11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    「たまり水は通常の原子炉水の1千万倍の高放射能」と発表、深夜に訂正、2桁下に 2011年03月28日 

    「たまり水は通常の原子炉水の1千万倍の高放射能」と発表、深夜に訂正、2桁下に
    2011年03月28日(約8100字)asahi.com

     東京電力福島第一原子力発電所は、建屋を破壊され、外界に放射性物質を放出する異常な事態に陥っている。東京電力は3月27日、2号機のタービン建屋の地下で見つかった「たまり水」の放射能の濃度について1ccあたり29億ベクレルという異常に高い計測結果を発表したが、夜、これを取り消した。28日未明、2けた小さい2千万ベクレルに訂正した。東京都千代田区内幸町の東京電力本店から報告する。

      ▽筆者:奥山俊宏
      
     ■昼

     27日午前11時55分、記者会見が始まる。テーマは二つ。一つは、福島第一原発の近くの海辺で採取した海水の放射能濃度。もう一つは、1~4号機のタービン建屋地下の「たまり水」の放射能濃度。


    福島第一原発の南放水口の付近の海水放射能の濃度の推移(東京電力の資料から)
     まずは海水。福島第一原発の南放水口から南に330メートルの地点で26日午後2時半に採取した海水から、1ccあたり74ベクレルの放射能が検出された。基準値(炉規則告示濃度限度)の1850倍に上る。これまで測定された中では最大の値である。

     次は「たまり水」。

     さまざまな放射性核種の濃度を合計した数字(1ccあたり)は、

     1号機は42万ベクレル(26日採取)、
     2号機は29億ベクレル(26日採取)、
     3号機は47万ベクレル(26日採取)、
     4号機は500ベクレル(24日採取)

    だという。

     通常運転中の原子炉の炉水の放射能濃度が数百ベクレル(1ccあたり)であることを考えると、どの値も決して小さくはないが、2号機が突出している。その内訳も異常な内容となっている。

     ヨウ素134(半減期53分)    29億ベクレル
     ヨウ素131(半減期約8日)   1300万ベクレル
     セシウム134(半減期2年)    230万ベクレル
     セシウム137(半減期30年)   230万ベクレル

     ヨウ素134の「半減期53分」というのはすなわち、53分たてば元素崩壊で量が半分になってしまう、ということを意味する。106分で4分の1となり、時間の経過とともにあっという間に減っていく。にもかかわらず、それが29億ベクレルも検出されたという。

     2号機のその「たまり水」があった場所は、放射線の線量も毎時1000ミリシーベルトを超えていたという。

     東電社員は次のように説明を進め、記者の質問に答える。

     全体を見ますと、2号機の現場の水の表面線量率が一番高く、放射性核種につきましてもほかと比べると高い数字になっている状況です。大元にあるのは原子炉であるとかプールであるとかは間違いないですが、どのような形でタービンに来たかということについてはまだ分かっていない状況です。

     ――1000ミリシーベルトというのはマシン(測定器)としては測定できるのか?

     レンジ(測定対象数値の範囲)を変えてやれば測定できるんですけども、あまりにも高い数字でございましたので、そこでレンジを変えてリセットし直して測定するというのはとりあえずやめまして、水を採取していったん持ち帰って測ったという状況です。

     ――震災発生以来、測定できた線量としてはこれが最大だと思うんですが、そういうことでしょうか?

     はい。水の表面の数値としては。

     ――核種も特異なように見えるが、排出源はどこが想定できるんでしょうか?

     原子炉の中か使用済燃料プールを経た水がたどり着いているということだと思います。

     ――2号機のたまり水なんですが、通常の運転中の原子炉の中の水の何倍と考えたらいいんでしょうか?

     通常の運転中の原子炉水の約1000万倍ということです。

     ――その数値についてはどのように受け止めていますか?

     現状としましては、こういう数値が出たということで、その原因や要因は改めて調査を継続していきます。

     この結果、たとえば、アサヒコムでは次のように報じられる。

     保安院や東電によると、2号機タービン建屋のたまり水から26日に採取した水を調べた。放射性物質が放射線を出す能力(放射能)を示す単位(ベクレル)でみると、ヨウ素134で1ccあたり29億ベクレルだった。ほかにヨウ素131で1300万ベクレル、セシウム137で230万ベクレルを計測した。炉内の冷却水は通常、1ccあたり数百ベクレルの放射能を帯びている。これに対し29億ベクレルは約1千万倍強い。

