11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

    原発問題 -The Truth is Out There-

      : 

    東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

    チェルノブイ リ事故によってこれまでにベラルーシ全体で約2万5000件のガンが過剰に認められた 

    “Assessment of Chernobyl Cancers in Belarus”
    ベラルーシ科学アカデミー・原子力合同研究所 Malko氏
    熊取(2003年2月25日)東京(2003年2月27日)

    ベラルーシの公的なガン統計データを解析してみたところ、チェルノブイ リ事故によってこれまでにベラルーシ全体で約2万5000件のガンが過剰に認められた。

    結論
    • チェルノブイリ事故後、ベラルーシにおいてさまざまなガン(甲状腺、胃、肺、女性乳腺など)および白血病の増加したことが明らかとなった.
    • ガンの増加は、チェルノブイリ事故によって他の州より大きな汚染をうけたゴメリ州とモギリョ フ州でより顕著であった.
    • 甲状腺ガン、胃ガン、肺ガン、乳ガン、非メラノーマ皮膚ガンについては被曝量と相対リスクの 間に実質的な直線関係が確認された。このことは、ベラルーシでのガンの増加は放射線被曝に起 因することを示している.
    • チェルノブイリ事故によりこれまでにベラルーシおいて約2万5000件の過剰なガン発生が認め られた。そのうち、甲状腺ガン5100件、腎臓ガン3000件、胃ガン2800件、女性乳ガン3000 件肺ガン1800件、白血病1800件、皮膚ガン2300件であった。
    • チェルノブイリに起因するガンの特徴は、潜伏期が認められないことと、非常に大きな被曝リス ク係数である.(今中注:たとえば、図11の解析結果に基づくと、fiiting直線の傾きは1mSv当 り0.014、つまり1Sv当り14の相対リスク過剰となる。広島・長崎データの場合の肺ガン死相対 リスク過剰は1Sv当り0.5程度なので、Malkoの値は約30倍大きい。)

    Malko_comments.jpg
    全文

    原発 放射能 水道 食品汚染
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ: 許されない出来事

    ジャンル: ニュース

    真実の追求  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

    コメントの投稿

    Secret

    △top

    この記事に対するコメント

    △top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://george743.blog39.fc2.com/tb.php/755-fa09a40b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    △top

    原発 放射能 食品汚染 by freeseo1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。