11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    プルトニウム、ウラン、トリチウムなど測られていない線種の呼吸被曝 

    内部被曝で一番危険なものは食品からの汚染よりも空気からの汚染、水蒸気からのトリチウムということは初めて知りました。これはショックです。

    しかも水蒸気状のものはマスクで防御出来ないのです。

    気化したプルトニウム、ウランも同様なのですが。。

    クリス・バズビー博士は言いました。呼吸器系を介するダメージ効率は、消化系被曝の被曝によるダメージ効率より高い。日本では今計らせてすらいないが、飲食物の重要な被曝経路としては、水のトリチウム(H3)、乳製品のストロンチウム90、ウラン、そして魚介類。ことに海岸線近く、また海底の泥の近くで生息するもの。

    やはり東日本エリアに住み続けることは無理なのではないか。

    その思いを深めました。

    ECRR代表クリス・バズビー博士 記者会見 
    2011年7月20日 自由報道協会


    20年間の研究の結果いえることは
    今回の線量による内部被曝は安全などではないということ。

    吸収線量と内部被曝は違う。
    (この辺聞き逃した)

    ECRRのリスクモデルは2003年に内部被曝者の
    疫学的調査に基づいて作られた。
    原発の近隣地域に住む住民また60年代の
    核実験の死の灰にさらされた人々の研究に基づいている。

    その後の世界における癌の蔓延は、
    これら放射性物質によるものだと考えられる。

    このモデルは、チェルノブイリの研究によって実証された。
    ことに2004年のスウェーデン北部における研究でさらに確認された。

    我々が扱ってきたケースと現在の福島のケースは全く同じだ。
    だから私は福島近隣に住む人々にとって
    現在の線量は内部被曝的観点から見て脅威であり、
    これらの核種からは高い人数の癌等が予想されるため
    対策について助言するためにきた。


    というのも現在の日本政府はICRPのリスクモデルを採用している。
    これによると、毎時1マイクロというような低線量地域では安全だとしている。
    しかし、被曝量が自然放射線量より高い場合、
    それは周囲が放射性核種によって汚染されていることを意味する。


    これに関して重要なニュースがある。
    私は東京と福島の100キロ圏から送られた車のエアフィルターを研究している。
    車も人間と同様に空気を吸うため、研究するには好材料だ。
    車のフィルターにひっかかるものを分析した結果、
    高い濃度のセシウム134、137その他を
    福島、東京双方のエアフィルターから検出した。

    そして特別なプラスチックのフィルムを使った結果、
    エアフィルターの中に、α核種のホットパーティクルも発見された。
    つまりプルトやウランだ。

    しかし、このフィルターは、ガイガーカウンターを持って線量をはかっても
    線量は低い。

    というわけで私は毎時1マイクロ以上の汚染地域からは避難するよう提案する。
    100キロ以上のエリアにおいても、空気中の汚染度は、
    世界核実験のピーク時に(63年ごろに)汚染に比較して1000倍にもあたる。

    我々は、もし現在の人口がそのままこれらの地域に留まった場合、
    100キロ圏内で癌の発生率が今後十年間で33%ほど上昇し、
    10万人単位のがん患者が出ると思われる。


    これらの情報はだいぶ前から存在していたのに、
    政府がそれを無視して「安全だ」という無責任さは犯罪的である。

    この他にも提案がある。
    そのひとつは、健康被害調査を行う独立機関を設置し、
    癌の発生率に結びつくデータを集め、証拠を残すことだ。


    しかし時間がないので、このぐらいにして皆さんからの質問をお受けしたい。


    Q1:
    エアーフィルターからプルトとウランが検出したそうだがどこを走っていたのか?
    (注・α核種というだけでプルトやウランという核種まではわかっていません)

    A:
    ひとつは千葉市と東京を100日間往復し続けた車。
    セシウムと134と137が核実験ピーク時の300倍。
    (空気中汚染は730ミリBq/m3、核実験ピーク時が2.4ミリBq/m3)
    もうひとつは福島から100キロ圏外で100キロ
    走った結果(四台分)ということしか知らない。
    それを郵送してくれた人物がここにいないので詳しいことはわからない。

    Q2:
    プルトニウムは福島の一台から検出されたのか?

