11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    人質問題を再軍備推進に利用する日本政府 Ben McGrath Published by the International Committee of the Fourth International (ICFI) 

    人質問題を再軍備推進に利用する日本政府
    Japanese government exploits hostage crisis to push remilitarisation
    Ben McGrath
    2015年1月28日
    Published by the International Committee of the Fourth International (ICFI)
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-8a57.html より

    日本政府は、今通常国会を、“集団的自衛権”を可能にすべく、日本国憲法“再解釈”を成文化するための大量の法律を強引に通過させるのに利用するつもりだと宣言した。安倍晋三首相は、イラクとシリアのイスラム国 (ISIS)が日本人一人を殺害し、もう一人を人質のままにしている現在の人質問題を、再軍備に反対する世論の克服を目指して、利用しているのだ。

    月曜に始まった、会期150日の通常国会は、与党自由民主党 (自民党)が、12月の再選挙で勝利してから、初めてのものだ。約80の提案予定法案のうち、10は自衛隊、つまり日本軍に対する制限を取り除くためのものだ。自民党は、2月初めに、連立相手、公明党との交渉を始め、4月の地方選挙後に、法案を採決の為提出する予定だ。

    公共放送NHKの日曜討論で、安倍首相はこう主張した。“今回の法整備は切れ目のない安全保障法制を構築している。それによって国民の命と幸せな暮らしを守り抜いていくということです。例えばこのように海外で邦人が危害があったとき、その邦人を救出する。自衛隊が救出するための法律。現在、そのために自衛隊が持てる力を十分に活かすことができません。”

    これら新法は、日本国民を保護する為ではなく、アメリカ侵略戦争への日本の軍事的関与を容易にする為、アメリカの“アジア基軸”の一環として、とりわけ対中国戦争準備の為に制定されようとしている。法律は、ワシントンと東京が昨年10月に合意した新防衛ガイドラインに沿ったものだ。


    新法で、安倍首相は、国会の承認を得ずに、自衛隊を海外派兵できるようになる。現在は、アメリカのアフガニスタンとイラク侵略に対する日本軍事支援の際と同様に、海外に軍隊を派兵する度毎に、その任務を承認する新法を成立させなければならない。

    これらの法案によって、日本は、アメリカのアジアにおける対中国戦争計画に、より密接に組み込まれることになる。ペンタゴンは、日本にある米軍基地は、中国本土の基地、ミサイル発射基地、司令部や通信施設に対する大規模ミサイル攻撃、および空襲を構想している“エアシー・バトル”戦略における重要な要素だと見なしている。日本は、中国経済封鎖の為のアメリカ軍計画における重要な要素でもある。

    他の法律には、具体的に中国を意図したものがある。こうした法案の中には、もし外国の船舶、あるいは外国人が日本の島嶼周辺の海域に進入したり、島嶼そのものに上陸したりしたした場合、首相が自衛隊を派兵することを可能にするものも含まれている。紛争中の東シナ海の尖閣/釣魚台列嶼は、2012年に、日本政府が個人所有者から三つの島嶼を購入して、挑発的に島嶼を国有化して以来、中国との厳しい緊張の中心となっている。

    特に陰険な法案は、日本が攻撃されたり、攻撃すると脅されたりした場合、政府が日本国民の権利を制限することを可能にするものだ。この法案で、例えば、北朝鮮からの脅威とされるものを口実に、反戦抗議行動や、日本再軍備反対を厳しく取り締まる広範な活動が、政府にとって可能になる。

    安倍政権が“集団的自衛権”で提案したものを超える施策を考えているのは明らかだ。
    安倍首相の要請で、日本当局は、先週金曜 予定している法律の変更で人質の解放を実現する為に、日本がISISに軍事攻撃を行うことが可能になるのかどうかを含めた一連の疑問を検討する為の報告書を作成したと、ロイターは報じている。報告書の結論は、 安倍首相がその様な作戦を利用するのを可能にする法的基盤はないとしており、更なる法律改訂を強く要求している。

