world as a relentlessly criminal policy and a violation of the United Nations charter.

    Cuban President Raul Castro, who in 2010 took over from his ageing brother Fidel as leader of the revolution, was cordial in welcoming Obama’s announcement this week. But he rightly noted that the fundamental US-imposed problems on his nation remained.

    «This in no way means that the heart of the matter has been resolved», Castro told Cubans in a televised broadcast. «The economic, commercial and financial blockade, which causes enormous human and economic damage to our country, must cease».

    Remember, too, that «hostility between the two nations» has been pretty much all one way – from the US. When the young socialist revolutionary leader Fidel Castro visited Washington in 1959 following the overthrow earlier that year of the US-backed dictatorship of Fulgencio Batista, it was clearly an appeal back then for peaceful relations.

    That appeal fell on deaf ears among Washington’s ruling circles. The Eisenhower presidency initiated aggression through sanctions and a total trade embargo within months of Castro’s visit. When John F Kennedy took over the White House in early 1961, he then oversaw the invasion of Cuba by CIA-backed mercenaries in the Bay of Pigs fiasco. Kennedy may have balked at ordering a full US air force bombing of Cuba, but the invasion was nevertheless an illegal act of war against a small, impoverished nation.

    Later that year, Kennedy signed off on Operation Mongoose. It was a covert operations program, headed up by General Edward Lansdale, which involved plots to assassinate Castro and the Cuban leadership, as well as conduct sabotage and terrorism against civilians. The program remained in place for years, even after Kennedy’s own assassination in late 1963, the latter most likely at the hands of the CIA and the US military-industrial complex, who viewed his criminal policies as being «too soft». Ironically, Cuban exiled supporters of the ousted Batista regime are implicated as being part of the CIA sniper teams that took Kennedy out in Dallas.

    The Cuban missile crisis during October 1962, sparked after Soviet nuclear weapons were installed on the island, less than 90 miles from the US mainland, is invoked in the Western mainstream media as evidence of Cuba’s «rogue status». But that caricature is invariably denuded of the context of American aggression and acts of war against Cuba – aggression that continues to this day in the form Washington’s ironclad blockade.

    In viewing the latest apparent White House reversal over Cuba, the words of President Obama are worth closer attention.

    Speaking on nationwide TV, Obama described it as the most «historic» development in more than 50 years of US-Cuba relations. As Obama heads into the twilight years of his second administration, he is no doubt mindful of his «legacy», along with his dubious Nobel Peace Prize, as a way of burnishing other controversial aspects of his eight years in office, from assassination drone strikes, to illegal government surveillance of American citizens and world leaders, to overseeing police state powers, covering up Bush-era systematic torture, and to disastrous overseas wars in the Middle East.

    But the following words from Obama are perhaps the key to appraising the shift on Cuba. «We will end an outdated approach that for decades has failed to advance our interests, and instead we will begin to normalise relations between our two countries».

    Obama added: «These 50 years have shown that isolation has not worked. It’s time for a new approach».

    The failure to «advance our interests» and the need for a «new approach» is not an admission of a long-overdue change in fundamental US policy towards Cuba. It is simply a change in tactics to achieve the underlying American goal of regime change in that country. In case we need reminding, such a goal and the interference in the internal affairs of a sovereign country are illegal under international law.

    The concessions that Obama is offering to Cuba are minimal. The putative easing of banking and travel restrictions and the re-opening of an American embassy in Havana (spying facilities) are conditional on the Cuban government embracing «free elections» and opening up investment for American capital and communications.

    With a hawkish Republican-controlled Congress already pouring scorn on Obama’s tentative overtures as a «capitulation» we can be sure that the main planks of Washington’s decades-long embargo on Cuba will remain ironclad.

    If, for argument’s sake, Obama had this week declared a unilateral end to the embargo and the unequivocal recognition of Cuban sovereignty, as well as billions of dollars of reparations for decades of US hostility, then perhaps the «new policy» might herald a genuine shift towards normalisation.

    As it is, Obama’s «historic» move is just empty rhetoric that we have grown accustomed to with this president. The underlying premise in Washington is still one of a hegemonic power that is seeking to assert its strategic interests over the Cuban nation. Again, that policy is illegal and should be prosecuted in an international court of law.

    Removing the «last vestiges of the Cold War», as the New York Times gushes with florid prose, must be set against the geopolitical reality of how the «exceptional, indispensable nation» of America continues to view itself as having the prerogative to dictate to other countries under duress.

    While Obama talks about removing «shackles of the past», the president just last week signed off on new sanctions against Venezuela and this week has given approval for tightening further sanctions on Russia.

    The Cold War, understood properly as a manifestation of American power projection, is far from over. It is an ongoing condition of American hegemonic policy. In that regard, Cuba is therefore merely being removed from the freezer into a chilled container, while other nations, Venezuela and Russia, are being placed back into the American freezer.

    The move this week by Obama on Cuba is no more than a public relations manoeuvre, a change in failed US tactics to achieve its illegitimate desire for control over Cuba. If Washington ended its economic aggression against Cuba and others then it might just be a signal of real change. Otherwise it’s just more of the same imperialist policy that is the bedrock of American power.

    原発 放射能 食品汚染 TPP 沖縄戦 
    関連記事
    スポンサーサイト
    真実の追求  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。