11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    5、6号機の冷却まで危うく  

    冷温停止状態の5、6号機も冷却ポンプや発電機が水没すれば、加熱、爆発は必至です。

    そうなりかけていた。そして今も続いている。5号機はポンプも故障して昨日冷却が止まった。

    今日復旧したが温度は100度近くに。。

    原子炉6つが危機的状況でそのうち4つは冷温停止のめどが立たない。

    絶望的になります。もう関東には住めないのではないかと。

    この記事にある事実も長い間隠されていました。


    4月の汚染水放出 発電機水没を回避
    2011年5月20日 朝刊 東京新聞

     福島第一原発の事故で、5、6号機の原子炉や使用済み核燃料プールを冷やすのに使っていたポンプや非常用発電機が四月上旬に地下水で浸水しかかり、送水できなくなる恐れがあったことが分かった。比較的低濃度の放射性物質を含んだこの水を海へ放出し、故障の危機を逃れたが、海外や漁業者らから批判を招いた。

     経済産業省原子力安全・保安院や東京電力によると、ディーゼル発電機は6号機原子炉建屋の地下、ポンプは5、6号機のタービン建屋の地下にあった。地震で壁にひびが入り、地下水が流れ込んでいた。

     水位は上がり続け、四月四日の時点で発電機の浸水まで約二十センチに迫った。故障すると原子炉やプールにある核燃料が過熱する恐れがあったため、作業員が手作業で水をくみ出した。

     東電は同日午後から地下水など計約一万トンを海に放出。法令で定める限度の百倍から千倍程度の放射性物質を含んでいたが、保安院は緊急の措置として認めた。連絡の遅れから、周辺各国や漁業団体から強い批判が出た。

     保安院の西山英彦審議官は「雨が降るとすぐに水没。そうでなくても数時間しか持たないという状況だった」と説明している。

     5、6号機では、すでに外部電源に切り替え水による冷却をしている。一方、地下水の流入は今も続いており、東電はこれらの機器の水没を避けるため今月一日から随時、6号機の水を仮設タンクへ移送している。

    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/400-7a301ed4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。