11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    “イスラム国”(ISIS)補給線、NATOと連携したトルコに保護された戦士と武器の流入 Tony Cartalucci -LD 

    “イスラム国”(ISIS)補給線、NATOと連携したトルコに保護された戦士と武器の流入
    BREAKING: Germany's DW Reports ISIS Supply Lines Originate in NATO's Turkey
    ドイツDW報道
    Tony Cartalucci
    2014年11月28日
    Land Destroyer Report
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/isisnato-bf4a.html より

    ドイツの国際放送局ドイチェ・ヴェレ(DW)が大いに含意のあるビデオ・ニュースを報じた。この局は、いわゆる“イスラム国”(ISIS)が“闇市での石油販売”やら“人質の身の代金”で資金を得ているのではなく、何十億ドルもの価値の物資が、一日に何百台ものトラックで、NATO加盟国トルコの国境を越えてシリアに搬入されていることを認めた、あるいは欧米で初めての放送局だ。

    “‘ISの供給路はトルコ経由”と題する報道は、少なくと2011年という早い時期から、地政学専門家達が報じていた、物資や戦士や武器が、妨害されずに、国境を越え、シリア国内のISIS陣地へと再補給される奔流を、NATO加盟国のトルコが、認めているという事実を確認するものだ。



    DW報道のシュールリアルな場面に、反シリア・テロリスト達が国境を歩いて越えて入った反対側で、クルド戦士により、文字通りあっけなく射殺される光景がある。

    ドイツDWがインタビューしている現地住民や商人達は、恩恵を受けていたシリアとの商売は、戦争が始まり、西トルコ”に端を発するトラックが運ぶ物資が国境を越えて流れ込むようになって以来、停まったと語っている。“。DW報道は“西トルコ”が一体何を意味するかは詳しく説明しなかったが、アンカラ、NATOが利用する様々な港や、もちろんNATOのインシルリク空軍基地のことを言っている可能性が高い。

    DWの報道は、出荷手配をしているのが誰かは誰も知らないと報じているが、DW制作班が撮影したトラックの奔流画像そのものを、アンカラのトルコ政府が公式に否定していることを暴露している。トルコは、このことを知っているだけでなく、直接加担しているのは確実で、NATOが、ISISを打ち負かしたいふりをしているが、ISISをさらけ出し、撲滅するのに失敗している ’多くの国々による後援、そして、より重要なのは、あらゆる軍事戦略の基本的前提条件である、補給線を断ち切ることを拒否したことだ。

    ISIS脅威は、最初からずっとNATOのもの
    2014_Iraq_ISIS_Mapjpg2.jpg
    画像: 欧米マスコミのISIS領地図を瞥見するだけで、連中がシリアや
    イラクで生まれ出る過激派勢力ではなく、NATO領土からやってくる
    侵略勢力であることは明白だ。


    NATO領からISIS補給線が出ているのは驚くべきことではない。

    2007年という早い時期に報道された通り、アメリカと現地の共犯者連中は、北アフリカと中東の整理し直しを目指して、アルカイダや他の武装過激派を利用する共謀をしていた。ピューリッツァー賞受賞ジャーナリスト、セイモア・ハーシュが“方向転換: 政権の新政策は対テロ戦争で、我々の敵に役立っているのか?”という記事中ではっきり述べていた

    大多数がシーア派のイランを弱体化させる為、ブッシュ政権は、事実上、中東における優先順序を変更することを決めた。レバノンでは、政権が、イランが支援するシーア派組織ヒズボラの弱体化を狙った秘密作戦で、スンナ派のサウジアラビア政府と協力している。アメリカは、イランと、その同盟国シリアを狙った秘密作戦にも参加している。こうした活動の副産物が、イスラムの戦闘的な構想を信奉し、アメリカに敵対的で、アルカイダに好意的なスンナ派過激派集団への支援だ。

    もちろん、“イスラムの戦闘的な構想を信奉し”“アルカイダに好意的”な“過激派集団”とは、つまり一言一句“イスラム国”そのものだ。ISISを構成しているのは、NATOの傭兵派遣軍で、北アフリカのリビアから、レバントのレバノンとシリア、更にはイラクやイラン国境に至るまでの地方からの代理人によって、敵を破壊しているのだ。一見、無尽蔵な武器、現金と戦士の供給は、複数国家による支援と、ISISの敵、主として、シリア、ヒズボラ、イランやイラクが攻撃できない、NATOに提供されている安全な隠れ場所によってしか説明はつかない。DW報道は、具体的に、ISISテロリストが、いかに、シリアで一部の作戦を止め、トルコ内の安全な隠れ場所を求め、決まったように逃げるか述べている。

    2012年の始め以来、NATOの主な狙いの一つは、“反政府派”が、そこを拠点に活動できる様な、NATO軍に守られた安全な隠れ場所、あるいは“緩衝地帯を、シリア領そのものの中に拡張する為、様々な口実を利用することだ。これが成功していれば、DW撮影班は、おそらく、トルコのシリア国境沿いでなく、イドリブやアレッポの様な都市に集結する車両隊を撮影することになっていただろう。

