11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    東京電力、福島第一原発の爆発後の画像を公開 2011年03月17日 

    東京電力、福島第一原発の爆発後の画像を公開
    2011年03月17日(約3400字)asahi.com

     東京電力福島第一原子力発電所で前代未聞の異常な事態が収まることなく続いている。3月16日、原発の危機に東京電力はどう対処したのか。東京都千代田区内幸町の東京電力本店から報告する。

      ▽筆者:奥山俊宏
      
     ■16日午前 爆発後の原発画像

     16日午前10時32分、原子力設備管理部の巻上毅司(まきがみ・たけし)課長らの記者会見が始まった。

     福島第一原発4号機の建屋の北西部から炎が再び上がった問題で、午前8時14分、地元・富岡町の消防指揮車が同原発の正門に到着し、続いて8時47分、消防車3台が着いたことが発表された。炎はその前に見えなくなっていたという。

     質疑応答でまず焦点があたったのは、福島第一原発3号機の建屋の上に立ち上る白い煙は何なのか、という問題だった。

     「我々も煙を確認しまして、詳細はまさに確認中」と東電社員。「白い蒸気が出ているのは3号機の方向。4号機かもしれない。これが蒸気だとすれば、燃料プールの中の水が沸騰している可能性がある」。質疑に答える形で細切れに補足説明があった。

     1、2、3、4の各号機はいずれも、燃料プールの水を冷却できておらず、中身の核燃料の熱で水温が上がりつつある。しかし、水温の計測データはなく、プールの中がいったいどうなっているのか分からない。さらに、5号機、6号機の燃料プールも、冷却水の循環はできているものの、海水に熱を逃がすことができず、冷却が十分とは言い難く、午前7時の水温はそれぞれ61.1度、59.5度。15時間前よりいずれも4度近く上昇しており、ペースは遅いものの、「比例計算では数日程度」(東電社員)で水の沸点である100度に達する可能性がある。


    福島第一原発の3号機(手前)、4号機(右奥)=3月15日午前7時33分、免震重要棟のある高台で東京電力社員が撮影(東京電力提供)
     11時13分、記者会見が続くなか、福島第一原発の3号機、4号機を現場で撮影した写真のプリントアウトが届き、記者らに配られた。

     ホワイトボードに絵を描きながら「手前が3号機、奥が4号機」と東電社員が説明すると、記者から「4号機は真ん中に穴が空いてる?」と質問。「はい。ここから火を見えてました」と東電社員。3号機の建屋の上部は原形をとどめないほどに破壊されて鉄骨がむき出しに。奥の4号機の建屋は、天井付近はぐしゃりとへこみ、その下にかろうじて薄青色の壁が残っているのが見えるが、真ん中あたりにあるはずの壁はなくなっている。

     「いつどこから撮影したのか?」という質問が飛んだ。前日の15日に北北西のほうから望遠レンズで撮影したという。

     ■16日夕 記者会見2時間余

     16日夕、福島の原発に関して開かれた記者会見は2時間余にも及んで続いたが、それでも記者の質問は途切れなかった。福島第一原発の1、2、3号機の炉心の水位低下だけでなく、同原発の6つのプラントすべての使用済燃料プールの水温上昇、そして、柏崎刈羽原発(新潟県)で放射能が検出された問題まで加わった。

     午後3時56分に始まった原子力設備管理部の巻上課長らの記者会見。

     敷地正門で測定した放射線の量が数ミリシーベルトと桁違いに高くなった原因はどのプラントにあるのか。「2号、3号、または、4号、いずれかだと思いますが、判断がつきかねます」。1号機から3号機までは炉心を冷やすため、格納容器内の放射能が外界に出やすい状態となっている。1号機、3号機、4号機は建屋が損傷している。どこから原因となる放射能が出ていてもおかしくはない。


    福島第一原発の1号機(左端)、2号機、3号機、4号機(右端)=3月15日午前7時33分、免震重要棟のある高台で東京電力社員が撮影(東京電力提供)
     地震前から定期検査のために停止中で、当初は問題視されていなかった5号機、6号機についても質疑の対象に加わった。使用済燃料プールの水温が刻一刻と上昇している。午後2時の時点でいずれも60度を超え、同じペースで水温が上がり続ければ、数日で沸騰する計算だ。

