11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    福島で大量のネプツニウム239が見つかっていた そしてそれは公表されていない ネプツニウム239はプルトニウム239になる 2.4日で 

    この名前を明かせない東大の先生とは児玉龍彦先生でしょうか。。

    実は福島第一原発の爆発で大量のウランが大気中に放出され、それがネプツニウム239に変わり、そfれがプルトニウム239に変わって大地に、水に、植物に、動物に、人間に。 蓄積されている。

    それは福島に限らず、宮城、栃木、茨城、山形、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、静岡、山梨、新潟、いいえ青森も秋田も北海道も中部、関西にも拡散済みなんです。

    調べれば出るはずです。

    東電は、政府は、隠さず全ての核種の線量と土壌の汚染、空間の汚染について全日本を調べて公表しなければなりません。


    The News
    <おしどりマコ> 2011-08-10
    ~プルトニウム、『メディアと市民』~

    では、前回の続き。先生の研究室に伺ってお聞きした話です。なぜ、その先生のお名前を明かさないか、は後述いたします。

    先生がおっしゃるには、事故直後の核種の解析の第一報はとても杜撰なものだったそう。3月16日に公表された日本分析センターの敷地内の土壌の核種を解析したデータは間違いが数箇所あったのですって。特に問題なのは、Cl38が出ていた、というもの。このデータを見た瞬間、先生は荷物をまとめて逃げようか、と思ったのですって。Cl38は世の中に絶対無いもので、核臨界、核爆発が起こらないと出てこない物質だからです。けどその同じデータにはNa24が全く無かった。これはおかしなことで、Cl38とNa24は必ず一緒に出るのです。

    変だな、と思っているうちに、Cl38が検出されたというのはエラーでした、と訂正が入りました。でも、その訂正が入る前に、第一報はご丁寧に英訳まで付けて世界中を駆け巡ったそうです。そして、このような間違いはとてもレベルが低いとおっしゃってました。「学生が始めて解析して間違えちゃった、というのならなんとか許されるけど…」。えぇ!? そんなレベルの間違いなの? その他も、分析上のミスがあっちこっちあって、「これが日本の分析レベルか、科学レベルかと思うと恥ずかしい」。それが英訳付きで世界を駆け巡ったのか…。

    そして、先生は独自で福島県内、原発の敷地前まで行き、土壌、稲藁、水の解析を始められたのです。その論文を見せて頂きました。

    この論文は、今、海外の学会で審査にかけられてて、査読中なのです。ですから、詳しいデータや先生のお名前を明かすことができないのです。その論文が学会にアクセプトされるまで(学会誌に掲載のため採用されるまで)二重論文にならないよう、詳しいことは公表できないのです。

    その論文の解析結果は恐ろしいものでした。
    要点だけ書きます。

    ネプツニウム239という物質が飯舘村で福島原発の正門と同程度検出された、というもの。ネプツニウム239、あまり聞いたことないでしょう? これはプルトニウム239の親核種となるのだそうです。
    ウラン239→ネプツニウム239→プルトニウム239
    とβ崩壊していくのです。

    そして、ネプツニウム239の半減期は約2.4日。つまり、ネプツニウム239は2~3日で半分がプルト君になるのです!

    そしてその量の具体的な数字は出せませんが何千Bqという大変な量が検出されているのです。それがいずれ必ず、全てプルトニウムになるのです。

    しかし、ネプツニウム239の段階で解析にかけられたのは幸運だった、と先生はおっしゃっておられました。
    ネプツニウム239はγ線核種なのだけど、プルトニウム239はα線核種。α線核種は出している放射線がとても短く、見つけにくい、検出しにくいのです。

    あら? ということは、ひょっとしたらその、先生が解析にかけられる以前の土壌には、もっとネプツニウム239があったかもしれない?