    しかしながら、報告資料は、新法により、アメリカが率いるイラクとシリアでの戦争を、日本が軍事支援できるようになると結論づけている。“日本の平和と安全保障と、国際社会の平和と安定に貢献すべく、他国の軍隊を支援する為に必要な活動支援を実施するため、我々は法律的枠組みの検討を進めている”と、直接ISISには言及すること無しに述べている。

    今回の人質問題は、1月20日、ISISが、二人の日本人、湯川遥菜氏と後藤健二氏を写したビデオを公開し、二人の解放に、2億ドルを要求して始まった。湯川氏は昨年8月に囚われた。後藤氏は、10月に湯川氏の命乞いを試みたが、同様に囚われた。ビデオで、ISISは日本に身の代金支払いに72時間の猶予を与え、払わなければ、二人とも殺害するとした。

    期限は金曜午後に切れたが、土曜深夜になって、斬首された湯川氏の写真を持った後藤氏を写した二本目のビデオが公開された。ISISは、要求も、身の代金から、囚人解放へと変更した。組織は、2005年テロ攻撃で、ヨルダンの首都アンマンのホテルで演じた役割のかどで、ヨルダンで死刑を宣告された女性、サジダ・アル-リシャウィの釈放を求めている。ISISは、もし要求が満たされなければ、後藤氏はヨルダン人パイロットと共に水曜日に殺されると言って、新たな脅しを行った。

    2013年、安倍首相は、最終的に10人の日本人が亡くなった、アルジェリアでの人質問題につけこんで、日本軍に対する制限を弱める新法を成立させた。この法律は、日本が装甲車両を含む自衛隊車両を、紛争地域へ配備することへの禁止を撤廃した。

    政治的既成勢力には、政府の憲法再解釈や、予定されている法案に対する広範な反対世論に対応するものが存在しない。自民党の連立相手で、名目だけの平和主義政党公明党は、昨年、安倍首相の憲法再解釈を支持し、新法をうわべだけ糊塗することを狙っている。
    アメリカの戦争に対する兵站支援提供に関連し、山口那津男代表は日曜の番組で、こう述べた。“自衛隊による海外での後方支援では、政府は国連の安保理決議に基づき、憲法の趣旨を外さないようにすべきだ。”

    野党民主党は、政府が計画している法律に対する首尾一貫した立場をまだ構築していない。新たに就任した民主党の岡田克也代表は、とりあえず、こうした法律が日本がアメリカの戦争に引き込まれる可能性をもたらすことを指摘した。“もしアメリカ合州国がより直接的な関与を要求してきたら、日本政府はそれを‘我々は人道支援のみ行う?’といって、拒否できるだろうか”ところが彼は、法律にも、アメリカが率いる戦争への関与にも、明白には反対していない。

    Japanese government exploits hostage crisis to push remilitarisation
    By Ben McGrath
    28 January 2015
    Published by the International Committee of the Fourth International (ICFI)
    http://www.wsws.org/en/articles/2015/01/28/japa-j28.html

