11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    パリ、フランス 継続中の対テロ世界戦争芝居、次場面の幕は上がった Strategic Culture Foundation 

    継続中の対テロ世界戦争芝居、次場面の幕は上がった
    The Curtain Rises on Another Act in the Continual Global War on Terror Play
    Wayne MADSEN
    2015年1月11日
    Strategic Culture Foundation
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-6495.html より

    パリの風刺週刊誌シャルリー・エブド編集部と、ユダヤ教食品スーパー襲撃は、またもや、欧州連合の経済混乱と、果てし無く続くかに見える“グローバル対テロ戦争”主要指導者連中のひどい不人気から、世界の注意を、都合よくそらした。

    フランスのフランソワ・オランド大統領は、1月11日、ドイツ首相アンゲラ・メルケル、イギリスのデービッド・キャメロン首相、イタリアのマッテオ・レンツィ首相、スペインのマリアノ・ラホイ首相、ベルギーのシャルル・ミシェル首相、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領、アイルランドのエンダ・ケニー首相、そして、ISILを許容しているトルコ首相アフメト・ダヴィトグル等と団結して、共に、パリの道路を行進すると発表した。国内で深刻な低支持率問題に直面している指導者全員が、パリのテロ攻撃を、自分達の低迷する選挙の評価を押し上げるのに利用することが可能になったのだ。人気のない指導者達に加え、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長、欧州理事会のドナルド・トゥスク議長や、欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長も、これらの指導者達の多くを、ほぼ常に性的な内容で、しばしば激しく漫画で風刺してきた週刊誌スタッフを讃えるための 大仰な“シャッター・チャンス”として、パリを行進する予定だ。

    またもや、シャルリー・エブドの編集長を含め、12人を殺害したと言われる最近の襲撃犯とされる、アルジェリア系フランス人のサイドとシェリフのクアシ兄弟と、スーパーマーケットの人質を殺害したとされいる、セネガル系フランス人、アメディ・クリバリは、フランス警察と諜報機関にはおなじみだった。クリバリは、マリから来て、ISILとパレスチナを支持していると主張したと、スーパーマーケットの客の一人がのべている。クワシ兄弟の名は、アメリカの“搭乗拒否対象者リスト”に載っていた。

    クワシ兄弟が、シリアで、イラクとレヴァントのイスラム国(ISIL)の為に戦う聖戦戦士志願者の採用と訓練に、更に、以前には、イラクとイエメンの聖戦戦士軍採用活動に関与していたという事実から、二人の兄弟に対して、監視網を設置すべきだったのだ。ところが、フランスにおける、手当たり次第殺害したとされる聖戦戦士テロリストとされる人々がからむ、以前の事件と同様に、警察に良く知られていた、クワシ兄弟もクリバリも、警察に情報を漏らさずに、武器や他の資材を入手することが可能だったのだ。クリバリは、実際、2009年に、フランス大統領ニコラ・サルコジと会っていた。クリバリはパリ郊外グリニーの貧しい“公営住宅地帯”にあるコカコーラ工場で働いていた。クリバリは、エリゼー宮殿で、若者の雇用問題を話し合う為に、サルコジと会談するよう選ばれた、10人の労働者の一人だった。アメリカのシークレット・サービスやアメリカ大統領と同様、フランス治安機関は、フランス国家元首と会う人々を徹底的に調査するので、クリバリがサルコジと会うよう選ばれたのは、益々理解し難い。“Le Parisien”誌は、クリバリは、サルコジとの会談にわくわくしており、フランス大統領が良い仕事を見つけるのを手助けしてくれるかも知れないと期待していたと報じていた。クリバリは、2010年に、シェリフ・クアシと初めて会ったと言われている。ところが、クリバリは、2005年、武装強盗のかどで、獄中で過ごした際に、過激派イスラム教徒になったと考えられている。2001年、クリバリが、パリのアメリカ大使館を爆破しようとしたアルジェリア系フランス人のアルカイダ・メンバーだと言われる、ジャメル・ベガルの支持者になったのは、獄中でのことだった。フランス大統領の警護部隊は、フランスのあらゆる失業、不完全雇用状態の若者から、サルコジと会うためにエリゼー宮殿に入るアルカイダ・メンバーの信奉者であることが分かっている人物の身元調査をすると決めたのだ。フランス人がいう通り、“アンコワイヤブル(信じられない)!