     ■夕方

     27日午後5時34分、武藤栄副社長の定例記者会見が3階の大会議室で始まる。武藤副社長が冒頭5分ほど、各原子炉、各燃料プールの状況を説明する。


    立ったまま質問に答える東京電力の武藤栄副社長(中央)=3月27日午後6時20分、東京都千代田区内幸町の東電本店3階で
     原子炉内への注水は26日までにすべて海水から淡水に切り替えた。1号機の炉の温度が高いが、他の炉の計測数値に大きな変化はないという。燃料プールについては、2号機の満水を確認。3号機、4号機はコンクリートポンプ車で2時間ほど海水を注入した。タービン建屋地下の「たまり水」については、1号機では引き続き仮設ポンプで復水器に移動させつつあるが、完了しない。2号機、3号機については、どうするか検討中という段階が続いている。

     質疑に入る。記者たちが次々と手を上げる。司会役の広報部の吉田薫マネージャーにあてられると質問する。

     □今後の見通し「全体としてはいろいろ進展」

     ――現状、どのくらいの期間、冷却すると、放射能を止めたりできるんでしょうか?

     発熱そのものというのは原子炉を止めた直後はたいへん大きうございまして、運転中の7%というたいへん大きい発熱があります。ただ、時間がたつと、これは徐々に小さくなっていくわけでして、減少しつつあります。したがって、冷却というのは、その時点その時点に発生している熱量を冷やすだけの冷却をしていくことになります。

     ――現状、炉心の中は通常のように冷却できている状態ではないと思うんですが、この状態で手当てできるようになるまでどのくらい時間がかかるか?

     現時点ではそういう作業に取りかかっているわけです。発熱量が減って、冷却に要する水の量が減れば、それだけ作業環境もよくなるわけでありまして、あるところまで待って何か作業をするというのではなく、できる範囲から手を着けていく。

     ――発熱量が減るといっても、元の発熱量が大きいので、その0.2%になっても数千キロワットという桁違いの数字だと思うんですが、その状態で炉心に近づけるとお考えですか?

     ここをどういうふうに除熱をするかということについて、現時点で水を入れながら冷却をしているわけですが、それを外に熱を取り出すような道を作るということをあわせて検討しております。そのためには電源を復旧して、さまざまな冷却系を生かしていくことが必要です。

     ――どのくらいの期間か?

     現時点ではまだ具体的なスケジュールを申し上げる段階ではないです。

     ――現時点で今後見通し得る最悪のシナリオとしてはどういうものを考えておられるのでしょうか?

     これまで大変厳しい状況をたどってきているわけでありまして、これ以上悪くさせないということがともかく大事だと思っています。何がいま大事だと思っているかと申し上げますと、やはり原子炉の炉心を相当冷やさなければいけない状態にあるわけでありまして、これをしっかりやることが大事だと思います。言い換えれば、そこの冷却がうまくいかないということは、より悪い、具体的に言えば、原子炉の中から出てくる放射能の量が増える側に行く可能性がありますので、ともかく原子炉をしっかりと冷やしていくことが大事だと思います。

     ――発生から16日がたちました。福島第一原発が安定するまで、最低で何カ月、最大で何年で収束するとお考えでしょうか?

     残念ながら現時点で何カ月、何年と具体的に申し上げられません。できるだけ早い時期にこれを収束させたいと思っております。ただ、具体的にいつまでにと申し上げることは今の時点で難しいと思っております。ただ、全体として見ますと、いろいろな進展を見せているというふうに思っておりますので、こうした努力をともかくきちんと積み重ねていきたいと思います。

     ――清水社長の姿が対策本部に見えないという指摘があるが、清水社長は何をしているのか?

     社長につきましては、適宜、本部の中で参加を頂きまして、指示を頂いております。常時いるということではないかもしれませんが、来ております。

     □原子炉で「小さな漏洩」が起きている可能性を否定せず

     ――格納容器は地震で揺れたらすぐ排水管との蓋がぴしゃっと閉まることになっているんです。にもかかわらず、これだけ高濃度の放射性物質が出てるということは、格納容器に亀裂が入っているとしか考えられない。そこにどんどん水を入れたら、周りに高濃度の放射性物質がどんどん出ていくばかりになるわけです。抜本的なことはお考えではないのでしょうか?

     格納容器本体そのものはたいへん堅牢な構造となっています。厚さは数センチあるわけでありまして、それにたいへん大きな穴が地震であくということは考えにくいと思っています。ただ、設計温度を超えるような高温、高い圧力に繰り返しさらされているわけでありまして、格納容器の中から配管などいろいろなものが出てきているわけで、そういった貫通部であるとか、あるいは、シール部などもありますので、そういう部分で小さな漏洩が発生している可能性は否定できないと思います。
     ただ、一方、原子炉の冷却をしないと、原子炉の温度が上がっていくという状況にありますので、外に出てくる放射能の量を抑えるには原子炉をしっかり冷やすということが大事な段階にあります。従いまして、まず、原子炉に注水して原子炉を冷やしていくということが全体を良い方向に持っていくというふうに考えて注水の作業を継続している。一方、タービン建屋で見つかっている高濃度の水につきましては外に出ていくことのないように、1号機では復水器に戻すということをやっているわけです。

