11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    スイス連邦内務省保健局は日本からの食品の輸入に関する規制を強化  

    日本からの食品輸入、規制強化へ
    2011-06-03 15:00 swissinfo.ch、外電

    スイス連邦内務省保健局 ( BAG/OFSP ) は6月1日、「日本からの食品の輸入に関する規則」の改正を発表した。それによると、3月30日に制定された輸入制限対象地域12都県に新たに神奈川県が加わった。

    これにより、日本からの輸入品に検査がさらに強化されることになった。この措置は欧州連合 ( EU ) に倣ったもので、改正規定は6月2日に発効する。

    セシウム検出に対応

     改正が行われたのは、5月12日、神奈川県産の緑茶の生葉から高濃度の放射性セシウムが検出されたことが明らかになったため。また、13日には別の3件の検査でも、同県産の緑茶の生葉から高濃度の放射性セシウムが検出された。
     
     これを受けてEUが24日、「日本からの食品および飼料の輸入に関する規則」の一部改正を行った。スイス保健局もEUに並ぶ形で、神奈川県およびその沿岸海域を放射能汚染がとくにひどい可能性のある地域に指定。これにより、食品および飼料の輸出に際し検査が必要とされる輸入制限対象地域は、福島、群馬、茨城、栃木、宮城、山形、新潟、長野、山梨、埼玉、東京、千葉、神奈川の13都県となった。

    13都県外の食品にも抜き取り検査

     食品輸入規制により、制限対象地域からの食品等をスイスへ輸出する際には、日本の農林水産省による放射性物質検査が必要となり、その分析報告書の提出が義務付けられている。

     ただし、制限対象地域以外を原産地とする食品が、制限対象地域を積み出し地として通過して輸出される場合に関しては、分析報告書提出の義務は課されない。食品の原産地が13都県かどうかが重要視される。

     しかしながら、スイスへの輸入品の2割に対して抜き取り検査が行われ、基準値を超える放射性物質 ( ヨウ素131、セシウム134およびセシウム137 ) が含まれないことを証明するための検査が行われる。

    swissinfo.ch、外電

    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 社会問題

    ジャンル: ニュース

    食品汚染  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/492-251e978c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。