    A:
    α核種を検出したというだけ。これはほぼウランかプルト。
    γ線の分析から見ると一定量のウランが見られる。
    現在詳細分析をしており、ウランとプルトの組成分析をしている。

    我々は昨日会津若松で、携帯用のγスペクトロメーターを使って
    土壌を検査した。結果濃縮ウラン、ウラン235のピークも二箇所で
    見られている。

    Q3:
    今回福島にきた理由の一人に子供の集団疎開の原告のためがあると聞いた。
    日本では年20mSvは安全だとして子供を外で運動させたりなんだりしているが
    日本政府の行動をどう思う。

    A:
    政府ぱ犯罪的レベルの無責任さだ。
    突然法律を瞬間的な判断によって変更することなどできるわけがない。
    ヨーロッパではこんなことは許されない。
    今後、子供の死者が多く出ることが予測される。


    さらに言うならば、被曝量の基準は内部被曝を一切含んでいない。
    もし内部被曝をきちんと考慮するのならば、
    会津若松の人々も既に20ミリシーベルト以上被曝していると考えられる。

    Q4:
    チェルノブイリの疫学調査の結果、イングランド、ギリシャ、ドイツ、ベラルーシにおいて
    妊婦の被曝量が増えた。
    これらの論文を三回読んだがどうしても

    ・UKとドイツの場合1万人に補正した場合、白血病が1%しか増えていない。
    ギリシャにおいては三倍という数字が出ているというが、
    なぜなのかと考えている。

    A:
    あなたがそう思われるのは、恐らく線量を倍にすれば正比例して
    被害も倍だと考えているからだろう。

    しかし疫学からの証明を見れば、被曝量と被害の関係は
    直線的正比例ではない。
    線量が上がるとともに、線は上がり、一度下がり、再び上がる。
    この理由は現在においてはかなりよく理解されている。
    主な理由は、場所によって細胞の種類・密度が違うからだ。
    線量が上がるとまずは敏感な細胞群が死滅する。

    胎児の被曝量を上げて行くと、白血病の発生量があがる。
    しかし、一定以上に被曝量が上がると胎児が死亡して流産となる。
    白血病は減少したことになる。

    チェルノブイリ後、ベラルーシではファンタスティックな出産率の激減があった。
    現在においても、ベラルーシで生まれる4/5人の子供は病気だ。
    これは福島の状況においても重要な要素だろう。



    Q:ドイツTV
    吸引による内部被曝ではなく、食品による内部被曝のリスクはどうか

    A:
    食品における重要な内部被曝は乳製品によるもの。
    進化の過程によって消化系は腸内の無用物を排出する機能が高い。
    しかし呼吸器系には一度吸引したものを排出するする機能が低く、
    そのため、呼吸器系を介するダメージ効率は、
    消化系被曝の被曝によるダメージ効率より高い。


    これは今計らせてすらいないが、飲食物の重要な被曝経路としては、
    水のトリチウム(H3)、乳製品のストロンチウム90、ウラン、
    そして魚介類。ことに海岸線近く、また海底の泥の近くで生息するもの。


    Q:ナナオさん
    ふくいちから今も毎時10億ベクレル放出されているとされているが、
    この現状が健康に与える影響に関する見解を聞きたい。

    A:
    今あなたたちが目前にしてるのは、
    想像を超えた大災害だ。
    どうすればいいのか、誰もわからない。
    簡単な答えなどない。

    私は、これが世界史上最悪の災害になると思っている。
    最初の瞬間から、私はそういうことを言ってきた。
    なぜ笑っているのか自分でもよくわからない。
    とにかく、早急に対策がとられねばならない。

    これは日本だけの問題ではない。世界全体の問題だ。
    そして高いレベルで、国連などで大きな権力と資金を使って
    早急に大きな対策をとらねばならない。
    IAEAのような機関が劇的な対策を採る必要があり、
    またそれは早急に行われる必要があると考えている。
    わたしはいくつか

    核分裂が続行し、汚染が広がる。
    そうして人々の死亡率が上がる。

    現在、我々には何があるか見ることができない。
    昨日会津若松に行ったが、全てはふつうだった。
    木々は木々であり、犬が歩いていた。
    だが、機器を持って行くと辺り中が放射性物質できらめき、
    人々が目に見えない蛇に噛まれ続けていることがわかる。


    Q:ライブドア
    食べ物について。食物安全基準、ヨウ素131で2000Bq/Kg.
    これらの基準についてどう思う。

    A:
    ヨウ素131は半減期が短いので、
    食物はヨウ素が分裂しきるまで待てばよろしい。

    しかしそれ以外の汚染に関しては、
    ことに福島200キロ圏内には外からきれいな食物を輸入すること。

    2,000Bq/Kgは高すぎる。本来ならば10、いや0Bq/Kgにすべき。
    これならば確実に安全を保障できる。

    Q:(bloomberg)
    どれぐらいの子供や人々が避難すべきだと考えているのか。

    A:
    これはプラグマティックな、どうすべきかという質問だ。
    まず、強制退避区域を決める。
    それにはヘリとγカメラを使って濃度を検査した結果に
    基づいて決めるべき。同心円ではなく。
    ここは立ち入り禁止にし、警察が立ち入りを管理する。
    避難しないで住むほどのところにおいては、
    外からきれいな食物を与える必要があり、
    また健康被害に関しても補償されるべきと考える。
    彼らは暴力を受けているのと同じことだからだ。