     ――格納容器が毀損しているわけです。たとえば、ケーブルを引き込むための貫通部のゴムは300度で溶けるんです。

     そういうことも総合的に判断したうえで、やはり原子炉を冷やすことが大事だと判断しております。

     ――「小さい漏洩がある可能性は否定できない」というのは具体的にどういう可能性があるのか教えてください。

     具体的に現場を確認しているわけではありませんけれども、原子炉の圧力容器につながる配管、また、それを取り囲む格納容器には、いろいろな部分があるわけです。たとえば、配管の中にはバルブや弁がついていたり、ポンプがついていたりするわけで、弁やポンプというのは必ず周動部(動く部分)があるわけでありまして、そうした部分は高温・高圧になった場合にある程度漏洩する可能性はあるかと思います。格納容器につきましても、配管であるとか、シール部などもあるわけでありまして、そのようなところが、温度が高くなったり圧力が上がったりしたようなときにいくらか漏洩するといった可能性は考えられると思います。

     ――それは直るんですか?

     バルブを変えるには現場にアクセスする必要がありますが、現在の放射線の環境下ではなかなか難しい作業になると思います。

     □半減期の短い核種がなぜ?

     ――タービン建屋の地下や海水に、半減期の短い放射線核種が出ているようですが、これをどう分析しますか?

     どこから来たかというのはなかなか難しいところがあるわけですが、一般論として、半減期の短いものというのはできてから時間がたってないということでありますので、核種全体をよく見て考える必要があると思いますけれども、半減期の短いものは原子炉由来だという可能性を考えながら見ていく必要があると思います。

     ――ごく最近、原子炉の中で崩壊してできた核種ということになるのでしょうか?

     あくまで相対的な関係になりますので、半減期の短いものと長いもの、いろんなものがあるわけですが、短いものは当然、早くなくなりますので、長いこと置いておきますと、そういうもののレベルは相対的に下がっていくということになります。ですから、絶対値だけで議論するのは難しいと思います。全体の核種の分布を見て、いつごろできたものかというのは推定していく、推定する上での足がかりになるものだと思います。

     ――2号機で、半減期が短いヨウ素134(半減期53分)が出ていますが、これについては?

     半減期が短いものが出ているということは、核分裂してから比較的時間が短いということが一般論として言えます。ただ、2号機のヨウ素レベル全体は一般の領域に比べますと相当に高うございますので、すべて相対的に、ヨウ素131(半減期8日)、ヨウ素134などが出てくるわけなので、これが持つ意味合いというのはどうか、というのは、検出そのもの、核種分析の難しさも含めてさらに評価していく必要があると思っています。

     □再臨界の可能性は否定

     ――専門家から「これだけの核種が出ているということは再臨界に近い状態」という指摘が出ているが、武藤さんとして、そうした可能性もあるとみているのか?

     再臨界というのは中性子を大量に放出するということでありまして、そういったようなことはありませんので、再臨界が起きているというのはまったく考えておりません。

     ――「再臨界に近い状態」についてどうかと聞いています。

     再臨界に近い状態というのは、臨界に近い、すなわち、中性子が増えてくるということであります。そういった事実はありませんし、そういった状況にあるとは思っておりません。

     □燃料棒崩落の可能性は否定せず

     ――核燃料棒の今の状態についてなんですが、「もはや原形をとどめていないのではないか」と指摘する専門家がいっぱいいます。空だきがそうとう長時間、続いています。スリーマイル(米国で1979年に事故を起こした原発)ではたった数時間の空だきであったにもかかわらず、それだけで全体が崩れて崩壊して、燃料の全体に対するその表面積が小さくなって冷却が不十分な状態になった。このような状態になっている可能性について、今、どのように評価されておられますでしょうか?

     原子炉の中の状況につきましては、我々が観測できるデータが非常に限られております。従いまして、こういった状況になっているということを明確に申し上げるのは難しい状況にありますけども、スリーマイルアイランドの事故と比べて今回の事象が一つ違いますのは、(福島第一原発の)2号機、3号機は当初(地震で緊急停止してからしばらく)、原子炉をしっかり冷却しておったわけで、事故の時間的な推移は必ずしも同じではない可能性がある。

     ――それでは、崩れていない可能性が高いとお考えですか?

     原子炉の中の状況については、得られているデータが限られていますので、推測することがたいへん難しいと思います。

     ――崩れている状態で、そこに水をかけて冷却はできるんでしょうか?

