11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    関東東北一円は汚染地域  

    【WSPEEDI予測値 首都圏暗黒の7日間】
    ( 2011/06/08 18:55 ) OLIVENEWS INC.

    下図は、WSPEEDIに関するi131(ヨウ素131)の3月25日時点に於ける堆積量予測値である。

    本日は、昨日の小佐古教授の示唆した事実に関し更なる解説を加える。

    下図を見れば、そこには黄色い汚染地域の外側に濃い緑の準汚染地域が広がっているのが分かる。

    政府(菅政権)は、原発2号機が破損した当日の3月15日時点で、放射能汚染が原発から北西方向を中心に広がると予測していた。

    だが、この方向にある福島県飯舘村など5市町村の住民に避難を求めると政府が発表したのは4月11日で、結果として原発から北西方向区域の住民は避難することなく基準値超の被ばくを受けることとなった。
    1305799_0325_1.jpg
    この地域は黄色で表される汚染地域であり、今後、政府が責任を追及されるだろうことは明らかである。

    しかしながら、では広域に広がる濃い緑の準汚染地域はどうだろう。

    政府(菅政権)が、パニックが起きる(後に説明したのは細野補佐官だが、実際に事故時点の当事者は福山官房副長官だと云われている。)として公表しなかった事故当日の15日から公表された23日までの約7日間、この黄色の地域並びに濃い緑の地域の住民は上空に放射性プリュームが津波のように襲い、何も知らないままに外部被ばくを受け、そして、放射性ヨウ素i131や放射性セシウムCs137等々を吸引し、汚染された水を口にしたのだ。

    その時、テレビでは、安全喧伝学者が代わる代わる登場し、放射能は安全だと力説していた。

    だがその後小佐古教授が辞任表明に際し指摘した事実は、見事にWSPEEDIがその広域汚染を予測していた。

    従って事故が起きた15日当日、関東圏の各地で急激な放射線量上昇が生じ、それはまさしく放射性プリュームが首都圏を襲っていた証左なのである。

    この事実を知らせなかった菅政権は、まさに万死に値する所業でありながら、今もなにやら自民党と連立とか他人事のように喧しい。

    しかし、まず何も知らされずに高度の被ばくを受けることとなった飯舘村周辺の住民、そして更には濃い緑の地域の準汚染地域の住民に対し何と申し開きをするのであろうか。

    パニックが起きると云うが、それは詰まるところ【黙って放射能を浴びてもらおう】との裏返しであろう。

    国民の命を、特に将来を担う乳児・妊婦を軽んじた菅直人政権は、いくら土下座しても足りないのである。
    さような人たちと連立を組んで政権をこさえるなど、信じられないことだと我々国民は思うのだ。

    資料1=福島第一原発モニタリングポスト放射線量率図
    109900_ins1.jpg

    資料1は、福島第一原発に関わるモニタリングポストの線量計測値である。
    このところ3号機が核爆発したとか云われているが、3号機の水素爆発時に際立った線量上昇は見られない。
    むしろ15日0:00頃と08:00頃に異常な線量上昇が見られる。

    小紙は、0:00頃が2号機のドライベントによるもの、08:00頃が2号機の圧力抑制室損傷及び4号機核燃料プールの損傷だと見ている。
    その後は主として3号機のメルトダウン、続き3号機核燃料プールの損傷と推定している。
    2号機は、圧力抑制室が損傷した時点でメルトダウン(多分、1号機3号機より大きく損傷)しており、主として大量の放射性物質放出源となった。
    つまり重大な放射性物質放出に関する事故は、3月15日に起き、その後約7日間大量の(77万テラベクレルならその半分が)放射性物質が大気中に放出されたものと推定される。
    しかし我々国民には、何も知らされなかったのである。

    そして、全てが終わった3月23日(i131の半減期は8日)になって、斑目原子力安全委員長が会見したのが先の論評であった。
    なお菅総理は、一義的には東電に責任があるが政府にも責任があるみたいな云い方をしているが、3月11日19:03分に原子力緊急事態宣言を発令した後は、全ての指揮権の法的責任は内閣総理大臣を長とする原子力災害対策本部にある。
    従って、我々国民は菅総理並びにその内閣を構成する閣僚に因って被ばくさせられたものと結論している。
    皆さんのご意見もお待ちする。

    オリーブ拝 ( 2011/06/08 18:55 )


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/483-995ad33e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。