    Q:木野さん
    ICRPの基準ではシーベルトを使っているが、
    チェルノではBq/m2で避難基準を使っていた。
    空間線量で基準を使うと不安定になる気がするが、
    これらの違いはどういう意味か

    A:
    このシーベルトという被曝量が初めて使われたころ、
    ベクレルと並列されて出されていた。
    両者の間では容易に換算が可能。
    1microSv/h = 300kBq/m2 (セシウム換算)
    1.5microSv/h = 500kBq/m2というのが
    国連の「放射能汚染区域」の定義。


    マイクロシーベルトで測れば、
    自然放射線と同様の扱いになる。
    そこら中が汚染物質で満ちているというイメージにはならない。
    おそらく単位を使ったのはそのため。

    追加すると、スウェーデンのトンデル氏は
    100kBq/m2ごとに癌の発生率が11%上がると言っている。


    Q:おしどりさん
    事故後北西に流れたプルームはほとんどI-131だったと言われているが
    事故後光線量被曝した作業員はWBCの検査をした結果、ほとんど、
    95%以上ヨウ素の被曝だったと言われている。
    内部被曝を住民がマスクもせず50マイクロという線量下で露地野菜を食べ、
    かなり被曝したと思われる。
    もうヨウ素は半減期で消えてしまって過去の被曝量を調べられない。
    過去の被曝量を推定する方法はあるのか。

    A:
    WBCは使えない。γ核種しか見ない。γ核種はあまり問題じゃない。
    γ、β、α核種は一緒には移動しない。
    だが場所によって核種のスペクトルは確認できるためある程度の推測はできる。
    とはいえ核種のスペクトルをどの程度記録しているのかは知らない。
    (木村さんがやってるようなヤツで、後にセシウムの被曝量と
    空気中・土壌の汚染のスペクトルがあればある程度計算できるということ?)

    さらに、WBCの利用は隠蔽の一端に利用されており、
    科学のためではなく安心させるために使われているというのが
    私の考えだ。
    被曝量が小さかったから健康被害とは関係ない、と
    後に言うための方策ではないか。

    Q:かみでさん
    今東京にいる少なくない人たちが政府は本当のことなど言ってない。
    関東地方の食べ物は危険だ。2年3年とたっていったら東京で安全な食べ物など
    本当はなくなるような状況なのに政府が隠していると思っている人が多い。
    本当のところこれから日本はどうなっていくのか、博士の見解と助言を聞きたい。

    A:
    福島の放射能が東京にきていることは
    自分ではかって確認したから間違いない。
    東京の人口は多いので、健康被害は多くの人に出る。
    今後10年であなたがたはそれを見ることになる。
    人々は政府に対してすべての食物および環境における放射能のモニターをし、
    ネット等でいつでも全ての人々に公開されるよう
    圧力をかける必要があるだろう。
    その情報に基づいてどう行動を取るかは個人の選択だ。

    たとえば英国では、ほぼ全ての食物、環境媒体などの放射能は
    毎年検査され、公開されている。1962年以来。

    Q:
    水のトリチウム(水素同位体)の検査をしていないという話。
    どれぐらいの数値だとどういう被害が予想されるのか。

    A:
    ECRRはICRPから危険性を無視された重要な要素と考えている。
    動物の発育障害を促すことを知られている。特に胎児。
    DNAへのダメージ効率が高い。
    だがβ線が低いため、被曝量ベースの計算をした場合
    そのリスクは相当の過小評価につながる。
    だが水を大量に使用している福島からは
    大量のトリチウム発生が予測される。

    また、トリチウムは集合する性質で知られている。
    そうしてトリチウムの霧を発生させたりする。
    それを吸引する恐れがある。水蒸気と同じなので体に吸収される。


    以上。

    earthquake and stuff umi238さん、書き起こし本当にありがとうございました。

    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    クリス・バズビーさん、検査やサプリの販売を行おうとしていたようですが
    相当に高額だったようですね。
    しかも彼が発表に引用していたものは元の文献から削除して使っていた部分もあるようで。
    彼はいまどこに?

    URL | もここ #qtfrTjrw

    2012/06/28 01:46 * 編集 *

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/630-87b706c2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。