    「その可能性は非常に高いと思います」

    半減期が2~3日だものね、ほとんどプルト君になっちゃってるのかもしれない。

    「これからは核種のベクレル数が問題になってくると思います。空間線量はめやすでしかないんです」

    そうね、私もそう思ってた! だって、例えば放射能汚染された食品の暫定基準値。飲料水のヨウ素の指標は300Bq/kg(まぁこれも問題あるけどさ)。けどプルトニウムは、超ウラン元素のα核種(プルトやアメリシウムやキュリウム)を全て合計しての指標が1Bq/kgなのです。

    「プルトニウムなどのα核種が検出された場合、全てごちゃまぜの空間線量はめやすでしかなく、核種の組成、ベクレル数が問題なのです」

    ――では、α核種がないかしっかり検査しないとダメなんですね?

    「α核種は核燃料管理区域でないと扱えません。そして核燃料を扱える場所は非常に限られているんです」

    ――原子炉を持ってる大学とか?

    「原子炉を持つ大学でも1つか2つです。私もα核種を解析するときは、その手続きだけで泣きたくなるような手間がかかります。」

    …気軽に測定できないのね…
    この論文は日本の学会誌に出すといろいろ問題がある、ということで、全く関係無い海外の国際誌に出しておられるそうです。それもなんだかね。
    査読が終わって審査に通りしだい、公表できるとのこと。
    淡々と正確なデータを出し続けたい、とおっしゃるこの先生をなんとかお守りしたいです。これからも、どうか住民の方々のために、研究をお続けください、これからもよろしくお願いいたします、とお話しして帰りました。
    余談だけど、途中で先生が、「ちょっとサンプルをお見せしましょうか?」と、いくつかの稲藁のサンプルと検出器を持ってきてくださいました。
    ピッピッという音が放射線を関知している音なのだそう。飯舘や福島原発から1.4キロのサンプルはピーーーと鳴りっぱなし。そして、凄まじい値。
    先生いわく「あ、少し被曝しちゃいますよ」。
    わーー、先生、冷静におっしゃるけど、ドキドキするわよ!
    ***
     この情報を踏まえて、統合本部の共同会見で質問をしています。

    しかし、文科省も東京電力も、先生が土壌をサンプリングしてネプツニウムを検出した場所では、検査をしていないの。文科省にぶら下がりでもお聞きしたけど、プルトニウムなんかあるわけない、という見解。ネプツニウムも無かった、とのこと。

    東京電力のほうでは、福島原発の敷地内ではプルトニウムは見つかっているのね。 文科省のα線の解析は、実は初期にやっただけ。3月23日にサンプリングして4月1日に公表したときと、3月21、22日にサンプリングして4月26日に公表したときのデータしかありません。そして、そこには飯舘村は含まれていないのです。
    8月3日に先生の研究室にお邪魔して、4日の会見のときに避難区域解除の考え方が発表されました。
    そこで引っかかったのは「年20mSV以下、そしてゆくゆく年1mSV以下を目指すこと」というもの。
    空間線量はめやすでしかない、と先生は昨日おっしゃってたけどな? それぞれの核種によって挙動も除染方法も違うし。

    例えば、ヨウ素なら水に比較的溶けやすいから水をかければ流れていっちゃうの。土に染み込んだり(それも問題だけど)。セシウムは溶けにくいから土の表面上に残りやすいの。だから表土を削ったりしての除染。

    このことを安全委員会にお聞きしました。

    ――空間線量だけで大丈夫? 核種のベクレル数が問題ではないの?

    安全委員会・加藤さん「空間線量で充分だと考えています」

    ――核種によって除染方法が違うし、α核種があったら線量よりベクレル数が問題だと思うんですけど?

    加藤さん「現在、ほぼセシウムしか無いと考えられておりますので、セシウムのことだけ考えればよいかと思います」

    ――ネプツ239が存在する、という情報があるのですが?

    加藤さん「そのようなお話は聞いたことがありません。」

    ああ! 早くその先生の論文が公表することができるようになりますように!
    先生の研究室に一緒に行った飯舘の仲良しが「あー俺、肺がんで死ぬのやだよー、苦しいのやだよー」と何回も言っていたことが忘れられません。

    http://the-news.jp/archives/6356

    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/750-b607061e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。