11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    国は食品、飲料水暫定基準を元に戻すべき  

    飲料水の暫定水質基準の200Bq/kgでさえも、放射能汚染が長期化することが確実となった今、本来の基準である

    10Bq/kgに戻さないと、国民の健康は守れません。

    その当たり前の指導が起こらず、逆にお茶の暫定基準値を500Bq/kgに引き上げてしまいました。

    こんなに恐ろしいことはありません。

    健康に害があるのがわかっていて基準値を引き上げる。

    信じがたい生産者保護であり、消費者無視の暴挙です。

    全ての食品、飲料水は暫定基準ではなく、本来の基準に戻して管理しなければならないのです。

    今も放射能の流出は続いていて、終息が出来たとしてもそれは年単位であることがはっきりしてきたからです。



    生茶葉の出荷制限、500ベクレル超で決着
    (2011年5月19日10時28分 読売新聞)

     東京電力福島第一原子力発電所の事故で、生茶葉から暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された問題で、政府は18日、出荷制限の基準について、生茶葉から1キロ・グラムあたり500ベクレルを超えるセシウムが検出された場合とする方針を固めた。


     厚生労働省が茶葉(規制値500ベクレル)での規制、農林水産省が茶飲料(同200ベクレル)での規制を主張し、調整が続いていた。

     生茶葉ではこれまでに神奈川県の6市町村、茨城県の2町で、規制値500ベクレルを超えるセシウムが検出されているが、政府が出荷を制限していないため、生産者が出荷を自粛していた。

     同セシウムは茶飲料にすると生茶葉の段階から9分の1~6分の1に薄まるとされ、農水省は「お茶は飲むもので、茶葉の段階で規制するのは非合理」と主張。厚労省は「飲むときに薄まるといっても、規制値を超えた茶葉が流通することに消費者の理解が得られない」としていた。ただ、厚労省は生茶葉を乾燥させた「荒茶」についても500ベクレルを上回れば制限すべきだと主張。荒茶の場合、生茶葉と比べて約5倍の放射性物質が検出されるため、生産者側から反発の声が上がっており、荒茶については検討が続いている。

    (2011年5月19日10時28分 読売新聞)

    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    食品汚染  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/406-e0c9f547
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。