    2012年3月、フランス国民モハメッド・メラーが、フランス警察に射殺されたメラー事件は、犯人とされるものを、当局が、襲撃の前から知っていた事例だ。メラーは、モントーバンで、三人のフランス人落下傘兵を、トゥルーズのユダヤ人学校で、三人の学生と教師一人を殺害した罪に問われていた。後に、フランス国内情報中央局(DCRI)が、メラーに関する分厚い調査書類を維持していたのみならず、フランス諜報機関が、彼を工作員として採用しようとしていたことが明らかになった。メラーは、フランス諜報機関が事前に知った上で、アフガニスタンとパキスタンに易々と渡航していた。ニコラ・サルコジ大統領の当時与党の保守党と、野党で、現在の与党、社会党が、共謀して、メラーとフランス諜報機関とのつながりを隠したのだ。

    クワシ兄弟は、昨年夏、バシャール・アル-アサド大統領政権と戦うイスラム教徒ゲリラ集団を、CIAとフランス諜報機関が支援しているシリアから帰国したと言われている。クワシ兄弟や、クリバリや、クワシ兄弟のいとこの類似性には驚くべきものがある。全員が、テロ攻撃とされるものを実行する前から、フランス諜報機関に知られており、全員が、アルカイダ集団や関連集団とつながっていた。

    85人を殺害し、200人以上を負傷させた、1980年のボローニャ駅時限爆弾以来、西ヨーロッパの“偽装”作戦は、かなり標準化された“定型”作戦となっている。これは、確かに三人のイスラム教テロリストとされる連中によって、パリの風刺誌シャルリー・エブド編集部に対し極めて的確に実行した、熟達した軍事攻撃にあてはまる。パリ北部の倉庫で、警察に射殺されたクワシ兄弟二人が、雑誌社攻撃を実行したと言われているが、三人目の男に何が起きたのか説明はいまだに皆無だ。襲撃の三人目の容疑者は、マスコミで自分の名前が報じられているのを聞いて警察に自首した、ムラド・ハミドという名のクワシ兄弟のいとこだ。ところが、18歳のハミドは、シャルリー・エブド襲撃の際は学校にいた。

    ボローニャ駅攻撃は、現代の偽装攻撃時代の幕開けとなった。1980年、イタリア政府とマスコミは当初、爆撃を、左翼過激派イタリア人ゲリラのせいだとしていたが、実際は、爆薬を、“グラディオ”として知られている秘密のNATO“残置”準軍事ネットワークの隠し場所から入手した地下ファシスト細胞が実行したものだった。

    グラディオは、ヨーロッパにおける地上戦となった場合、ソ連と戦うゲリラ部隊を動員することを意図したものだった。ソ連占領軍部隊に対する将来のゲリラ攻撃用に、武器と資材が西ヨーロッパ中の地下や洞窟に隠された。ところが、イタリア人右翼と、シオニストが、ボローニャ攻撃を、パレスチナ人集団を含む、過激なアラブ人と協力して活動しているとして、ソ連になすりつけるのに、KGBファイルから入手したとされる、疑問視されているミトローヒン文書を利用しようとした。対ソ連や、対アラブ諸国の心理戦争作戦で、その様なニュース記事に資金を出していたのはCIAだったことが、後に発見された。2005年、パリの独房から、“カルロス”として知られている有名テロリストのイリッチ・ラミレス・サンチェスが、ボローニャ爆撃を実行したのは、CIAとモサドで、ミトローヒン文書が“歴史を改竄する”為に利用されたことを暴露した。他の個別の説明が、カルロスの主張が本当であることを証明している。

