11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    暫定基準をやめないと日本は国民虐殺国家に成り下がる  

    日本の食品、飲料に対する暫定基準値は恐ろしく高く、とても許容できる数値ではありません。

    暫定基準値のものを飲んだり食べたりしていると、簡単にそれだけで年間1mSvを上回ってしまいます。

    つまり、安全ではない基準値を採用しているということです。

    kizyunti.jpg
    全文はこちら

    もちろん、この事故が1ヶ月で終息していたなら、この暫定基準値でも問題はありませんでした。

    しかし、3ヶ月を経ても終息の可能性さえ見えてこない状態です。

    そんな中で暫定基準をこのままにして食事を続けたらどうなるでしょう。

    国民全員が広範囲な流通によって被爆し、死期を早めてしまうことになります。

    放射能汚染が止められないことがわかった今、政府が取るべきなのは、暫定基準値を撤回し、本来の基準値に戻し、それを超える食料の出荷を止めることです。そして止められた生産者には保証をするしかないのです。

    飲料水なら300Bq/lを10Bq/lに。

    食品は2000Bq/kgを100Bq/kgに。

    戻せばいいのです。

    戻さなければ、国民に放射能障害による病気が多発し、死者が続出します。

    そして結局健康保険の支払いで政府の財政は窮することになるのです。

    今手を下す。適切な措置をするのが人道的に見ても自国民救済の大原則からしても至極真っ当な選択です。

    今すぐに基準値を戻し、まやかしの暫定基準値を捨て、汚染食品の流通を止めないと取り返しのつかない事態が起こります。

    日本政府は大量殺戮を自国民に行ったとして、後世に語り継がれることになります。

    私は国に殺されたくありません。


    放射線について正しく学ぼう 主催者の方、どうもありがとうございました。

    原発 放射能 水道 食品汚染

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    食品汚染  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/430-feb73115
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。