    アルカイダと提携する宗派傭兵部隊を生み出す為のアメリカと同盟諸国の共謀が報告されて、アメリカが、シリア国内であからさまに支援した、いわゆる“穏健派反政府派”は、今や宗派過激派であることがすっかり明らかになり、更にDWが、トルコからの補給の奔流を報道したことにより、NATOがそれに対し解決策をとる振りをしているISISの脅威は、実は最初からずっとNATOによるものだったのは明らかだ。ここで暴露された、目玉が飛び出るほど陰険な外交政策は、たとえDWの様な国際放送局が、ISIS補給線がNATO領そのものから伸びていることを示しても、信じられる人々はごくわずかだ。

    BREAKING: Germany's DW Reports ISIS Supply Lines Originate in NATO's Turkey
    November 28, 2014 (Tony Cartalucci -LD)
    http://landdestroyer.blogspot.jp/2014/11/breaking-germanys-dw-reports-isis.html

    Germany's international broadcaster Deutsche Welle (DW) published a video report of immense implications - possibly the first national broadcaster in the West to admit that the so-called "Islamic State" (ISIS) is supplied not by "black market oil" or "hostage ransoms" but billions of dollars worth of supplies carried into Syria across NATO member Turkey's borders via hundreds of trucks a day.

    The report titled, "'IS' supply channels through Turkey," confirms what has been reported by geopolitical analysts since at least as early as 2011 - that NATO member Turkey has allowed a torrent in supplies, fighters, and weapons to cross its borders unopposed to resupply ISIS positions inside of Syria.




    In one surreal scene from the DW report, anti-Syria terrorists are seen walking across the border and literally shot dead just on the other side by Kurdish fighters.

    Local residents and merchants interviewed by Germany's DW admitted that commerce with Syria benefiting them had ended since the conflict began and that the supplies trucks carry as they stream across the border originates from "western Turkey." The DW report does not elaborate on what "western Turkey" means, but it most likely refers to Ankara, various ports used by NATO, and of course NATO's Incirlik Air Base.

    While DW's report claims no one knows who is arranging the shipments, it does reveal that the very torrent of trucks its film crew documented was officially denied by the Turkish government in Ankara. It is a certainty that Turkey is not only aware of this, but directly complicit, as is NATO who has feigned a desire to defeat ISIS but has failed to expose and uproot ISIS' multinational sponsorship and more importantly, has refused to cut its supply lines - an elementary prerequisite of any military strategy.

    ISIS Menace Was NATO All Along


    Image: Even by looking at the Western media's maps of ISIS' territorial
    holdings it is obvious it is not a militant force springing up in Syria or Iraq but
    rather an invasion force originating from NATO territory.
    ISIS supply lines leading from NATO territory should be of no surprise.

    As reported since as early as 2007, the US and its regional accomplices conspired to use Al Qaeda and other armed extremists in a bid to reorder North Africa and the Middle East. It would be Pulitzer Prize-winning journalist Seymour Hersh in his article, "The Redirection: Is the Administration’s new policy benefiting our enemies in the war on terrorism?" that explicitly stated (emphasis added):
    To undermine Iran, which is predominantly Shiite, the Bush Administration has decided, in effect, to reconfigure its priorities in the Middle East. In Lebanon, the Administration has coöperated with Saudi Arabia’s government, which is Sunni, in clandestine operations that are intended to weaken Hezbollah, the Shiite organization that is backed by Iran. The U.S. has also taken part in clandestine operations aimed at Iran and its ally Syria. A by-product of these activities has been the bolstering of Sunni extremist groups that espouse a militant vision of Islam and are hostile to America and sympathetic to Al Qaeda.
    Of course, these "extremist groups" who "espouse a militant vision of Islam" and are "sympathetic to Al Qaeda," describe the "Islamic State" verbatim. ISIS constitutes NATO's mercenary expeditionary force, ravaging its enemies by proxy from Libya in North Africa to Lebanon and Syria in the Levant, to Iraq and even to the borders of Iran. Its seemingly inexhaustible supply of weapons, cash, and fighters can only be explained by multinational state sponsorship and safe havens provided by NATO ISIS' enemies - primarily Syria, Hezbollah, Iran, and Iraq - cannot strike. DW's report specifically notes how ISIS terrorists regularly flee certain demise in Syria by seeking safe haven in Turkey.

    One of NATO's primary goals since as early as 2012, was to use various pretexts to expand such safe havens, or "buffer zones," into Syrian territory itself, protected by NATO military forces from which "rebels" could operate. Had they succeeded, DW camera crews would probably be filming convoys staging in cities like Idlib and Allepo instead of along Turkey's border with Syria.

    With the documented conspiracy of the US and its allies to create a sectarian mercenary force aligned to Al Qaeda, the so-called "moderate rebels" the US has openly backed in Syria now fully revealed as sectarian extremists, and now with DW documenting a torrent of supplies originating in Turkey, it is clear that the ISIS menace NATO poses as the solution to, was in fact NATO all along. What is revealed is a foreign policy so staggeringly insidious, few are able to believe it, even with international broadcasters like DW showing ISIS' supply lines leading from NATO territory itself.


    原発 放射能 食品汚染 TPP 沖縄戦 
    関連記事
    スポンサーサイト
    真実の追求  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。