    ボローニャ以来、欧米諜報機関の偽装作戦の明らかな兆候は、次から次の攻撃の上で、実にはっきりしている。40年以上も、同じ教義に執着することで、欧米諜報機関の明確な特徴は、明々白々になっている。

    偽装作戦の、明らかなそうした兆候の一つは、犯人達が、知らずの内の二重スパイにせよ、何であれ、目の前にぶら下げた大義を信じるカモであるにせよ、襲撃と犯人を結びつける証拠を、警察が都合よく、発見することだ。

    偽装作戦の兆候の一つは、意図された犯人と犯行現場を結びつける“証拠”が必ず見つかることだ。フランス警察は、兄のサイドが彼のフランスの身分証明書を、逃走用の車として利用された黒いシトロエンに残していたので、襲撃はクワシ兄弟のせいと特定できたと主張している。警察は誰の身分証明書を発見したのかは言おうとしていない。フランス治安対策専門家の一部は、身分証明書は、警察を混乱させる目的で、意図的に自動車内に置かれた可能性があると警告した。警察は、また都合良く、火炎瓶とイスラム聖戦戦士の旗を、逃走用の車中で発見した。9/11ハイジャッカーとされたモハメド・アタのパスポートは、ワールド・トレード・センターのがれきの中から新品同様で見つかったとされている。

    偽装攻撃の本当の犯人達は覆面をしていることが多い。シャルリー・エブド社員を殺害したとされる三人の武装犯の場合もそうだった。

    警察を混乱させる為、必ず同じ地域で、別の攻撃が行われる。例えば、フランス警察は、武装犯捜索を、北部パリからベルギー国境に集中したが、パリの南、モンルージュで、フランス人女性警官が、射撃されて死亡した。フランス当局は間もなく、パリの南の出来事と、シャルリー・エブドは関係ないと述べた。後に、二つの出来事はつながっていたと発表された。倉庫や雑誌社事務所の目撃者の中には、テロリストであることがわかった覆面をした男達は、実際は、対テロ特殊部隊だと確信している人がいる。倉庫で怪我を免れたある男性は、覆面をしたテロリストと握手をしたが、彼は特殊警察隊員だったと確信している。フランス警察は、同時に、倉庫とユダヤ食料品スーパーでの人質解放作戦を開始し、フランス南部、モンペリエの宝石店での人質事件も、報じられていた。警察は間もなく、事件は、パリ地域での出来事とは関係ないと述べた。ところが、モンペリエ事件は、都合よく、恐怖要因を強化してくれた。

    フランスにおける出来事は、ドイツの「西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者」運動PEGIDAや、ドイツのための選択肢(AFD)党から、フランスの国民戦線、イギリス独立党にいたるまで、ヨーロッパ中の反イスラム移民運動を後押しした。国連安全保障理事会で、フランスが、パレスチナを国家として認める投票の後、余りすぐに起き、親イスラエル国民戦線の政治生命を押し上げたものは、聖戦戦士テロリスト作戦を装った“ただでは済ませない”フランス攻撃だった可能性は排除できない。



    The Curtain Rises on Another Act in the Continual Global War on Terror Play
    Wayne MADSEN | 11.01.2015 | 00:00
    Strategic Culture Foundation

    The attacks in Paris on the editorial offices of the weekly satirical journal Charlie Hebdo and a kosher supermarket have, once again, conveniently turned the attention of the world away from the economic turmoil in the European Union and the extreme unpopularity of its major leaders to the seemingly never-ending «global war on terror».

    French President Francois Hollande announced that on January 11, he would march in solidarity on the streets of Paris along with German Chancellor Angela Merkel, British Prime Minister David Cameron, Italian Prime Minister Matteo Renzi, Spanish Prime Minister Mariano Rajoy, Belgian Prime Minister Charles Michel, Ukrainian President Pyotr Poroshenko, Irish Prime Minister Enda Kenny, and the ISIL-enabling Turkish Prime Minister, Ahmet Davitoglu. All of these leaders, facing huge popularity problems at home, were able to use the terrorist attacks in Paris to bolster their own flagging electoral profiles. In addition to the unpopular leaders, NATO Secretary General Jens Stoltenberg, European Council President Donald Tusk, and European Commission chief Jean-Claude Juncker were also scheduled to march in Paris in the grandiose «photo op» to help honor a magazine staff that often lampooned many of these leaders with cartoons that were almost always of a sexual nature.