     新潟県の柏崎刈羽原発で微量の放射能が検出された問題については、記者会見の最中の午後5時35分に発表が始まった。福島第一原発に応援に出ていて、15日に戻った社員や資機材に福島で付着した放射性物質が原因だとみられるという。


    配布した画像について説明する東京電力の社員ら=3月16日午後4時57分、東京都千代田区内幸町で
     福島第一原発の建屋の中をめがけてヘリコプターで水を入れるかどうか。「検討中」という返答だったが、記者たちは信用しなかった。

     午後5時57分、最前列にいたテレビ局の記者が会見場に呼びかけた。「これ以上、会見をやっても意味がないので、ここの人を責めても何も出てこないので、ここでいったん切りましょう」

     始まってから2時間1分、記者会見は終了した。

     ■17日未明

     16日午後11時56分、記者会見が始まった。

     「警視庁さんの車両が福島第一原発の構内に1台到着していると報告を受けた。準備ができ次第、(放水を)開始して頂ける」

     広報部の吉田薫マネージャーが明らかにした。

     17日午前零時59分、未回答の質問を宿題として、会見終了。

     午前2時14分、記者会見は再開された。

     原子力設備管理部の小林照明(こばやし・てるあき)課長が「電源の復旧状況、準備がだいぶ整ってまいりまして、本日から現地で工事に着手する予定になっております」と明らかにした。「復旧するタイミングはまだ調整中の段階です」

     記者の質問に答えて、小林課長はさらに次のように補足した。

     「外部電源の復旧作業と仮設電源の準備をいたしまして、現場に直接つなぎこむということでございます」

     「仮設電源は、発電所内の線量の低いエリアに電源車をまず持ち込みまして、そこに仮設のリレー関係などを持ち込みまして、直接つなぎ込むような作業をいたします。それと並行いたしまして、東北電力さんの送電線からサイト内に供給するライン、こちらの復旧作業を含めて進めていく予定でございます。優先順位はまず仮設側から進めます。それと並行しまして、できる範囲から送電関係の復旧工事をします」

     未回答の質問の大部分は未回答のまま残り、吉田マネージャーが「本日中に回答する」と約束して、午前2時27分、会見は終了した。

     ■2号機の炉内の圧力

     16日の一連の記者会見で最大の焦点となったのは、実は、福島第一原発2号機の炉心の圧力の低さだった。

     昼前の記者会見で、記者の質問に答える中で、2号機の原子炉内の圧力の数値が大気圧を下回り、格納容器内の圧力の数値も大幅に低くなっていることが明らかにされた。

     東電側のその際の回答によれば、午前6時55分の時点で、圧力容器がマイナス0.061メガパスカル(大気圧との差を示すゲージ圧力)、格納容器がプラス0.045メガパスカル(絶対圧)と、ゼロに近い数値となっている、という。つまり、大気圧とほぼ同じということを意味する。

     炉内の密閉性が失われるという「憂慮すべき状況」に陥った可能性を示唆する。しかし、一方で、炉内の水位はマイナス1400ミリと比較的安定しているといい、逆に、「順調に(燃料の)冷却が進んでいる」という可能性をも同時に示唆する。いったいどちらなのか? 「注視していかなければならない」と巻上課長は答えた。

     夕方の記者会見でも、最初にやりとりがあったのは、2号機の圧力の問題。巻上課長は「中の気体が(大気中に)抜けている可能性」があることを認めた。と同時に、逆に、順調に燃料棒の冷却が進んでいる可能性があるとも強調した。

     17日未明、これらの可能性はすべて否定された。

     「朝、これを見て不思議に思って、いろいろ調査した。メガをキロに直したりした際に桁を間違えた」(格納容器内の圧力の数値について)

     「2号機の炉内がマイナスになっているが、そんなことは考えられず、バッテリーがへたってマイナスになっている。計器を回復してみないと、本当の値は分からない」(炉心の圧力の数値について)

     深夜の記者会見で、原子力設備管理部の黒田光課長はそう述べた。

     格納容器内の圧力の数値はそれまでの45キロパスカルから450キロパスカルに訂正され、炉心の圧力の数値については午前中はマイナスとなっていたが、午後からは「不明」とされた。

     ▽17日午前2時14分に始まった記者会見に関する記述は18日午前零時7分に加筆しました。

    原発 放射能 水道
    関連記事
    スポンサーサイト
    報道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/41-9b807900
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。