     全体として見ればやはり水の蒸発で冷却をするということでありますので、水を注入していくことが原子炉を冷やすためには有効だと思います。
     午後6時34分、記者会見が終了して武藤副社長が退席する。

     それに引き続いて、広報部長が清水社長の勤務ぶりについて補足する。

     「16日から数日間、過労のため体調を崩して、福島の事故に関する本部を一時離れましたが、今は復調しています。本部を離れている間も一貫して、本店の建物の中におりまして、情報収集に努め、指示を出しております。過労で大事をとったということです」

     ■取り消しと訂正


    放射性物質の濃度に関する発表を訂正する原子力設備管理部の巻上毅司課長(右)ら=3月27日午後8時27分、東京都千代田区内幸町の東電本店1階で
     午後8時過ぎ、記者が常駐する1階の会見室に、原子力設備管理部の巻上毅司課長らが現れる。武藤副社長の記者会見で焦点となったヨウ素134の検出について「データが疑わしい」と話し始める。白板にグラフを描いて、その理由を説明する。要するに、2号機タービン建屋地下の「たまり水」の分析結果について発表済みのデータを取り消すという。そこに午後8時34分、武藤副社長が予告なしに現れる。

     ヨウ素134の測定値の評価に誤りがあると判断しましたので、ご報告します。内容について少し詳しくご説明したいと思います。
     きょう、2号機のタービン建屋の地下のたまり水の測定結果を発表させていただいたわけですが、その中で、ヨウ素134というのが検出されたとご報告しました。2.9×10の9乗ベクレル/立方センチ(1ccあたり29億ベクレル)とご報告しましたが、この数字に誤りがありました。
     ヨウ素134など核分裂生成物の量につきましては、出ていまいりますガンマ線の強さで計測します。ガンマ線には何種類かあります。1040キロエレクトロンボルトのガンマ線をもとに先ほどの数字をご報告しました。しかし、847キロエレクトロンボルトのガンマ線が検出されていないということが分かりました。ので、再度、サンプルを再測定いたしました。再測定したところ、1040キロエレクトロンボルトのガンマ線が、ヨウ素は半減期が53分なので、どんどん減っていくはずですが、サブピークの量がさほど減衰していない。かなりの量、減衰していないと、ヨウ素134ということにならないわけですが、そうなっていない。ということがわかりました。
     ヨウ素134とヨウ素131というのは核分裂すると、ある割合で出てくるわけです。だいたい3対1と言われているわけです。(ところが発表した測定値では)ヨウ素131と比べると、ヨウ素134は二桁多いわけで、ここが元来、誤りであろうと思った一つの理由であります。ヨウ素134であると思ってご報告した数字はほかの放射性核種であったと思われます。私ども現在、1040キロエレクトロンボルトを出す核種として、コバルトがあるので、これをヨウ素134と誤って認識したために、もとに割り戻すと、大量のヨウ素が入っているように計算されるという計算になってしまうということで大変大きな数字を出してしまった。たいへんお騒がせして申し訳ありませんが、この数字には誤りがあったと思っております。

     28日午前零時9分、武藤副社長の記者会見が再開される。

     念のために同じ場所で先ほどサンプルをとりまして、再度測定しましたところ、やはり2.0×10の7乗ベクレル/立方センチ(1ccあたり2千万ベクレル)であることがわかりました。
     昨日の値は誤りで、それについては1.9×10の7乗(1ccあたり1900万ベクレル)が正しいと判断しました。
     二桁落ちましたので、通常(運転時の原子炉水との比較)からすると10万倍程度ということになります。
     セシウム134が高いレベルで、いろんな種類のガンマ線を出すわけで、その中の一つと確認しました。セシウム134のガンマ線のサブピークとなると確認しました。

     ――1、3号機の濃度は大丈夫ですか?

     数字は再度確認をしております。

     ――1、3号機で、25日に発表されたのは10の6乗の桁だったが、きょう発表されたのは10の5乗の桁に減っているが、どうしてなのか?

     過去の桁についても検証していきたい。

     ――10の6乗レベルというのはおかしいのか。前のも訂正しうるのか?

     確認してお答えしたいと思います。

     ――現時点で正しいと言えるのは2号機の再採取のものだけということになる?

     そうです。

     ――排水の方法ですが、2号機の復水器から水があふれているという話がありまして

     ――我々の出しているデータを信じろと言われても、戦時中の大本営発表と同じに聞こえる。

     我々の測定結果をしっかり信頼していただけるように

     ――それでも信じろというんですか?

     事業者としてきちんと現場を預かっていますので。

     午前零時47分、武藤副社長の記者会見が終わる。続いて原子力設備管理部の3人の課長らの会見が始まる。東京電力の3月27日はなかなか終わらない。

    原発 放射能 水道
    関連記事
    スポンサーサイト
    報道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/52-c3a0e13b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。