    Once again, the alleged perpetrators of the recent attacks, Franco-Algerian brothers Said and Cherif Kouachi, who were said to have murdered 12 people, including the editor-in-chief of Charlie Hebdo, and Franco-Senegalese Amedy Coulibaly, said to have killed hostages at the supermarket, were well-known to the French police and intelligence services. It was claimed by one of the supermarket customers that Coulibaly said proclaimed that he was from Mali and that he supported ISIL and Palestine. The Kouachis’ names were even included on the American «no-fly list».

    The fact that the Kouachis had been involved in recruiting and training jihadist volunteers to fight for the Islamic State of Iraq and the Levant (ISIL) in Syria and had earlier been involved in recruitment efforts for jihadist armies in Iraq and Yemen should have placed a surveillance net over the two brothers. But, as in a previous case in France involving an alleged jihadist terrorist who allegedly killed people at random, the Kouachi brothers, as well as Coulibaly, who was also well-known to the police, were permitted to obtain weapons and other materials without tipping off law enforcement. Coulibaly actually met with French President Nicolas Sarkozy in 2009. Coulibaly worked at a Coca Cola plant in the poor «banlieue» of Grigny, outside of Paris. Coulibaly was one of ten workers selected to meet personally with Sarkozy at the Elysee Palace to discuss youth employment issues. As with the U.S. Secret Service and the American president, French security thoroughly vets those who meet with the French head of state, which makes Coulibaly’s selection to meet Sarkozy even more perplexing. «Le Parisien» quoted Coulibaly as being excited over his meeting with Sarkozy and hoped the French president might help him find him a good job. Coulibaly is said to have first met Cherif Kouachi in 2010. However, Coulibaly supposedly converted to radical Islam while serving time in prison in 2005 for armed robbery. It was in prison that Coulibaly became an adherent of Djamel Beghal, said to be a Franco-Algerian member of Al Qaeda who, in 2001, tried to blow up the U.S. embassy in Paris. Out of all the unemployed and under-employed youth in France, the French president’s security team decided to vet a known follower of an Al Qaeda member to enter the Elysee Palace to meet with Sarkozy. As the French say, «incroyable!»

    Pre-attack knowledge by the authorities of an alleged perpetrator was certainly the case in the Merah affair in March 2012 when Mohammed Merah, a French national, was killed by French police. Merah was accused of killing three French paratroopers in Montauban and three students and a teacher at a Jewish school in Toulouse. It was later discovered that not only did the French Central Directorate of Internal Intelligence (DCRI) maintain a thick dossier on Merah, but that French intelligence tried to recruit him as an agent. Merah traveled with ease to Afghanistan and Pakistan with the foreknowledge of French intelligence. The then-governing conservatives of President Nicolas Sarkozy and the opposition, now ruling, Socialist Party conspired to cover up Merah's links to French intelligence.



    The Kouachi brothers are said to have returned from Syria this past summer, where the CIA and French intelligence have been backing Islamist guerrilla groups battling the government of President Bashar al-Assad. The similarities of the Kouachis and Coulibaly to Merah are amazing. All were known to French intelligence before they allegedly carried out their terrorist attacks and all had connections with Al Qaeda groups and affiliates.

    Ever since the 1980 time-bombing of the Bologna train station that killed 85 and injured over 200, Western European «false flag» operations have become fairly standardized «boiler plate» operations. This was certainly the case with the three-man professional military assault carried out in a precision manner by the alleged Islamist terrorists on the Paris editorial offices of the satirical journal Charlie Hebdo. Although the two Kouachi brothers, killed by police at a warehouse north of Paris, are said to have carried out the attacks on the newspaper, there is still no explanation of what happened to the third gunman. A third suspect in that attack, a brother-in-law of the Kouachis named Mourad Hamyd, voluntarily turned himself in to the police after he heard his name broadcast by the media. However, Hamyd, 18, was in school at the time of the attack on Charlie Hebdo.