    The Japanese government has announced that it will use the current parliamentary session to push through a raft of legislation to codify its “re-interpretation” of the country’s constitution to allow for “collective self-defense.” Prime Minister Shinzo Abe is exploiting the current hostage crisis, in which Islamic State of Iraq and Syria (ISIS) has killed one Japanese citizen and continues to hold another, in a bid to overcome public opposition to remilitarisation.
    The regular 150-day session of the Japanese parliament or Diet that began on Monday is the first since the ruling Liberal Democratic Party (LDP) won reelection in December. Among some 80 bills expected to be submitted are 10 to remove restrictions on the Self-Defense Forces (SDF), Japan’s military. The LDP will begin negotiations with its coalition partner Komeito in early February and plans to submit the bills for a vote following April’s local elections.
    Speaking to Japan’s NHK public broadcaster on Sunday, Abe declared: “The legislation is aimed at protecting the lives and well-being of the people by structuring a seamless legal security structure. For example, if Japanese abroad come under harm’s way, as in the recent case, the Self-Defense Forces currently aren’t able to fully utilize their abilities.”
    These new laws are being drawn up not to protect Japanese citizens, but to facilitate the Japanese military’s involvement in US wars of aggression, in particular its war preparations against China as part the US “pivot to Asia.” The legislation is in line with new defense guidelines that Washington and Tokyo agreed to last October.
    The legislation will allow Abe to dispatch the SDF overseas without seeking the Diet’s approval. Currently, each time the militarily is sent abroad, a new law must be passed authorizing the mission, as was the case in Japan’s military support for the US invasions of Afghanistan and Iraq.
    The proposed laws will ensure that Japan is more closely integrated into US war planning in Asia against China. The Pentagon regards its military bases in Japan as crucial components of its “AirSea Battle” strategy, which envisages a massive missile and air attack on Chinese mainland bases, missile sites, command centers and communications. Japan is also critical to another element of US military planning, for an economic blockade of China.
    Other laws are specifically directed against China. These include allowing the prime minister to dispatch the SDF if foreign ships or people enter the waters around Japanese islands or land on the islands themselves. The disputed Senkaku/Diaoyu Islands in the East China Sea have been at the centre of sharp tensions with China since the Japanese government provocatively nationalised them in 2012 by purchasing three of the islands from their private owner.
    A particularly insidious bill will allow the government to restrict the rights of Japanese citizens if Japan is attacked or threatened with an attack. The legislation will give the government broad scope to crack down on anti-war protests or opposition to remilitarization in Japan, on the pretext, for example, of a supposed threat from North Korea.
    The Abe government is clearly considering measures that go beyond its proposals for “collective self-defense.” Reuters reported that at Abe’s request Japanese officials drafted a briefing paper last Friday to consider a series of questions, including whether the planned legal changes would allow Japan to launch a military attack on ISIS to secure the release of the hostages. The paper’s conclusion that there was no legal basis for such action could well be used by Abe to press for further legislative changes.
    However, the briefing paper did conclude that the new legislation would permit Japan to give military support to the US-led war in Iraq and Syria. “We are proceeding with consideration of a legal framework to implement support activities necessary to support other militaries in contributing to Japan’s peace and safety and the peace and stability of the international community,” it stated, without directly referring to ISIS.
    The current hostage crisis began on January 20 when ISIS released a video featuring two Japanese men, Haruna Yukawa and Kenji Goto, and demanding $200 million for their release. Yukawa was captured last August. Goto attempted to intercede for Yukawa in October but was also captured. In the video, ISIS gave a 72-hour deadline for Japan to pay the ransom or the two men would be killed.
    The deadline expired Friday afternoon but it was not until late Saturday evening that a second video was released featuring Goto holding a picture of Yukawa, who had been beheaded. ISIS also changed its demand from a ransom to a prisoner exchange. The organization is seeking the release of Sajida al-Rishawi, a woman condemned to death in Jordan for her role in a 2005 terrorist attack at hotels in the Jordanian capital, Amman. ISIS issued a new threat saying Goto would be killed along with a Jordanian pilot on Wednesday if its demands were not met.
    In 2013, Abe seized on a hostage crisis in Algeria, which resulted in the deaths of 10 Japanese citizens, to pass a new law watering down restrictions on the Japanese military. The law overturned a ban on Japan sending SDF vehicles, including armored vehicles, into a conflict zone.
    The widespread public opposition to the government’s constitutional reinterpretation and the planned legislation finds no expression in the political establishment. The LDP’s coalition partner, Komeito, which is nominally pacifist, backed Abe’s constitutional reinterpretation last year and is looking for cosmetic changes to the new legislation. In relation to providing logistical support for US wars, spokesman Natsuo Yamaguchi said on Sunday: “As a basic rule, rear-line support should be to back the response of the international community based on a UN Security Council resolution.”
    The opposition Democratic Party of Japan (DPJ) has yet to formulate a coherent stance on the government’s planned laws. Newly-installed DPJ leader Katsuya Okada tentatively pointed out that the legislation would mean Japan would be drawn into US wars. “If the United States requests more direct involvement, can the Japanese government refuse it by saying, ‘we only conduct humanitarian aid?’” However, he did not oppose the legislation, or involvement in US-led conflicts, outright.

    原発 放射能 食品汚染 TPP 沖縄戦 

    関連記事
    スポンサーサイト
    真実の追求  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。