    The attack on the Bologna train station began the age of modern false flag attacks. Although in 1980 the Italian government and media originally blamed the bombing on leftist radical Italian guerrillas, it was, in fact, carried out by an underground fascist cell that obtained the bomb materials from hidden caches belonging to the secret NATO «stay behind» paramilitary network known as «Gladio».



    Gladio was intended to mobilize guerrilla forces to fight the Soviets in the event of a ground war in Europe. Weapons and materials were hidden underground and in caves throughout Western Europe for future guerrilla assaults on occupying Soviet troops. However, Italian rightists and Zionists attempted to use the discredited Mitrokhin Dossier, allegedly obtained from KGB files, to pin the blame for the Bologna attack on the Soviets acting in concert with radical Arabs, including Palestinian groups. It was later discovered that it was the CIA that funded such news stories in a psychological warfare operation against the Soviets and the Arab countries. From his Paris jail cell in 2005, Ilich Ramirez Sanchez, the famed terrorist known as «Carlos,» revealed that it was the CIA and Mossad that carried out the Bologna bombing and that the Mitrokhin Dossier was being used to «falsify history». Other independent accounts have proven Carlos’s allegation.



    Ever since Bologna, the tell-tale signs of Western intelligence false flag operations are extremely evident in attack after attack. By sticking to the same doctrine for over 40 years, Western intelligence fingerprints are becoming as clear as day.



    One such tell-tale sign of a false flag operation is the convenient discovery by police of evidence linking attacks to the perpetrators, be they unknowing double agents or patsies who believe in whatever cause has been dangled before them.



    One sign of a false flag operation is that «evidence» linking the intended perpetrators to the crime scene is always discovered. French police claim they were able to pin the attack on Kouachis, because Said, the eldest brother, left his French identification card in a black Citroen used as a getaway car. Police would not say whose identification card they found. Some French security experts warned that the ID card may have been purposely planted in the car to confuse the police. Police also conveniently found Molotov cocktails and Islamist jihadist flags inside the getaway car. Alleged 9/11 hijacker Mohammed Atta's passport was supposedly found in pristine condition in the rubble of the World Trade Center.

    Often, the true perpetrators of false flag attacks are masked. This was the case with the three reported gunmen who killed the Charlie Hebdo staff.

    There are always other attacks in the region to confuse police. For example, while French police were concentrating their search for the gunmen from northern Paris to the Belgian border, a French police woman was shot and killed in Montrouge, south of Paris. French authorities were quick to say the events south of Paris and at Charlie Hebdo were not linked. Later, it was announced that the two events were linked. Some witnesses at the warehouse and at the newspaper office were convinced that the masked men who turned out to be terrorists were actually counter-terrorism special troops. One man at the warehouse who escaped injury said he shook hands with one of the masked terrorists who he believed was a special policeman. At the same time French police launched their hostage-freeing operations at the warehouse and kosher supermarket, a hostage situation at a jewelry store in Montpellier, in the south of France, was being reported. Police soon said that situation was not connected to the events in the Paris region. Nevertheless, the Montpellier situation conveniently added to the fear factor.

    The events in France have given a boost to anti-Islam immigration movements throughout Europe, from the PEGIDA movement and Alternative for Germany (AFD) party in Germany, to the National Front in France, and the UK Independence Party in Britain. Coming so soon after France’s UN Security Council vote to recognize Palestine as a state and the rising political fortunes of the pro-Israel National Front, a «price tag» attack on France, masked as a jihadist terrorist operation, cannot be ruled out.

    http://www.strategic-culture.org/news/2015/01/11/curtain-rises-another-act-continual-global-war-terror-play.html

    原発 放射能 食品汚染 TPP 沖縄戦 

    関連記事
    スポンサーサイト
    真実の追求  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。